「Readyforふるさと納税」にて、長崎県五島市がふるさと起業家支援プロジェクトを開始

READYFOR株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:米良はるか)が、運営する自治体向けクラウドファンディング「Readyforふるさと納税」にて新たに、長崎県五島市が2件のプロジェクトを開始いたします。今回の公開となるプロジェクトは全て「ふるさと起業家支援プロジェクト」となります。(※1)
当社の「Readyforふるさと納税」は、返礼品重視の従来のふるさと納税とは異なり、「資金用途」を明確にし、共感を集めることで資金とファンを集めるクラウドファンディングの特徴を自治体向けに展開したプログラムです。弊社では今後も様々なパートナーと提携を行い、地方へ「想いの乗ったお金の流れを増やす」取り組みを行なっていきます。

 

※1「ふるさと起業家支援プロジェクト」は、自治体が地域の起業家を支援するとともに、地域外から資金を調達することによって、それぞれの地域の産業を持続的に振興させ、経済循環を促すことを目的に、2018年4月1日に総務省が立ち上げたプロジェクトです。

■プロジェクト概要
①「日々のくらしに新しい楽しみを。五島で開催、定期映画上映会!」
実行者:藤田佳子
目標金額:120万円
公開終了日:2018年12月21日(金)
資金使途:映画上映会の開催費用
概要:五島市には映画館がないため、大きなスクリーンで楽しむ体験を届けたい。映画の内容に関する食べ物や展示などをしながら、世界観に触れる1日を作る。
(URL:https://readyfor.jp/projects/cogantoco_cinema
 


②「五島列島の写真や動画を集めた、プラットフォームづくりを!」
実行者:橋本賢太
目標金額:150万円
公開終了日:2018年12月26日(水) 
資金使途:WEBサイト制作費、動画制作費、撮影機材購入費 など
概要:五島の魅力を伝える上で、写真・動画の素材不足を解消するために、2019年10月までに、五島列島の写真・動画を集約したプラットフォームづくりを実施。
(URL:https://readyfor.jp/projects/gotostock

 


■READYFOR株式会社について
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をミッションに日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営しています。2011年3月のサービス開始から9,100件以上のプロジェクトを掲載し、51万人から71億円以上の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。(2018年11月時点)「カンブリア宮殿」をはじめ様々なメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. READYFOR株式会社 >
  3. 「Readyforふるさと納税」にて、長崎県五島市がふるさと起業家支援プロジェクトを開始