【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.214「ESG非配慮をリスクと見做す不動産投資市場」

三菱UFJ信託銀行株式会社(東京都千代田区、取締役社長:長島 巌)は、この度不動産マーケットリサーチレポートVol.214「ESG非配慮をリスクと見做す不動産投資市場」を発行しました。
  • 不動産投資市場においてESG配慮への対応が求められる背景には、(1)資金の出し手からの要請、(2)環境に関する規制の導入・強化、等がある。
  • 将来的にESG配慮は不動産取得時のバリュエーションへの反映が見込まれている。
  • 不動産AMはESG非配慮が不動産投資のリスクプレミアムを高めることを想定している。

レポート全文はこちらからご覧ください。
https://www.tr.mufg.jp/houjin/fudousan/f_report/pdf/fr_2022091501.pdf?20220916111520

レポートのメール配信をご希望の方はこちらからご登録ください。
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=pgqf-lisjqj-a09062f022dc92e704fe1da404444440

【本件に関するお問合せ先】
三菱UFJ信託銀行 不動産コンサルティング部
業務企画G 舩窪 芳和
電話:050-3689-0864
mail:yoshikazu_funakubo@tr.mufg.jp

以上

  1. プレスリリース >
  2. 三菱UFJ信託銀行株式会社 >
  3. 【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.214「ESG非配慮をリスクと見做す不動産投資市場」