【全国初】STEAM教育の可能性と大分の未来を考える「STEAMフェスタ」が閉幕 県内高校生200名がオンラインで参加!

ー宇宙を見上げて、大分の未来を考えるー”大分型”STEAM人材育成事業が本格始動!ー

STEAM教育や宇宙科学技術を通じて、大分県から次世代人材の育成を目指す「STEAMフェスタ(主催:大分県教育委員会・協力:(株)Barbara Pool/一般社団法人STEAM JAPAN)」が、7月22日(木・祝)にオンラインで行われました。大分県内25校の高校1〜2年生約200名が参加し、STEAM教育の可能性や先端技術の未来を体感しました。
STEAM教育とは、現代社会の課題を解決する力を養う新しい教育モデルです。アジア初となる大分空港のスペースポート化構想(2022年予定)を踏まえ、大分県教育委員会では、全国に先駆け、STEAM教育やSDGsなどを通じて、分野横断的な視点でグローバルに活躍できる次世代の育成を目指しています。
 



 生徒たちは、講演を通じて新しい学びの形やクリエイティブになる方法を考えたり、実際に宇宙や沖縄をテーマにアイデアを具体化させるワークショップにも挑戦しました。STEAMフェスタ当日の様子を、簡単にレポートいたします。


 

1.STEAM教育と未来(登壇者:東京学芸大学大学院・大谷教授、STEAM JAPAN 編集長・井上)
「そもそもSTEAM教育とは何か」「なぜ”学び”の形が変わる必要があるのか」「これからの時代はどうなるのか」など、STEAM教育に関する素朴な疑問や可能性について、さまざまな話題について議論しました。時折、オンライン上でできるクイズやアンケートを交えながら、インタラクティブに講義を行いました。
 



2.はみだす力(登壇者:アーティスト・スプツニ子!氏)
「はみだす力」と題して、アーティストのスプツニ子!さんにご登壇いただきました。クリエイティブになることは特別なことではなく、誰もがクリエイティブになれる。自分自身の好奇心に蓋をせずに、深く没頭して、課題解決の方法を一人ひとり自分らしく表現する。スプツニ子!さんの体験談や作品を通じて、自分自身の可能性を信じることができれば、誰もがクリエイターにもアーティストにもなれることを学びました。


3.「オリジナル宇宙食・防災食を考えよう」(協力:JAXA宇宙教育センター)
J A X Aコースでは「宇宙食と防災食」をテーマに、オリジナルの防災食を開発しました。宇宙という極限状態で提供される“食”と、災害現場における“食”は非常に通じるものが多いといいます。対象者やコンセプト、防災食に必要な工夫、大分ならではの特色など、防災食を多角的に分析し、それぞれのグループでオリジナルのメニューをつくりあげました。
 

 

 



4.「沖縄から地球の未来を考えよう」(協力:沖縄科学技術大学院大学)
O I S Tコースでは、沖縄の海に住む熱帯魚(カクレクマノミ)の研究を通じて、環境と海の関係、人間と魚の新しい関係を考える科学的探究に挑戦しました。社会の課題に対して、問いを追い求める重要性や自分の好奇心が研究につながり、世界を変えるきっかけになるかもしれないということを、ワークショップを通じて体感してもらいました。
 



4.課題探究のススメ(登壇者:広尾学園中学校・高等学校・木村健太先生)
フェスタの最後には、広尾学園中学校・高等学校の木村先生にご登壇いただき、高校生には無限の可能性があることや学びの楽しさについて、熱く語っていただきました。木村先生は「サポートは教員の仕事だが、“学び”のきっかけは、生徒一人ひとりの好奇心や意思」と説明した上で「生徒が変われば、先生が変わる。そして学校が変わる。そうして社会が変わっていく」と熱く語ってもらいました。
 

 



【概要】
タイトル:STEAMフェスタ
日時:令和3年7月22日(木) 9:30~17:00
場所:Zoomによるオンライン開催
主催:大分県教育委員会(協力:(株)Barbara Pool/一般社団法人 STEAM JAPAN)
公式ウェブサイト:https://www.oitasteam.jp
 

 



【登壇者プロフィール】
・井上祐巳梨:(株)Barbara Pool代表取締役/一般社団法人STEAM JAPAN代表理事/STEAM JAPAN編集⾧
・大谷忠教授:東京学芸大学大学院教育学研究科教授/特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所理事⾧/一般社団法人STEAM JAPAN 理事
・スプツニ子!氏:アーティスト/東京芸術大学デザイン科准教授/元マサチューセッツ工科大学助教
・木村健太氏・広尾学園中学校・ 等学校医進・サイエンスコース統括⾧/情報経営イノベーション専門職大学客員教授/経済産業省産業構造審議会委員/商務流通情報分科会委員 「未来の教室」委員/科学技術振興機構ジュニアドクター 成塾推進委員/一般社団法人STEAMJAPAN理事


*本事業の取り組み、取材をご希望の場合は、株式会社Barbara Pool( 080-3781-4079)までお電話ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Barbara Pool >
  3. 【全国初】STEAM教育の可能性と大分の未来を考える「STEAMフェスタ」が閉幕 県内高校生200名がオンラインで参加!