プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ダイソン株式会社
会社概要

ダイソン、新たなテクノロジー研究開発に向け27億5,000万ポンド1の投資計画を発表

ダイソン株式会社

ダイソンは、英国時間11月26日に、現在の製品ポートフォリオを2025年までに倍増させるため、新たなテクノロジー研究開発に27億5,000万ポンド(約3,878億円*)を投資する計画を発表しました。新たなテクノロジー研究開発を通じ、ダイソンがこれまでに培い、リーディング企業として展開してきた分野に加え、まったく新しい分野への参入を目指します。本投資は、主にシンガポール、英国、フィリピンの研究デザイン開発拠点を対象とし、ソフトウェア、機械学習、ロボット工学などにおけるエンジニアや科学者の増員計画も含まれます。
(1) 約3,878億円 / *1ポンド=141円換算

 今後、ロボット工学、次世代モーター技術、AIテクノロジー、機械学習、コネクティビティ、材料科学分野を中心にさらなる投資を実施します。主に、米国、英国、日本、シンガポールで開発中のダイソン独自の固体電池技術の商業、製品実用化を目指し、現在用いられている電池よりも安全、長寿命かつクリーンな効率的なエネルギー貯蔵の実現を見込んでいます。

“今後の発展の重要なステップとして、シンガポール、英国、東南アジアにおける事業拡大を継続していきます。エネルギー貯蔵、ロボット工学、ソフトウェアといったテクノロジー分野への投資を加速することで、製品性能が高まり、より長くご使用いただけるようになることで、ユーザーの皆さんへベネフィットをもたらすでしょう。今後5年間で既存の製品カテゴリーを拡大するとともに、ダイソンにとってまったく新しい分野に参入する予定です。これがダイソンの発展における新しい章の始まりとなるでしょう “  
ローランド クルーガー(ダイソンCEO)

シンガポール:ダイソンはシンガポールの歴史あるセント・ジェームズ発電所に新しい本社機能を集約した総合施設に計画を進めています。これに伴い、機械学習やロボット工学など、ますます多くの分野を対象とする先端的な研究開発拠点、ラボの拡張が行われます。また既存のグローバルプログラムを軸に、シンガポールに新しい大学研究プログラムを設立しテクノロジーや製品の研究開発に取り組んでいく予定です。さらにダイソンは、分散していた研究開発拠点施設を統合し、さらなる技術革新を推進すべく、シンガポールにて先端的な新製造拠点の設置を予定しています。

フィリピン:ダイソンはフィリピンのアラバンにソフトウェアに特化した研究開発拠点を新設します。カランバにある、ダイソンの製造拠点Philippines Advanced Manufacturing(PAM)施設に続くものです。PAMではダイソン デジタル モーターが年間1,300万台製造され、600名の雇用を創出しています。新ソフトウェアラボは、ダイソンのグローバル的な投資計画の一環であり、優れた性能を有し、インテリジェントに問題を解決する、新しいダイソン製品の研究開発を加速させる礎となります。

英国:ダイソンは、英ハラビントンに新設したテクノロジー キャンパスにおいて先端ロボット工学研究とAIへの取り組みを強化します。この投資は、革新的なテクノロジーと製品を生み出すという英マルムズベリーおよびハラビントンの両イノベーション キャンパスの重要な役割を明確に示しています。現在4,000名以上の雇用を創出する英国キャンパスへの新たな投資は、複数の技術分野における新たな研究を後押しすることになります。持続可能で健康的な室内環境とウェルビーイングを実現する製品の研究開発も含まれます。

【参考資料】
ダイソン インスティテュート : ダイソン インスティテュート オブ エンジニアリング アンド テクノロジー (Dyson Institute of Engineering and Technology)は、2020年10月に教育提供機関として新規学位授与権を認められました。従来の学位教育に代わるものとしてダイソン インスティテュートが設立わずか3年で、この大きな節目を迎えたことになります。これまでにダイソン インスティテュートに投じた費用は3,150万ポンド(約44億円*)となります。ダイソン インスティテュートで学ぶ学生エンジニアの学費は無償であり、学位課程に加え、ダイソン英国キャンパスでダイソンのグローバルエンジニアリング・研究・技術チームの世界的専門家とともに実際のプロジェクトに取り組みます。この取り組みを通じ得た報酬は、給与という形で学生に還元されます。入学初日から世界中の人々の暮らしを向上させる新テクノロジーの研究開発チームの一員として貢献することができます。学生が卒業後も長く留まることが理想とはいえ、ダイソンに縛られることはありません。
https://www.dysoninstitute.com/

ダイソンの大学研究プログラム:現在ダイソンは、主要な大学・研究施設と協業し進行している22件のプロジェクトに取り組んでいます。英キングス・カレッジ・ロンドン、オックスフォード大学、専門のロボット工学ラボがあるインペリアル・カレッジ・ロンドン、ケンブリッジ、エクセター、5名の博士がいるニューカッスルとの長期プロジェクトが含まれます。さらにシンガポールでも進行中のプロジェクトを含む9件の新規プログラムが始動しています。 

ダイソン ダイレクト: お客様がダイソンを通じてダイソンの新テクノロジーに触れ、体験でき、そして直接購入できるような、ダイソンとお客様のタッチポイントの拡大・改革に取り組んでいきます。2019年、ダイソンは100店舗以上、またコロナ禍にもかからず、2020年には30の店舗をオープンしました。現在ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、北京、ドバイ、ムンバイ、東京、バンコク、シンガポール、上海などの都市でDyson Demoストアを展開しています。

ダイソンのグローバル研究開発 : ダイソンのグローバル研究開発は、英国、シンガポール、フィリピン、マレーシア、米国、日本、中国にて展開、実施しています。英ハラビントンの第二次世界大戦当時の飛行場を改修し、英国内第2のテクノロジーキャンパスへと生まれ変わりました。ハラビントンキャンパスとともに、2019年には英マルムズベリーにある75エーカー(約30.3平方メートル)のテクノロジーキャンパスの改修プログラムが完了しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.dyson.co.jp/
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

ダイソン株式会社

36フォロワー

RSS
URL
-
業種
製造業
本社所在地
東京都千代田区麹町1-12-1
電話番号
-
代表者名
ピーター・スミス
上場
-
資本金
-
設立
1998年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード