“スキャン漏れ防止機能”搭載の最新カートがトライアル初の実店舗導入 スーパーセンタートライアル田川店に 3月8日(火)より次世代型スマートショッピングカートが本格導入開始

無人決済の課題である“棚卸時の原因不明ロス”の削減を目指す

株式会社トライアルホールディングス傘下の株式会社トライアルカンパニー(本社:福岡県福岡市、代表取締役:石橋 亮太 以下、トライアル)は、3月8日(火)にトライアル初となる“スキャン漏れ防止機能”を搭載した次世代型スマートショッピングカート(以下:SSC)を本格導入いたします。2021年6月に概要を発表しましたが、店舗への本格導入は田川店が初となります。

※IoT機器の画像はイメージです※IoT機器の画像はイメージです

■小売業界全体の課題である「棚卸時の原因不明ロス」削減を目指す
 小売市場を変革し続けるトライアルは、より多くのお客様の生活を変えていきたいという思いから、小売店での使用に特化したAIエンジン搭載カメラ「リテールAIカメラ」や、タブレットやスキャナーを装着した「スマートショッピングカート」などにより、買い物体験の改革を実現してきました。
 お客様への利便性・店舗オペレーションの効率化が図られる一方で、セルフレジ、決済機能付きカートなどのスマート決済を導入している小売店にとっては商品スキャンのうっかり忘れや万引き行為に由来する『棚卸時の原因不明ロス』の増加が大きな経営課題になっていました。
 トライアルは棚卸時の原因不明ロスに占める「商品スキャンのうっかり忘れ」や「万引き行為に由来するロス」のロス対策を建物・レイアウト構造の工夫、販売方法等を通じて行ってきました。
 この課題をさらに解決すべくこの度決済機能付きカート利用時の『棚卸時の原因不明ロス』削減への有効性が認められた”スキャン漏れ防止機能“を搭載した次世代型SSCを本格稼働させることに至りました。

 ”スキャン漏れ防止機能“とは、お客様がうっかりスキャンし忘れた商品がカートのカゴに入れられると自動検知し、カート上のタブレットにアラートが表示される仕組みとなっており、お客様は正しく商品をスキャンし直すことで買い物を続けることが可能になります。

■小売業の決済現場におけるロス対策の変遷〜最先端の対策へ
 小売業における決済現場での棚卸時の原因不明ロスは、古くは防犯カメラをレジに設置することでその多くを削減してきました。セルフレジ登場以降は防犯カメラ・商品スキャン前後の秤技術などにより「うっかり忘れ」と「万引き」を削減してきました。
 そして近年のトライアルグループを含む多くの企業が導入を開始したスマート決済に関連する『棚卸時の原因不明ロス』はこれまで同様に「うっかり忘れ」と「万引き」に起因して再び課題となっております。
 私たちトライアルグループは、買い物中のスキャンの「うっかり忘れ」や、「万引き」をさらに防止すべく、アイランドシティ店にて“スキャン漏れ防止機能”付きの次世代型SSCを実証実験してまいりました。この度、次世代型SSCの本格導入を決定し業界最先端の対策を講じることになります。

 今回、田川店は次世代型モデル中型を140台本格導入し『棚卸時の原因不明ロス』削減を目指して運用を進めてまいります。
 その他、次世代型の変更点として挙げられるのは、機体の軽量化です。従来のSSCに比べ約4分の1軽くなっており、操作性が高まりました。高齢者などより多くの方に使っていただけるようにモデルを一新しています。さらに、15台まで連結させて自動充電を行えるなど、店舗運営面での利便性も向上しています。
 今後もトライアルはさらなる小売市場の変革を進め、お客様の生活をより良いものにすべく邁進してまいります。

■スマートショッピングカート次世代モデル特徴
旧モデルが既存のショッピングカートにタブレットやスキャナーを装着してスマート化しました。次世代モデルは始めからスマートカートとしてデザインし、使いやすさを追求しています。

自動検知アラーム画面自動検知アラーム画面

次世代モデル小型・次世代モデル中型次世代モデル小型・次世代モデル中型

▶ハードウェア面
・店内UX向上を目指した、「軽い」「画面が見やすい」、かつ「商品を入れやすい」デザイン設計
・商品のスキャン漏れ時に発動する自動検知アラーム装置付き
・会計後の詰め替えが不要な、マイバッグを取り付けられる設計
・最大15台接続して充電が可能な設計
▶ソフトウェア面
・ネットリテラシーを問わないUI設計
・チュートリアルやガイド機能の充実
・AIレコメンドシステム
 -270億件のID-POSデータを情報化した社内開発のレコメンデーションアルゴリズム
   -パーソナライズされたリアルタイムレコメンド
 -定期的な学習により、季節性や商品の移り変わりを考慮可能なレコメンドモデル
▶ビジネスモデル
・初期費用を抑え、導入へのハードルを下げる月額サブスクリプションプランを新設

スーパーセンタートライアル田川店 概要
開店日  :3月8日(火)
住所   :福岡県田川市伊田4616
取扱商品 :生鮮食品、食品、弁当・惣菜、酒、日用品、他
営業時間 :24時間(年中無休)
電話番号 :0947-46-2237
駐車場    :有
店舗URL:https://www.trial-net.co.jp/shops/view/66

<株式会社トライアルカンパニー 会社概要>
代表者      :代表取締役 石橋 亮太
本社所在地    :福岡県福岡市東区多の津1-12-2 トライアルビル
設立       :1981年7月
資本金      :21億2335万300円
売上高      :5,227億円(2021年3月期)
事業内容     :小売/ソフトウェア開発/物流/商品開発・製造
URL                      :https://www.trial-net.co.jp/

 <一般のお客様お問い合わせ先>
店舗に関するお客様相談室
TEL        :0120-033-559
受付時間     :9時~22時

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トライアルホールディングス >
  3. “スキャン漏れ防止機能”搭載の最新カートがトライアル初の実店舗導入 スーパーセンタートライアル田川店に 3月8日(火)より次世代型スマートショッピングカートが本格導入開始