AI人材プラットフォームの「Aidemy」AI解析ブログ記事で競い合うオンラインコンテスト #Aidemynote 開催

- 賞金最大7.7万円、SkylandVentures、ディップ、個人投資家が協賛 -

AIプログラミング学習サービス「Aidemy」を提供する株式会社アイデミー(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO 石川聡彦)は、自身が作ったAIを用いた解析記事で競いあう、オンラインコンテスト「#Aidemynote」を本日2018年5月22日より開催します。ベンチャーキャピタルのSkyland VenturesやAINOWを運営するディップ株式会社、個人投資家の安藤祐輔氏と連携し、AI解析の新規性やインパクトを審査する「Aidemy大賞」のほか、投稿記事のSNSシェア数をもとにした「オーディエンス大賞」などを決定します。

【開催の背景】
「Aidemy」は10秒で始めるプログラミング学習サービスを提供していますが、利用者より「学習モチベーションを高めるために、Aidemyでの学習を基に、自分で作ったAIを発表するコンテストを実施してほしい」というフィードバックを頂きました。そこで、今回、Aidemyで学んだことをブログ記事でアウトプットする完全オンラインの解析コンテスト #Aidemynote を実施します。

【#Aidemynoteの概要】
◆対象者:
Aidemyのアカウント(無料アカウント含む)を所持し、Aidemyを利用したことのあるユーザー

◆条件・エントリー方法:
1.AidemyのTwitterアカウント(@aidemy_net)をフォロー
2.「note」や「はてなブログ」など任意のブログサイトで実際に解析をしてみた旨の記事を書く
3.記事内にAidemyでどの講座を学び、それをどの解析に活かしたかを記載する
4.記事公開後、記事のリンクを「#Aidemynote」タグをつけてTwitterに投稿する

◆審査期間:
2018/4/1-2018/6/30までに投稿された記事が対象となります。
本日以降に #Aidemynote でツイートされたものが対象となります。
2018年7月上旬に審査の上、受賞記事を発表します。

◆賞典:
『Aidemy大賞』(1名)
Aidemy審査委員会が、解析の新規性やインパクトなどを総合的に審査。
 ・表彰状授与
 ・Aidemy Large 12ヶ月相当額77,760円贈呈
 ・「自分が気になる機械学習アルゴリズムを言えば、その講座をAidemyで作ります!」権授与

『オーディエンス大賞(Supported By AINOW)』(1名)
記事の「Facebookシェア」「ツイート」「はてなブックマーク」数の合計値が最も多い方に授与。
 ・表彰状授与
 ・Aidemy Large 6ヶ月相当額38,880円贈呈
 ・AI・人工知能専門メディア「AINOW」(http://ainow.ai)にて投稿記事を紹介
 ・「AI.Accelerator」(http://ainow.ai/accelerator/)最終審査参加権(希望者のみ)
 ・「AINOW」インターン最終審査参加権(希望者のみ)

『特別賞 AINOW賞』(最大2名)
AINOW編集部が審査し、解析の新規性やインパクトなどを総合的に審査。
 ・表彰状授与
 ・Aidemy Medium 6ヶ月相当額29,880円贈呈
 ・AI・人工知能専門メディア「AINOW」(http://ainow.ai)にて投稿記事を紹介
 ・「AI.Accelerator」(http://ainow.ai/accelerator/)最終審査参加権(希望者のみ)
 ・「AINOW」インターン最終審査参加権(希望者のみ)

『特別賞 安藤賞』(最大1名)
個人投資家の安藤祐輔氏が審査し、解析ブログの内容がベンチャービジネスになるかどうかを総合的に審査。
 ・表彰状授与
 ・Aidemy Medium 6ヶ月相当額29,880円贈呈
 ・「安藤祐輔氏に出資打診ピッチ&ビジネスメンタリング(1時間/渋谷)」(希望者のみ)

『特別賞 Skyland Ventures賞』(上限なし)
noteに記事を投稿し、Skyland Ventures 代表パートナー 木下慶彦氏(@kinositay)にTwitterのDMを送った25歳以下全員に授与。
 ・Aidemy Petit 1ヶ月相当額1,880円を贈呈
 ※本賞はnote上でサポートされるため、noteによる投稿記事のみが対象となります。

『佳作』(最大10名)
Aidemy審査委員会が解析の新規性やインパクトなどを総合的に審査。
 ・Aidemy 1講座無料引換券(4,000円相当)授与

『参加賞』(上限なし)
エントリーいただいた方全員に授与。
 ・Aidemy 1講座10%割引券授与

【審査員プロフィール】
◆株式会社アイデミー技術顧問/ Convergence Lab. 代表 木村 優志
博士(工学)。大手通信キャリアの音声認識システムや大手AIベンダの自然言語処理を用いたAI開発に携わる。

◆dip AI. Lab室長 進藤 圭
ディップ2006年度新卒入社。3年で15億円の売上に成長した看護師人材紹介「ナースではたらこ」の事業化など、 20以上のサービスの企画立ち上げに参加。現在は、「AI Accelalator」を始めとする企業投資育成活動や、アニメの舞台めぐり「聖地巡礼マップ」など新規事業に挑戦中。

◆個人投資家 安藤 祐輔
シリアルアントレプレナー。株式会社Socket 創業者。1981年生まれ。2012年11月株式会社Socketを創業。2014年9月にスマホ販促プラットフォーム「Flipdesk」をリリース、アダストリア、ビームス、メガネスーパーなど数百社へ導入され利用されるサービスとなり、その後SocketはKDDIへ買収された。その後、シリコンバレーと東京を拠点に、自身の新しいスタートアップの創業、エンジェル投資家として活動する。

◆Skyland Ventures 代表パートナー 木下 慶彦
U25のシードスタートアップへの投資をメインに行うVC(ベンチャーキャピタル)ファンドを運営するSkyland Venturesの代表パートナー。“The Seed Maker.”というミッションを掲げ、テクノロジー産業に大きなインパクトを与える種(シード)を創るためのリスクマネーを提供する。現在、日本国内を中心に50社超へ投資し、総額14億円を運用。

【協力/スポンサー】
ディップ株式会社, Skyland Ventures, 安藤 祐輔氏
※特別賞スポンサーも順次募集中です。ご希望の場合、株式会社アイデミーまでお問い合わせください。

【主催】
株式会社アイデミー

【参考ブログ記事例】
◆【Aidemy X Bio】Aidemyのコースを応用して、遺伝子解析データ用の教師なし学習プラットフォームを作ってみた(toshihiko_oki)
https://note.mu/tokitky/n/na5a10a063c97

◆HIP HOPでわかるネットワーク分析(Aidemy Tech Blog)
http://blog.aidemy.net/entry/2018/02/23/135441

◆デリヘル嬢の「お店からの紹介文」を計量分析してガチで読む①(25歳素人童貞のブログ)
http://shirotodotei.hatenablog.com/entry/2017/08/19/175613


【Aidemyの概要】
Aidemyは正式公開から3ヶ月で会員登録ユーザー数1万人以上、コード実行回数100万回以上を記録した、日本最大級の先端技術のラーニングサービスです。 https://aidemy.net/
1.10秒で演習開始 – PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミングができます。
2.今話題の技術を習得可能 – ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を習得できます。
3.無料から始められる – 一部の講座は完全無料にてご受講いただけます。

▲Aidemyの演習画面の例(コードを書きながら学習する問題)▲▲Aidemyの演習画面の例(コードを書きながら学習する問題)▲

▲Aidemyの演習画面の例(クイズに答えながら学習する問題)▲▲Aidemyの演習画面の例(クイズに答えながら学習する問題)▲


【Aidemyの教材の特徴】
1.業界トップシェア技術を採用 – Python/numpy/pandas/scikit-learn/tensorflowなどの技術が学べます。
2.理論より実践重視 – 難しい数学の知識や理論もできるだけ直感的に理解できるような教材です。
3.自動採点システム – 書いたプログラムは仮想環境上で自動的に採点されます。

▲Aidemyの教材(受講ルートページ)▲▲Aidemyの教材(受講ルートページ)▲

▲Aidemyの教材(受講コースページ)▲▲Aidemyの教材(受講コースページ)▲


【株式会社アイデミーについて】
株式会社アイデミー(旧社名 Goods株式会社)は2014年に創業されたベンチャー企業です。大学での機械学習応用系の研究、クライアント企業のアプリケーション制作・データ解析を経て、2017年12月に「10秒で始めるAIプログラミング学習サービスAidemy」をリリースしました。Aidemyはサービス開始3ヶ月で会員数1万名超、コード実行回数100万回を突破した日本最大級の先端技術のラーニングサービスです。また、早稲稲田大学リーディング理工学博士プログラムでのAI 入門特別実践セミナーも担当し、代表取締役 石川聡彦の著書「人工知能プログラミングのための数学がわかる本」がKADOKAWAより2018年2月に発売されました。こうした事業を通じて、「世界100万人規模の先端IT人材の不足」という社会課題の解決に貢献して参ります。

▲株式会社アイデミー 代表取締役CEO 石川 聡彦▲株式会社アイデミー 代表取締役CEO 石川 聡彦


【株式会社アイデミー概要】
会社名:株式会社アイデミー
所在地:東京都渋谷区道玄坂2-16-8 渋谷坂本ビル6階
代表者:代表取締役CEO 石川 聡彦
設立:2014年6月
URL:https://aidemy.net/
株主:経営陣, Slyland Ventures, 東京大学エッジキャピタル(UTEC), エンジェル投資家 他
事業内容:エンジニアのためのAIプログラミング学習サービス「Aidemy」の提供

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイデミー >
  3. AI人材プラットフォームの「Aidemy」AI解析ブログ記事で競い合うオンラインコンテスト #Aidemynote 開催