熊本銀行保田窪支店跡地における新しい店舗形態の取組みについて

 本日、当社の子会社である株式会社熊本銀行(取締役頭取 竹下 英)は、以下のとおり「保田窪支店跡地における新しい店舗形態の取組みについて」を公表しましたのでお知らせいたします。
 株式会社熊本銀行(取締役頭取 竹下 英)は、2018年7月2日(月)より保田窪支店の店舗跡地に、無人のサービス拠点『サテライトプラザ保田窪』を開設することとしましたので、お知らせいたします。
 当プラザは、ATMコーナーに「テレビ相談窓口」を併設した新しい形態の店舗で、テレビ電話を通じてオペレーターと対話しながら、新規口座開設や各種変更手続きを行うことができます。また、ATMのほかに「税金・公共料金セルフ収納機」や「通帳繰越機」といった新たな機器を導入し、これまで行員が窓口でお受付していたお取引きの一部を、お客さまご自身で簡単かつスピーディにお手続きいただけるようにいたします。
 当行では、『サテライトプラザ保田窪』を次世代型のサービス拠点として位置付け、デジタル技術を活用しながら、より多くのお客さまにご満足いただけるサービスの提供を目指してまいります。

※保田窪支店は、2018年6月18日(月)に、近隣の託麻支店内へ店舗内店舗方式(1つの店舗内で複数の支店が営業する方式)での移転を予定しております。
 
  • 施設概要
店舗名称:サテライトプラザ 保田窪
営業開始日:2018 年 7 月 2 日(月曜日)
所在地:〒862-0924 熊本県熊本市中央区帯山4-55-8 ( 現保田窪支店ATMコーナー )
設備/機器:下表

※お手続きの内容によっては、最寄の有人店舗をご案内させていただきます
 

  • 案内地図 / 店内イメージ図

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ >
  3. 熊本銀行保田窪支店跡地における新しい店舗形態の取組みについて