大阪バイオメディカル専門学校が「こども夢・創造プロジェクト」に参画し、細胞工学実験を開催!

プロジェクト参画は9年目、小・中学生向けプログラムで理系分野の人材育成に貢献

大阪バイオメディカル専門学校(学校法人佐藤学園、以下「obm」)は、大阪市と民間企業・団体が開催する「こども夢・創造プロジェクト」の一環として、理科実験が体験できる小・中学生対象プログラム「細胞のふしぎ~細胞の染色標本を作り、観察しよう~」を開催します。obmは理系分野の人材育成への貢献を目的に毎年プロジェクトに参画しており、今年で9年目となります。
【本件のポイント】
  • 大阪バイオメディカル専門学校がこども夢・創造プロジェクトに参画
  • プログラムを通じ、将来、理系分野を目指す人材の育成に貢献
  • 参加する小・中学生は、高度な細胞工学の実験を体験できる

高度な細胞工学の実習も高度な細胞工学の実習も

参加する子どもたちは、細胞の成り立ちや特徴を学んでから、マイクロピペットを使って組織細胞の標本作製にチャレンジします。同時にミニ顕微鏡作りも行いますので、作った標本を持ち帰り、自宅でも観察することができます。

昨年度の細胞の標本作製実習風景昨年度の細胞の標本作製実習風景

【日程】2019年8月20日(火)13:00~16:00
    2019年8月21日(水)13:00~16:30
【対象】大阪市内在住の小学5年生から中学3年生 約10名
    ※参加申し込みは終了しています
【会場】大阪バイオメディカル専門学校
【内容】「細胞のふしぎ~細胞の染色標本を作り、観察しよう~」
 ①細胞分野:細胞工学の最前線で活躍する「レーザー顕微鏡」などの実験機器に触れ、細胞のふしぎを体感!
 ②病理分野:バイオ業界「匠の世界」、病理標本を作製し、顕微鏡で観察!
<参考>2018年度「細胞のふしぎ」プログラムレポート
https://www.kodomo-yumepro.org/2018/report/pro09.html

こども夢・創造プロジェクトこども夢・創造プロジェクト

■こども夢・創造プロジェクト
大阪市と民間企業・団体の協働プロジェクト。文化・スポーツ・科学と自然・ものづくりの各分野で大阪の誇る文化や産業の担い手、こども達のあこがれの人物から、自分の興味、関心のある分野について直接学び、個性や創造性、将来の夢や希望を育むことにより、次代の担い手となる青少年の健全育成をめざすことを趣旨としたプログラムで、今年開催13年目。

【こども夢・創造プロジェクト実行委員会】
大阪市、株式会社スペルバウンド、読売新聞大阪本社
【公式サイト】 https://www.kodomo-yumepro.org/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 佐藤学園 >
  3. 大阪バイオメディカル専門学校が「こども夢・創造プロジェクト」に参画し、細胞工学実験を開催!