北米最大級のアフターマーケット製品の国際見本市「AAPEX 2018」に出展

日立オートモティブシステムズ株式会社(社長執行役員&CEO:ブリス・コッホ/以下、日立オートモティブシステムズ)の北米地域統括会社であるHitachi Automotive Systems Americas, Inc. (以下、日立オートモティブシステムズアメリカズ)は、10月30日(火)から11月1日(木)まで米国ネバダ州ラスベガスのSands Expo and Convention Center (サンズ・エクスポ&コンベンション・センター)で開催される自動車部品のアフターマーケット製品の国際見本市「Automotive Aftermarket Products Expo 2018」(AAPEX 2018)に出展します。
本展示会では、北米において日立オートモティブシステムズがグループ企業と共に展開している幅広いアフターマーケット製品を紹介します。

ブース外観イメージブース外観イメージ

AAPEXは、北米最大級のアフターマーケット展示会であり、2017年の開催においては2,500社以上が出展し、135カ国以上の国や地域から約5万人のバイヤーを含む16万人以上が来場しました。今回、日立オートモティブシステムズアメリカズは、車両統合制御システム(ショックアブソーバー、サスペンションストラット、ラックピニオンの組み立て部品など)や、エンジンパワートレインシステム(電子制御スロットルボディ、点火コイル、センサー類、燃料インジェクター、エアバイパスバルブなど)の製品ラインナップを展示します。
日立オートモティブシステムズグループは、世界の自動車メーカーを顧客とした環境・安全分野の自動車機器事業を中核に、グローバルな事業展開を強化しています。また市販事業では、環境や安全を支える各種アフターマーケット製品の拡販をめざしています。

今回の展示会におけるアフターマーケット製品の幅広いラインナップの紹介を通じて、米国でのアフターマーケットの市場における当社製品ブランドのさらなる認知・浸透を図ります。

■出展場所
Sands Expo and Convention Center ブースNo.5073

■出展製品一覧<製品ブランド名>
<Hitachi>
● イグニッションコイル
●スロットルボディ
●エアフローセンサー
●燃料インジェクター
●燃料ポンプ
●高圧燃料ポンプ
●オルタネーター
●スターター
●ウォーターポンプ
●オイルポンプ
●パワーステアリングギア
●パワーステアリングポンプ
●エアバイパスバルブ
●可変動弁ソレノイドバルブ
●可変動弁ギア
●センサー

<TOKICO>
●キャリパー
●ショックアブソーバー


■会社概要
日立オートモティブシステムズ株式会社
本社: 東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容: 自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日立オートモティブシステムズ株式会社 >
  3. 北米最大級のアフターマーケット製品の国際見本市「AAPEX 2018」に出展