空間リンク「XPANDコード」がJETROの知財活用支援プログラムに採択! 深圳清華大学研究院等の支援を受け、中国展開に向けて活動開始!

空間リンク用バーコード「XPANDコード」が、JETROの知的財産活用ビジネス化支援事業(JIP)に採択されました。これにより深圳清華大学研究院等の支援を受けて、中国展開に向けた活動を開始しました。

XPAND株式会社(埼玉県東松山市/東京都中央区銀座、代表取締役社長 南木 徹)が開発・運営する、空間リンク「XPANDコード」が、JETRO知的財産活用ビジネス化支援事業(JIP)の中国深圳プログラムに採択されました。これにより、深圳清華大学研究院等の支援を受けて、中国展開に向けた活動を開始しました。
QRコードとスマートフォンの連携サービスにおいて世界で先頭を行く中国市場とXPANDコードには高い親和性が見込まれます。当社ではこれまで中国への展開を模索してきましたが、これを機に、中国市場への早期展開を図ります。
「XPANDコード」は、空間とネットをリンクする新しいバーコード。JANコード、QRコードに続く「第3のバーコード」(日刊工業新聞)です。
https://newswitch.jp/p/14289
XPANDコードは、既に全国44都道府県1000軒以上の飲食店・宿泊施設・コンビニエンスストア・観光施設・医療機関等で使われているほか、公共交通や公共空間での活用も始まっています。
この夏以降、XPANDコードは、政府・東京都・JETRO等の出展公募で相次ぎ選ばれ「『XPANDコード』ユーラシアツアー」を敢行、海外普及にも取り組んでいます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000029164.html

このXPANDコードに、海外普及への機会がまた一つ与えられました。
当社はこのたび、JETRO知的財産活用ビジネス化支援事業「JETRO Innovation Program(JIP)」の中国深圳プログラムに採択されました。
https://www.jetro.go.jp/services/innovation.html#cn

JIP中国では「深圳清華大学研究院」等のハンズオン支援が提供されます。
QRコードとスマートフォンの連携サービスにおいて世界で先頭を行く中国市場とXPANDコードには高い親和性が見込まれます。当社ではこれまで中国への展開を模索してきましたが、これを機に、中国市場への早期展開を図ります。
※深圳清華大学研究院は、深圳市政府と中国のトップ大学「清華大学」との合弁による研究機関です
 https://www.tsinghua-sz.org/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. XPAND株式会社 >
  3. 空間リンク「XPANDコード」がJETROの知財活用支援プログラムに採択! 深圳清華大学研究院等の支援を受け、中国展開に向けて活動開始!