クオン、キャラクターを起用した新型コロナウィルス感染防止&支援プロジェクト「共に乗り越えよう / We are in this together.」を開始

グローバルなキャラクター認知を用いて世界中に呼びかけを

 世界中のチャットやSNSを通じてキャラクターのプロデュースを行う株式会社クオン(東京都新宿区:代表取締役社長:水野和寛 以下 当社)は、キャラクターを起用したコロナウィルス感染防止&支援プロジェクト「共に乗り越えよう / We are in this together.」を実施致します。



■背景
 当社は、2012年より、自社開発したキャラクターのスタンプを、国内外の主要メッセージアプリに積極的に提供してまいりました。米国のFacebook Messenger、Whatsapp、中国のWeChatにおいては、当社が日本企業では初の事例としてスタンプを提供し、さらに、日本のLINE、韓国のKakao Talk、カナダのKik Messenger、ベトナムのZaloなど、世界中のほぼ全てのメッセージアプリにスタンプを提供しています。主要キャラクターは世界中のユーザーが利用し、2020年3月末地点で累計ダウンロード数は35億を超え、9割以上が海外ユーザーとなっております。
世界的に猛威を振るう新型コロナウィルスに関して、グローバルに認知されているキャラクターを起用し防止策を啓蒙することで、感染防止支援を行うべく、「共に乗り越えよう / We are in this together.」プロジェクトを実施することを決定いたしました。

 
■具体的実施策
【グローバル】
▼主要キャラクターを用いた啓蒙動画
全主要キャラクターを起用した、コロナウィスル感染防止の啓蒙動画「Stop the Spread of COVID-19」を、各キャラクターのSNSアカウントにて公開しました。本動画は国連の呼びかけに対して作成した啓蒙動画です。
 


動画URL

https://www.youtube.com/watch?v=OqaXdj1oNvA
 
国連からの呼びかけページ
https://www.unic.or.jp/news_press/info/36915/

 
【タイ】
▼キャラクターグッツ販売の一部を医療機関へ寄付
Q Friends Pinkoi Store(タイ)にて特別セット、うさぎゅーんマスクを販売し、売り上げの一部を医療機関へ寄付します。



【日本】
▼Slack専用の絵文字を無料配布
在宅ワークにおける顔コミュニケーションの活性化を測るため、Slack専用絵文字を、2020年5月31日まで無料配布しております。


無料配布キャンペーン期間 :2020年5月31日まで
Slackオリジナル絵文字使用方法:
①クオンECSTORE内の『Slack絵文字無料配布』を選択
https://jp.quan-inc.store/pages/slack-emoji
②アンケートに回答(所要時間1分)
③アンケート回答後に表示されるGoogleDriveのリンクをクリックし、”Slack絵文字”をダウンロード
④『Slack』へ追加



▼キャラクター起用で3密を避けるCM制作パッケージ「キャラ・デ・CM」を開始
新型コロナウイルスでCM撮影ができない広告主企業様や広告代理店様向けに、SNSで人気のキャラクターを起用したCM制作パッケージ「キャラ・デ・CM」を2020年4月23(木)より提供開始しました。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000029274.html

 


さらにキャラクター事業を展開する企業ともコラボレーションも検討中です。
当社は今後も、キャラクターの持つ言語を超えた力を用いて、「we_are_in_this_together-共に乗り越えよう」プロジェクトを推進して参ります。


【会社概要】
クオンは、LINEやFacebook等のスタンプ発のキャラクター開発会社です。自社キャラのスタンプ累計ダウンロード数は35億件に達しています。人気が出たキャラクターは国内外でライセンス展開を行い、日本以外に中国、韓国、香港、台湾などの国・地域を中心にして、すでに100種類以上のグッズや、大手企業でのキャンペーン利用などがあります。


◼︎クオンについて
【商 号】株式会社クオン
【本 社】東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿ビル6F
【代 表】代表取締役 水野 和寛
【URL】https://quan-inc.jp/
問い合わせ先:pr@quan-inc.jp

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クオン >
  3. クオン、キャラクターを起用した新型コロナウィルス感染防止&支援プロジェクト「共に乗り越えよう / We are in this together.」を開始