インバウンド回復は「2月」予想最多、もっとも誘致したいのは「台湾」:19日"観光解禁"うけ「新型コロナと緊急事態宣言解除」意識調査を実施

本日6月19日の全国移動解禁(観光解禁)をうけ、インバウンド客足の回復予想が前回調査よりポジティブに。訪日ラボがインバウンド事業者を対象に新型コロナや緊急事態宣言に関するアンケート調査を実施しました。

日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」およびインバウンド対策サービス比較サイト「訪日コム」を運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区)は、本日6月19日の全国移動解禁(観光解禁)をうけ、「訪日ラボ」読者および「訪日コム」登録ユーザーを対象に「新型コロナと緊急事態宣言解除に関する意識調査」を実施しましたので、その結果をお知らせいたします。
調査結果ダイジェスト:
  • 客足の回復時期予想は、日本人観光客「10月ごろ」インバウンド「2月ごろ」が最も多い
  • もっとも戻ってきてほしい国籍・地域は「台湾」、79.3%が選択
  • 業界全体的にインバウンド推進ムードが回復傾向、7割以上が「インバウンド積極的」と回答
詳細:
https://honichi.com/news/2020/06/19/surveycorona/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=covid19survey3

質問項目概要:
Q1. 19日に全国的な移動と観光の解禁となった場合、「日本人観光客」の客足の回復はいつごろになると思いますか?
Q2. 19日に全国的な移動と観光の解禁となった場合、「外国人観光客(インバウンド)」の客足の回復はいつごろになると思いますか?
参考:「日本人観光客」と「外国人観光客(インバウンド)」の客足の回復時期についての比較
参考:「外国人観光客(インバウンド)」の客足の回復時期をエリア別で集計
参考:「外国人観光客(インバウンド)」の客足の回復時期を時期別で集計
Q3. あなたのビジネスや地域の状況を考慮した場合、 外国人観光客(インバウンド)の客足は戻ってきてほしいですか?
Q4. 優先的に戻ってきてほしい国籍・地域はどこですか?
Q5. 前の設問で、その国籍・地域を選んだ理由はなんですか?
Q6. 社内全体的に、インバウンド推進ムードですか?それとも消極的なムードですか?
参考:社内全体のインバウンド推進ムードを時期別で集計

質問抜粋:
Q1. 19日に全国的な移動と観光の解禁となった場合、「日本人観光客」の客足の回復はいつごろになると思いますか?

  • すぐ:6.5%
  • 7月中には:22.8%
  • 10月(秋の行楽シーズン)ごろには:51.1%
  • 12月(年末年始シーズン)ごろには:4.3%
  • 来年2月(春の行楽シーズン)ごろには:7.6%
  • 来年7月オリンピックごろには:6.5%
  • それ以上後:0.0%
  • その他:1.1%
Q2. 19日に全国的な移動と観光の解禁となった場合、「外国人観光客(インバウンド)」の客足の回復はいつごろになると思いますか?

 

回答
  • すぐにでも:0.0%
  • 7月中には:1.1%
  • 10月(国慶節需要)ごろには:15.4%
  • 12月(年末年始需要)ごろには:9.9%
  • 来年2月(春節需要)ごろには:35.2%
  • 来年7月オリンピックごろには:19.8%
  • それ以上後:17.6%
  • その他:1.1%

参考:「日本人観光客」と「外国人観光客(インバウンド)」の客足の回復時期についての比較

 


参考:「外国人観光客(インバウンド)」の客足の回復時期をエリア別で集計


参考:「外国人観光客(インバウンド)」の客足の回復時期を時期別で集計


Q3. あなたのビジネスや地域の状況を考慮した場合、 外国人観光客(インバウンド)の客足は戻ってきてほしいですか?

 

回答
  • 戻ってきてほしい:都市部72.7%、地方63.4%
  • どちらかといえば戻ってきてほしい:都市部20.5%、地方24.4%
  • どちらかといえば戻らないでほしい:都市部2.1%、地方12.2%

Q4. 優先的に戻ってきてほしい国籍・地域はどこですか?

回答(上位3項目を抜粋)
  • 台湾:79.3%
  • 香港:58.7%
  • タイ:50.0%

Q5. 前の設問で、その国籍・地域を選んだ理由はなんですか?

回答
  • その国籍・地域の観光客の客足が多かったから:60.9%
  • その国籍・地域の観光客の消費額(客単価)が高かったから:32.6%
  • その国籍・地域の観光客のマナーが良かったから:25.0%

Q6. 社内全体的に、インバウンド推進ムードですか?それとも消極的なムードですか?

 

回答
  • 非常に積極的:32.6%
  • まあまあ積極的:39.1%
  • 消極的:28.3%

参考:社内全体のインバウンド推進ムードを時期別で集計


※より詳細な調査結果および分析を「訪日ラボ」記事にて公開しております。
https://honichi.com/news/2020/06/19/surveycorona/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=covid19survey3

※5/11公開の第一回新型コロナ意識調査は「訪日ラボ」記事にて公開しております。
→ https://honichi.com/news/2020/05/11/surveycorona/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=covid19survey3

※5/21公開の第二回新型コロナ意識調査は「訪日ラボ」記事にて公開しております。
→ https://honichi.com/news/2020/05/21/surveycorona/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=covid19survey3

調査概要:
調査対象:訪日ラボWebサイト読者・訪日ラボメールマガジンユーザー
調査方法:インターネット調査
調査時期:2020年6月4日〜2020年6月10日
回答者数:92名
設問数:12問(回答内容によって異なります)

訪日ラボについて:
インバウンド業界専門のニュースサイトとしては国内最大級のインバウンド総合ニュースサイトとして2015年のサービス開始より多くのインバウンド時事ニュースやインバウンド事例、インバウンドデータ分析、インバウンドソリューションの紹介をしております。
→ https://honichi.com/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=covid19survey3

訪日コムについて:
訪日コムは1400サービス以上のインバウンド対策サービスを掲載する、インバウンドに特化したサービス比較・資料請求サイトです。独自の比較項目によって、同じカテゴリーのインバウンド対策サービスを横断的に比較でき、各社の特徴をわかりやすく理解できます。
訪日コムに掲載されているサービス資料は、その場で無料ダウンロードできます。ダウンロードすることで、インバウンド対策の実施に向け、インバウンドのプロフェッショナルであるサービス提供企業の担当者に、より具体的な相談ができます。
→ https://service.honichi.com/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=covid19survey3

インバウンド業界データレポートについて:
「インバウンド調査報告書2020[2019年上期のデータから2020年上期を展望する]」は「訪日ラボ」が、2018年上期から2019年上期にかけてのインバウンド市場を徹底的に分析することで、2020年上期のインバウンド市場を展望する内容となっております。
本報告書の制作にあたり、観光庁やJNTOなどが提供する公的なデータ、株式会社ナビタイムジャパンからのデータ協力、そして自社メディアにて集積した膨大なデータを基に分析しており、変化の激しいインバウンド業界の方にとって価値のある情報を提供することを目的としています。
→ https://service.honichi.com/reports/inboundreport2020/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=covid19survey3

会社紹介:
会社名 :株式会社mov
所在地 :東京都渋谷区代官山9-10
代表取締役 :渡邊 誠
WEBサイト :https://mov.am/
業務内容 :インバウンドニューサイト「訪日ラボ」の運営
:インバウドコンサルティング
:WEB・アプリマーケティングコンサルティング
:WEB・アプリ設計/開発
:広告運用

当リリースに関するお問い合わせ先:
i@mov.am
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社mov >
  3. インバウンド回復は「2月」予想最多、もっとも誘致したいのは「台湾」:19日"観光解禁"うけ「新型コロナと緊急事態宣言解除」意識調査を実施