SwipeVideoがBase Ball Bearと世界初の挑戦へ

このたび、AMATELUS株式会社(代表取締役CEO: 下城 伸也/以下、AMATELUS)は、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ(以下、SMA)所属のバンドグループ「Base Ball Bear」のライブ映像を「SwipeVIdeo」にて配信する事を発表致します。尚、本ライブ配信は10月9日 21時〜 配信プラットフォーム「Thumva」にて配信提供予定です。

9/15にNTTドコモ、NTTドコモベンチャーズが主催する「docomo 5G DX AWARDS 2020」にて「最優秀賞」を獲得したばかりの「SwipeVideo」今回はSMA所屬バンド「Base Ball Bear」と世界初の挑戦に取り組みます。

▼「SwipeVideo」とは
プロダクトサイト:https://swipevideo.jp/
SwipeVideo(スワイプビデオ)は、視聴者がスワイプする事でWeb上やアプリ内で自由に視点をスイッチングしながら視聴できる配信システムであり、これまで映像処理負荷や配信負荷の高さからブラウザ上での配信や再生は難しいとされてきた自由視点映像やマルチアングル映像をクラウド配信出来る国際特許取得済みの独自技術です。


▼「Base Ball Bear」について


8月に初のFC限定生配信LIVEを終えたばかりのBase Ball Bearが、次なる配信ライブ「LIVE IN LIVE~IN YOUR HOME, TAKE C3~」の開催を発表しました。


2020年5月より開催予定だったBase Ball Bear TOUR 「LIVE BY THE C3」が中止となったため、
今回が最新アルバム「C3」の世界を本格的に味わうことができる、初の場となりま。
また、スタジオライブもバンドの歴史において初めての試みとなっています。

 


今回は通常チケットに加え、新たな試みとしてSwipeVideoチケットの販売が決定。
SwipeVideoとは複数台のカメラで撮影された映像を、視聴者自身がスワイプすることで自由に視点をスイッチングしながら視聴できる機能です。
音楽業界としてもあまり例のない、貴重なライブになることは間違いないでしょう。

【実施概要】
今回の取り組みは、約30台のカメラで収録したライブ映像を視聴者がカメラをスイッチングして視聴出来る映像となります。
本取り組みの配信内容と視聴体験の提供は世界でも初となる取り組みとなります。

 
【小出祐介コメント】
バンドにとってアルバムリリースと、アルバムツアーはセットのようなもので、ツアーをやって初めてアルバムの手応えを感じられたりするわけです。

ところが、今年はツアーが中止となってしまい、アルバムを出しっぱなしにしていたような気がしていたので、今回、スタジオからの再現ライブを届けられることをとても嬉しく思っています。

「LIVE IN LIVE~IN YOUR HOME~」シリーズでは「現場でのライブ」に思いを馳せつつも、「配信だからできる表現」について試行錯誤してきました。

今回は「SwipeVideo」という機能を導入し、みなさんが好きなようにアングルを切り替えながらライブを視聴することができます。

それこそ「現場でのライブ」とは勝手が違うものではありますが、「配信ならではのライブ」をみなさんと面白がれたらと思っています。
個人的には、配信ライブってめちゃくちゃ緊張するので、もっと場数を踏んで早く慣れたいです(笑)。

また、最新グッズとしてEP『風来』がリリースされることになりました。
この作品も実は、『C3』のツアーで販売する予定のものでした。
夕方色のジャケットを、『ポラリス』『Grape』『C3』と是非並べてみてほしいです。
「風来」の〈次の旅思うよ〉という歌詞が、こんなにも沁みてくるなんて。


【リリース情報】
Base Ball Bear EP「風来」
発売日:2020年10月9日 (金) ※「DGP STORE」のみ数量限定販売
商品形態:CD+サコッシュ
価格:¥3,000+税
収録内容
1.風来
2.L.I.L
3.EIGHT BEAT 詩
4.Cross Words

Base Ball Bear「LIVE IN LIVE~IN YOUR HOME, TAKE C3~」
【配信日時】
2020年10月9日(金)21:00 スタート
※当日20:30から、視聴者同士のグループビデオ通話やコメント機能をご利用いただけます。

【チケット情報】
■料金:通常チケット3,000円(税抜)
SwipeVideoチケット 4,000円(税抜)

■販売期間:発売中
■チケット取り扱い:Thumva・e+・チケットデリ
・通常チケット
Thumva
https://thumva.com/events/cU42W5egxoDeZEF
e+
https://eplus.jp/sf/search?block=true&keyword=Base+Ball+Bear
チケットデリ
https://ticket.deli-a.jp/reserve_detail.php?Tour_ID=1603&Tour_Code=77fee6834cc0dc054f0ac720c55a16aa
 

・SwipeVideoチケット

Thumva
https://thumva.com/events/cU5zh7L5wvYwzh3
e+
https://eplus.jp/sf/search?block=true&keyword=Base+Ball+Bear
チケットデリ
https://ticket.deli-a.jp/reserve_detail.php?Tour_ID=1602&Tour_Code=292e415edc233ef9b67f83c1ebcef72


【視聴可能期間】
■ライブ配信
2020年10月9日(金)21:00~ライブ終了時間
■見逃し配信
2020年10月9日(金)23:00~10月19日(月)18:00まで
※配信開始時間は変更となる場合がございます。

【視聴可能デバイス】
配信メディアは配信サービス「Thumva」を使用いたしますので、事前にダウンロードなどのご準備をお願い致します。
Thumva:https://thumva.com/
詳しくは、下記概要をご覧ください。
[Windows]
OS:Windows 10
ブラウザ:Chrome 最新版
[Mac]
OS:最新版
ブラウザ:Chrome 最新版
[Android
Android 8.0以上

※Android 7以下での視聴は2020年8月3日(月)をもってサポート終了いたします。Android端末をご利用の方は、必ずAndroid8以上でアプリを起動し「Thumva体験ムービー」を視聴できることをご確認の上、ご利用ください。詳細はコチラ(https://info.thumva.com/html/information.html )をご確認ください。

[iOS]
11.0 以降
( iPhoneに対応 iPadおよびiPod touchはサポート対象外)
・必ずご利用端末でアーカイブの体験映像や無料イベントの映像が視聴できるかをご確認ください。
・ご利用デバイスのスペックに動画品質が依存する場合がございます。CPUやメモリのスペックが足りない場合はスムーズな再生ができない場合があります。あらかじめご了承ください。
・推奨環境以外の動作は保証致しかねます。
・同一アカウントを利用しての複数のデバイスでの同時視聴はできません。
・高速で安定したインターネット回線、ならびにWi-Fi環境が必要です。
・人混みやコンクリートで囲まれた場所は避けてください。
・お客様起因による視聴トラブルについては、主催者、及び配信者は一切の責任を負いません。
・テレビへのキャスト/ミラーリングやケーブルでの接続、「Fire TV Stick」「Chromecast」「Apple TV」のご利用はサポート対象外とさせて頂いております。
・日本国外からの視聴はサポート対象外とさせて頂いております。

【プロフィール】
小出祐介(Vo.Gt)1984年12月9日生まれ
関根史織(Ba,Cho)1985年12月8日生まれ
堀之内大介(Dr,Cho)1985年1月17日生まれ

2001年、同じ高校に通っていたメンバーが、学園祭に出演するためにバンドを結成したことがきっかけとなり、高校在学中から都内のライブハウスに出演。
その高い音楽性と演奏力が大きな話題を呼び、東芝EMI(現 UNIVERSAL MUSIC JAPAN)より、Mini Album『GIRL FRIEND』でメジャーデビュー。
これまで2度に渡り、日本武道館でのワンマン公演を成功させる。

2018年11月11日、結成17周年を迎え、Base Ball Bear主宰レーベル「Drum Gorilla Park Records(DGP RECORDS)」をスタート。
2019年1月、2019年第一弾EP『ポラリス』をリリース。9月、2nd EP『Grape』をデジタル&ライブ会場限定でリリース。
2020年1月、デビューアルバム「C」(2006年)、「C2」(2015年)に続く、“C”シリーズ3作目となる、3年ぶりのニューアルバム「C3」をリリース。

【OFFICIAL SITE】
http://www.baseballbear.com 

▼AMATELUS株式会社について
AMATELUSは、SwipeVideoの開発・制作・販売を中心に、自由視点映像の配信及び編集ソフト・アプリケーションの開発や撮影、MR関連システムの開発などを行っております。
<これまでの主な受賞歴>
・Microsoft innovation award2017 受賞
・avex-xRハッカソン(VR/AR/MR) 優勝
・総務省「異能vation」ジェネレーションアワード 特別賞受賞
・横瀬町地方創生プロジェクト「よこらぼ」採択
・埼玉県庁 官民連携事業 採択
・Plug and Play Japan Batch2 採択
・富士通 ピッチコンテスト fabbit賞 リコー賞 受賞
・Plug and Play Batch2 Expo Mobility 優勝
・富士通アクセラレータ第7期 採択
・電通「GRASSHOPPER」第2期 採択
・docomo 5G DX AWARDS 2020 「最優秀賞」受賞

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AMATELUS >
  3. SwipeVideoがBase Ball Bearと世界初の挑戦へ