【子どもの“理系脳”を育てる!】『ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ いきもののお話25』発売のお知らせ

出版物の制作販売を行う株式会社西東社(東京都文京区、代表取締役:若松和紀)は、2020年11月7日に『ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ いきもののお話25』を発売します。
 


▼商品ページ : https://amzn.to/33WEGDW

■概要
『ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ いきもののお話25』は、国立科学博物館監修のよみきかせ絵本です。

本書は3才~小学校低学年までを対象に、「子どものかがくの芽を育てる」をコンセプトに制作。哺乳類や鳥や虫だけでなく、深海の生きものや古生物、微生物、植物まで……生きものにまつわる25のトピックを、小さなお子さんも興味をもてるように絵本仕立てのフィクションの物語にしました。加えて、絵本ページのあとの図解ページで知識を深掘りできて、「なぜ?どうして?」がしっかりわかるのも本書の特長です。本で得た知識を体験につなげる「やってみよう!」のコーナーもあります。

たとえば「まいごたんてい パンダだん」は、パンダ、うさぎ、ゾウ、キリンの特徴的な見た目の動物たちが、それぞれの特徴をいかして迷子を探し出し、みごと事件を解決するお話。難しく言えば「進化」「適応」である科学トピックを、お子さんにわかる形で楽しく紹介しています。「やってみよう!」コーナーでは、動物園で変わった特徴の動物をさがしてみようと、さがすためのヒントを挙げつつ提案しています。
 



25話あるそれぞれの物語は、すべて8ページから10ページの短い構成です。すべてひらがなとカタカナで書かれていますので、ひらがなとカタカナを覚えたお子さんであればひとりで読むこともできます。図解ページは大人が読んで、物語の内容に興味をもった子どもの疑問に答えてあげることで親子で楽しめます。

キラキラの箔押し加工をほどこした豪華な装丁は、クリスマスや誕生日、入園入学のプレゼントにもぴったり。また、本の角を丸くするなど、小さなお子さんにも安心安全な設計になっています。


■シリーズ第1弾は7万部を突破
昨年11月に発売した「なっとう」や「うんち」といった身近な題材をテーマにしたシリーズ第1弾『ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ かがくのお話25』は、発売から1年で発行7万部を突破しました。

シリーズ第1弾『ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ かがくのお話25』シリーズ第1弾『ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ かがくのお話25』


読者の方からは
「大人が読んでもおもしろい」
「寝る前の読み聞かせにいいです!」
「絵が可愛くて、どのテーマもちょうどいい長さ」
「絵本として楽しめて、さらに科学のことにも興味がもてます」
といった声をいただいています。

好評を得た第1弾に続き、第2弾も全国の書店やネット書店で販売されますので、ぜひ手に取ってみてください。

【本書概要】
■タイトル:ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ いきもののお話25
■監修: 国立科学博物館
■著者:山下美樹
■発行元: 西東社
■価格: 1,500円
■判型・ページ数:A5・264

■会社概要
商号  : 株式会社西東社
代表者 : 代表取締役 若松和紀
所在地 : 〒113-0034 東京都文京区湯島2-3-13
事業内容: 書籍、小冊子、電子出版物などの制作・販売
URL  : http://www.seitosha.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社西東社 担当者名:柘植
TEL:03-5800-3120 Email:media@seitosha.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社西東社 >
  3. 【子どもの“理系脳”を育てる!】『ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ いきもののお話25』発売のお知らせ