手帳カバーで作ったマスクケース販売枚数36,000枚に。Withコロナ時代のノベルティグッズとしても定着。

伊藤手帳 折りたためる「Wポケット柔らかマスクケース」

手帳製造・OEMを手がけて66年の伊藤手帳株式会社(本社名古屋市:代表取締役社長 伊藤 亮仁 以下当社)の新商品「Wポケット柔らかマスクケース」は、販売開始5か月の販売枚数が36,000枚を超えました。

販売枚数のうち48企業のノベルティグッズという売上構成です。大型商業施設より6,000枚の受注事例もありWithコロナ時代の新しいノベルティグッズとして定着していると当社では分析しています。

また、神奈川県では会食時の新マナー「マスク会食」として会食時には新しいマスクに交換し、外した後のマスクは、テーブルに置かないように注意を促しています。*1
このような新しい生活様式の背景からマスクを外した後の収納場所としてマスクケースの需要は今後も増えると当社では見込んでいます。
*1神奈川県ホームページ会食時の新マナー「マスク会食」

本商品は手帳製造メーカーである当社の技術を活用し、手帳カバーと同じ素材を使い国内工場(愛知県小牧市)で生産しています。抗菌加工を施し、一時的にマスクを外す時、予備のマスクを持ち歩きたいといったシーンで安心して利用いただけるよう商品企画を行いました。また2つあるポケットの片側は除菌シートを入れる事も可能なためより清潔な状態でマスクを収納できます。柔らかな素材を使用しているため折りたたんで使う事も可能です。
 

 

 

 

 

 

柔らか素材でグッと折りたためます柔らか素材でグッと折りたためます

【今後の動き】
当社ではマスクケースの使い方動画を作成しマスクを外した後のマナー啓蒙に努めてまいります。


 

【商品特長】

  1. 使い分けができるダブルポケット仕様マスク2枚を収納できます。(抗菌加工処理)
  2. 国内自社工場で企画・製造、自社ECサイトで販売によるALL MADE IN JAPAN
  3. 社名等の名入れ対応可


 

【伊藤手帳株式会社について】
伊藤手帳は昭和12年の創業以来、企業向けの手帳を自社で年間約800万冊を製造しています。10年前に個人向け自社オリジナルブランド ユメキロックを創設し、「セパレートダイアリー」を販売延べ80,000冊となりました。
 
また2020年6月に手帳カバーで作った「抗菌Wポケットマスクケース」が外したマスクを収納できる・新しいマスクを収納できる便利グッズとして36,000枚を販売。
2020年9月より業界初ハンカチのように折りたためる手帳「TETEFU」の販売を開始し当初目標の2倍を超える売上となっています。事業成長率9.53%(5年間)
 

商号: 伊藤手帳株式会社 代表者: 代表取締役 伊藤 亮仁
所在地: 〒461-0034 本社:愛知県名古屋市東区豊前町3-42 TEL:052-936-2363 
事業内容: 各種手帳の製造、販売、一般書籍の製造、ビニール製品の製造
資本金: 10,000,000円 
URL:伊藤手帳オフィシャルサイト https://ito-techo.jp/

▼自社ブランドユメキロック ECサイト
本店 https://www.yumekirock.com/
楽天市場店 https://www.rakuten.ne.jp/gold/yumekirock/
Amazon店 https://www.amazon.co.jp/stores/node/3907886051
Yahoo店 https://shopping.geocities.jp/yumekirock/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 伊藤手帳株式会社 >
  3. 手帳カバーで作ったマスクケース販売枚数36,000枚に。Withコロナ時代のノベルティグッズとしても定着。