ヘルスケアテクノロジーズ 健康優良企業「銀の認定」取得について

ソフトバンク株式会社の子会社であるヘルスケアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:大石 怜史、以下「ヘルスケアテクノロジーズ」)は、関東ITソフトウェア健康保険組合に「健康企業宣言」を行い、健康保険組合連合会東京連合会に健康経営に向けた取り組みが評価され、健康優良企業「銀の認定」を取得いたしました。(健康優良企業認定番号 健銀第2117号)
今後も従業員が心身ともに働きやすい環境づくりを目指し、引き続き健康経営への取り組みを積極的に行ってまいります。

健康宣言及び健康優良企業認定について
健康企業宣言とは、企業全体で健康づくりに取組むことを宣言し、その取り組みのサポートを健康保険組合および健康保険組合連合会東京連合会と共同で行い、取り組みによって一定の成果を上げた場合は「健康優良企業」として認定されます。

ヘルスケアテクノロジーズの取り組み
当社が、企業、自治体向けに提供しているヘルスケアアプリ「HELPO」を利用し、運動不足、コミュニケーション不足を改善するためのウォーキングイベントを当社従業員向けに定期的に実施しています。
また、運動機会の提供だけではなく、従業員自ら自身の健康を気にかけられるように、医療従事者等によるセミナーやコラムの配信を通して健康に関するリテラシー向上に努めています。
 

 


<ヘルスケアテクノロジーズ株式会社について>
ヘルスケアテクノロジーズ株式会社は、ソフトバンク株式会社がDX(デジタルトランスフォーメーション)領域でヘルスケア分野のさまざまな社会課題の解決を推進するため、2018年10月に設立した会社です。人々の健康増進や医療資源の最適化、国民皆保険の維持に貢献するため、ヘルスケアプラットフォームを提供しています。2020年7月から提供を開始した「HELPO」は、病気の予防や未病改善、健康増進に役立つ機能をワンストップで提供するヘルスケアアプリです。利用者は、スマートフォンなどから健康に関する悩みをチャット形式で気軽に相談できる他、自分の目的に合った病院の検索や一般用医薬品の購入ができます。
「HELPO」の詳細については、以下をご覧ください。

https://healthcare-tech.co.jp/service/

 

また、2021年2月には、個人向け唾液PCR検査サービス「HELPO PCR検査パッケージ」の提供を、SB新型コロナウイルス検査センター株式会社と共同で開始しました。2021年6月には株式会社MICINとの協業の下でオンライン診療サービス機能を、2021年11月には東京大学センター・オブ・イノベーション「自分で守る健康社会拠点」の「MIRAMED(ミラメド)」をベースに開発した「HELPO 遠隔特定保健指導」を、それぞれ「HELPO」に追加しました。

・ SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・ その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

  1. プレスリリース >
  2. ヘルスケアテクノロジーズ株式会社 >
  3. ヘルスケアテクノロジーズ 健康優良企業「銀の認定」取得について