新型スマートロック「RemoteLOCK 8j」の発売開始

〜シリンダー交換で設置可能、「RemoteLOCK」のクラウド管理がより身近に~

構造計画研究所は、国内鍵・錠前メーカーである株式会社ウエストと共同開発した新型スマートロック「RemoteLOCK 8j」(以下「8j」: 旧名称 「E06」 )を5月21日より新発売します。
「8j」は構造計画研究所の提供するアクセス管理ソリューション「RemoteLOCK」のクラウド管理機能を備えたスマートロックです。本製品は「RemoteLOCK」シリーズ製品の中で初めての日本国内生産のスマートロックであり、名称に「j」を付記し、「8j」と命名しました。本製品の「国内主要メーカーのシリンダー錠との交換取付に対応」「原状復帰が容易」という特徴により、施工主様には、工事の期間・費用を削減して手軽で安全に設置いただけます。また、「ICカードによる開錠・施錠が可能」「オートロック対応」という機能により、施設利用者における利便性向上を実現しました。
構造計画研究所はこれからも安全かつ円滑なセキュリティ管理を目指し、あらゆる場所や空間へのアクセスを容易にし、建物・空間の利便性・快適性・効率性の向上を実現できるよう取り組みを継続してまいります。

RemoteLOCK 8jRemoteLOCK 8j

クラウドで遠隔管理クラウドで遠隔管理


■  「8j」の新たな特徴
 〇優れたデザイン性
   ・フラットなデザインのタッチパネルを採用
 〇原状復帰が容易
  ・ 既存のシリンダーの穴を利用するので、原状復帰が容易
  〇物理キー不要
   ・非常用電池を利用することにより一時解錠が可能になり、物理キーが不要
  〇物理キーを残す施工も可能
   ・物理キーのシリンダーを残したまま施工することも可能
  〇ICカード(Felica)による開錠・施錠が可能
   ・ICカードは10枚まで登録可能
  〇オートロック対応
   ・ドアセンサーにより、ドアを閉じた際のオートロックが可能

■  製品概要
「8j」はシリンダー交換で設置が可能なスマートロックで、「RemoteLOCK」のクラウド管理機能を搭載しています。暗証番号はWi-Fi通信によりクラウド上で設定でき、ユーザーは発行された暗証番号を入力することで解錠/施錠が可能です。
管理者は「RemoteLOCK」のクラウド管理機能により施設を管理できます。例えば、いつ・どこからでもユーザーにアクセス権の追加や取り消しを行ったり、入室履歴を確認することが可能です。IoT技術により遠隔管理ができることで、非対面での受付業務やソーシャルディスタンスを保った応対など様々な社会的ニーズに応えます。

■  製品詳細
製品名:                 RemoteLOCK 8j
カラー:                 オレンジ、ブラック
サイズ:      室外ユニット- 86×110×30 mm (WHD)
          室内ユニット- 51×176×51 mm (WHD)
バッテリー:          単3アルカリまたはリチウム電池4本  (外部給電は9V角型アルカリ電池)
通信方式:     Wi-Fi (2.4GHz)
設置方式:     既存のシリンダー錠(対応錠前)を取り外して交換取付。
               (両面テープではなく金具による固定でドアは無加工です。
                              対応錠前と設置条件は製品ウェブサイトをご確認ください。
                              なお、引き戸は条件・別途部品により設置可能です。)
オートロック:       センサ式
想定利用シーン:   オフィス、ホテル、民泊、レンタルスペース、
                            会議室、マンション共用部、賃貸物件、公共施設(公民館、体育施設など)
販売開始時期:   2020年5月21日発売開始  (ご注文順に5月より順次出荷)
本体価格:     79,000円(税別)


■  ハードウェアオプション
「8j」は下記の通りハードウェアの拡張が可能です。
・電源接続による電気錠化(電源に接続してのご利用はご相談ください。)
・外部入力:  施解錠接点入力(無電圧a接点)
・ダブルロック(1ドア2ロック)の対応:今後対応のオプション製品を提供
・物理キー併用と物理マスターキーの提供:
    「8j」は通常、物理キーがなくテンキー・カードで解錠しますが、物理キーを併用した設置も可能です。
      物理キー併用時は、設置時にドア加工が必要となり、物理キーのマスターキーをオプションで作成可能です。

■  会社情報
【株式会社構造計画研究所】(本社:東京都中野区、代表執行役社長:服部 正太)
構造計画研究所は、社会と共に創りあげていきたい未来像(Thought)として、「Innovating for a Wise Future」を掲げています。「大学、研究機関と実業界をブリッジする Professional Design & Engineering Firm」を標榜する当社は、今後も工学知をベースにした有用な技術を活用し、社会の諸問題の解決に挑むことで、より賢慮に満ちた未来社会を創造します。
会社ウェブサイト:https://www.kke.co.jp
製品ウェブサイト:https://remotelock.kke.co.jp/products/remotelock-8j/

 【株式会社ウエスト】(本社:大阪府寝屋川市、代表取締役社長:西 康雄 氏)
ウエストは1933年に西製作所として創業以来、斬新で発想豊かなシリンダーやレバーハンドルを開発し、社会に提供してきました。フラッグシップブランドである「Agaho」シリーズはウエストの中心的存在となり、IFデザインアワードのゴールド賞受賞をきっかけに、ヨーロッパをはじめ世界各国へそのデザインを提供しています。
会社ウェブサイト:https://west-lock.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社構造計画研究所 >
  3. 新型スマートロック「RemoteLOCK 8j」の発売開始