10/26(金)急遽開催!国際協力NGOによる現地報告「カンボジア『最前線』2018~知られざるカンボジアの現実~」

カンボジア駐在のNGOスタッフが、カンボジアを約15年にわたり取材しているフォトジャーナリスト高橋智史氏、ジャーナリストの堀潤氏とともに、最新の現地状況をお伝えします。ぜひご来場ください。

今年7月、カンボジアでは5年に1度の総選挙が実施されました。日本でも報道されていたとおり、与党が全議席を獲得するという結果となりましたが、その影には野党解党などによる政治的混乱やラジオ局の閉鎖、新聞の廃刊など、様々な出来事がありました。カンボジアは今、どのような状況なのでしょうか?昨年開催し好評を得た報告会の続編を開催します。
■日時:2018年10月26日 (金) 19:00~21:00 (18:30開場)
■会場:品川区総合区民会館 きゅりあん4F 第1特別講習室
    (〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1)
■参加費:無料
■お申込み:https://www.ngo-jvc.net/jp/form/event/20181026-cambodia.html

■登壇者プロフィール

堀 潤(ジャーナリスト・キャスター)
1977年生まれ。元NHKアナウンサー、2001年NHK入局。「ニュースウォッチ9」リポーター、「Bizスポ」キャスター。2013年、NHKを退局しNPO法人「8bitNews」代表に。現在、TOKYO MX「モーニングCROSS」キャスター、J-WAVE「JAM THE WORLD」ナビゲーター、abemaTV「AbemaPrime」コメンテーター、淑徳大学客員教授、毎日新聞、ananなどで多数連載中。
 

 

高橋 智史(フォトジャーナリスト)
日本大学芸術学部写真学科卒業。2003年から、カンボジアを中心にアジアの社会問題と人々の営みを撮り始める。2007年よりカンボジアの首都、プノンペンに拠点を移し、秋田魁新報新聞にて「素顔のカンボジア」を約4年間連載。現在もプノンペンに拠点を置き、土地強制収容などの人権問題に焦点を当て、Cambodia Daily, CNBC, The Guardianなどの英字メディアへの掲載を中心に、取材活動を続けている。2014年第10回名取洋之助写真賞、2016年三木淳賞奨励賞受賞。著作:フォトルポルタージュ「素顔のカンボジア」(秋田魁新報社)等。2018年7月のカンボジアの総選挙を取材後、9月上旬に帰国。12月10日に最新写真集出版予定。2018年12月に東京で、2019年2月に大阪で写真集出版記念写真展が開催される。
公式HP:http://satoshitakahashi.jp/

 

大村 真理子(JVCカンボジア事業駐在員)
1984年生まれ。幼少期をバングラデシュ、小学生時代をシンガポールで過ごし、小さな頃から世界の文化の多様さに惹きこまれ、海外に興味を持つようになる。その後、飢餓や紛争などの世界の様々な問題を報道を通して見るうちに、「自分に何かできることはないのか」という思いが強くなり、2014年よりJVC職員となる。広報担当として勤務し、2017年12月より現職、カンボジア在住。

■主催
日本国際ボランティアセンター(JVC)カンボジア事業

■認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)とは
1980年に日本人によりタイで設立されたNGO。現在はアジア・アフリカ・中東の世界11の国・地域で地域開発や人道支援など多岐にわたる支援を実施しています。「問題の根本原因の解決」をポリシーに、ただものをあげたりするのではない、現地の人の力を引き出す支援を重視しています。
http://www.ngo-jvc.net/

■お問い合わせ
日本国際ボランティアセンター(JVC)カンボジア事業担当 下田
TEL:03-3834-2388 MAIL:arita@ngo-jvc.net
※できる限りメールでのお問い合わせをいただけると助かります。
※当日の撮影、録音はお断りしております。
 取材をご希望の方は、事前に「問い合わせ先」にご連絡ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター >
  3. 10/26(金)急遽開催!国際協力NGOによる現地報告「カンボジア『最前線』2018~知られざるカンボジアの現実~」