男子4×100mリレー日本代表チーム、東京五輪金メダルプロジェクト始動!世界と対決するセイコーゴールデングランプリを前に練習を公開!


公益財団法人日本陸上競技連盟では、2020年東京五輪で悲願の金メダル獲得に向け、土江寛裕オリンピック強化コーチ体制のもと男子4×100mリレー日本代表チームの強化プロジェクトをスタートさせます。

本格始動となるのは、5月20日(日)開催の「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」。ロンドン世界選手権男子100mでウサイン・ボルトを降し金メダリストとなったジャスティン・ガトリン率いるアメリカ、アジア初の9秒台、蘇炳添らが出場する中国など世界の強豪と対決します。

5月6日(日)、その日本代表チームが東京・味の素ナショナルトレーニングセンターの陸上トレーニング場において、練習の一部をメディアに公開しました。
 


練習に参加したのは、リオデジャネイロ五輪銀メダル獲得メンバーの山縣亮太選手(セイコー)、飯塚翔太選手(ミズノ)、桐生祥秀選手(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥選手(Nike)、ロンドン世界選手権銅メダル獲得メンバーの藤光謙司選手(ゼンリン)に加え、原翔太選手(スズキ浜松AC)、山下潤選手(筑波大学)、小池祐貴選手(ANA)、染谷佳大選手(中央大)、U20年代からダイヤモンドアスリートの宮本大輔選手(東洋大)、塚本ジャスティン惇平選手(城西大城西高)の11名。

総勢50人を超す取材陣を前に、若手、ベテランを交え和やかな雰囲気の中、バトンパスを中心とした練習が行われました。
 


練習終了後、リオデジャネイロ五輪銀メダルメンバーと宮本選手、土江オリンピック強化コーチ、山崎一彦トラック&フィールドディレクターが取材を受けコメントしました。

山縣亮太選手(セイコー)
「久々にリレー練習をやったが、2016年を思い出すような、いい雰囲気のなかで練習することができ刺激が入った。セイコーゴールデングランプリから、実戦を通して磨き上げていくというスタイルでいくと聞いている。それをやっていくことができれば、個人がレベルアップしていくなかでリレーもどんどんレベルアップしていくのではないかと期待している」

飯塚翔太選手(ミズノ)
「東京五輪で金メダルを獲得するためには、まずはアジア大会で金メダルを獲得することが必要。前回(の仁川大会で)負けているので、まずはアジアチャンピオンになって、そして東京五輪に向けてやっていきたい」

桐生祥秀選手(日本生命)
「東京五輪で金メダルを獲得するためには、しっかりとバトンパスを磨いていきつつ、そして個人も全員がレベルアップしていけば、「バトンパス」プラス「個人の走力」で一段とタイムが上がると思う。今年は、アジア大会が大きな目標となるが、まずは日本選手権でしっかりと代表に入りたい」

ケンブリッジ飛鳥選手(Nike)
「東京五輪での金メダルを目指すうえで、個々のレベルアップが大事になってくる。このメンバーのなかから9秒台が何人も出るようになれば、目標の実現も見えてくると思うので、これからもみんなで高め合っていきたい。」

宮本大輔選手(東洋大、ダイヤモンドアスリート)
「自分の実力はまだまだだが、これからしっかりと力をつけていき、いつか日の丸を背負って、エースとして走れるようになりたい。ゴールデングランプリではU20でリレーを組む予定があるので、しっかりと練習して、そこでもいい勝負ができるようにしたい」

土江寛裕オリンピック強化コーチ
「ゴールデングランプリでは、ナショナルチームとして2チーム組む。2チームのうちの1チームは、今のところ、リオの銀メダルメンバーがそのままの走順で臨むことを予定しており、もう1チームはロンドン世界選手権を走った多田修平(関西学院大、※関西インカレを直前に控えていたため、この合同練習には参加せず)、藤光謙司(ゼンリン)のほか、今季調子を上げている選手たち2名でオーダーを組むことを考えている」

山崎一彦トラック&フィールドディレクター
「強化戦略を土江コーチと話し合い、「実戦での力を高めていく」という方針をとることにした。今年は、5月のゴールデングランプリ、7月のロンドン・ダイヤモンドリーグ、そしてアジア大会。この3つの大会において、緊張感を持ったレースに挑むなかで、リレーの精度を高めていく。また、来年は、ワールドリレーズ、世界選手権があるので、そうしたところで実戦を積んでいくことになる」

今後とも応援よろしくお願いいたします。
 

 


▼5月20日(日)「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」開催!
http://goldengrandprix-japan.com

▼「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」出場選手(一部)からの動画メッセージをリツイートいただいた方の中から抽選でサイン入りグッズをプレゼント!
応募方法はこちら→ http://www.jaaf.or.jp/news/article/11444/


写真提供:フォート・キシモト
  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人日本陸上競技連盟 >
  3. 男子4×100mリレー日本代表チーム、東京五輪金メダルプロジェクト始動!世界と対決するセイコーゴールデングランプリを前に練習を公開!