中古スマートフォン・タブレット端末の法人向けレンタルサービス「Belong One」の開始について

東京センチュリー株式会社(代表取締役社長:野上 誠) と伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠商事」)が100%出資(間接保有含む)する株式会社Belong(代表取締役社長:井上 大輔、以下「Belong」)は、法人向け中古スマートフォン・タブレット端末のレンタルサービス「Belong One」(https://belong.co.jp/business/)の提供を開始いたします。「Belong One」のサービスを通じてスマートフォン・タブレットのリユースの拡大に取り組むことにより、サーキュラーエコノミーの実現に貢献してまいります。
新型コロナウイルスの影響によるテレワーク文化の浸透や、店頭におけるPOS端末、タクシー内モニター、ギグワーカーの増大など、あらゆる場面でスマートフォン・タブレット端末の利用意向が高まっております。特に法人市場においては、情報セキュリティ対応や端末の初期設定など、各法人における業務負荷を改善しながら、コストコントロールも実現できるサービスが求められております。このような市場のニーズに対応すべく「Belong One」は、法人のお客様向けに高品質な中古スマートフォン・タブレット端末を月額数百円台から提供するレンタルサービスです。

中古スマートフォンを中心に国内外で数多くの仕入・販売実績を有する伊藤忠商事グループのネットワークと東京センチュリーの多様な金融・サービス機能を融合させることにより、法人のお客様に対して競争力の高いレンタルサービスの提供が可能となります。また、本サービス終了後も端末の整備を実施し、再利用が可能となるため、スマートフォン・タブレットのリユースの更なる拡大につながるなど、サーキュラーエコノミーの実現にも貢献する社会的意義の高い取り組みであります。

両社の役割としては、Belongが中古スマートフォン・タブレット端末の仕入れ、キッティング・保守を行い、東京センチュリーは端末の所有にかかる事務管理、ファイナンスの提供などを担います。さらに東京センチュリーは、東京センチュリーグループのお客様に本サービスを提案するなどの営業サポートならびにリース期間が満了したスマートフォン・タブレット端末の一部をBelongに売却することにより、本サービスの普及・拡大にも貢献する考えです。

Belongは、2019年の携帯端末と通信料金の分離義務付け等の市場の変化に伴い、国内の中古モバイル市場の拡大を見込み設立され、現在は法人・個人問わず中古デバイスに関するサービスを展開しております。

東京センチュリーは、国内外のパートナー企業との共創による『⾦融×サービス×事業』を融合した独自のビジネスモデルを展開しております。今後もESG・SDGs を意識した金融・サービスの創出に注力することにより、持続可能な循環型経済社会の実現に貢献してまいります。

 

  • 【本サービススキーム図】
 

  
  • 【Belong法人向けサイトサービス】
 


【株式会社Belong概要】

 

社名 株式会社Belong
設立 2019年2月
代表者名 代表取締役社長 井上 大輔
所在地 東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目8-10 外苑マンション301
資本金 1億円
株主 伊藤忠商事株式会社 100%
事業内容 中古スマホの小売・卸売業
HP https://about.belong.co.jp/

 

【本件に関するお問い合わせ先】
東京センチュリー 広報IR部
tel 03-5209-6710

【東京センチュリーについて】
東京センチュリーは、リースを祖業とし、国内外のパートナー企業との共創による「金融×サービス×事業」を融合したビジネスモデルを展開する業界トップクラスの金融・サービス企業です。
広範な顧客基盤を有する「国内リース事業分野」、法人・個人向けオートリースにレンタカーを加えた「国内オート事業分野」、航空機や不動産を中心に成長を牽引する「スペシャルティ事業分野」、世界30以上の国と地域に拠点網を有する「国際事業分野」の4つの分野で事業を展開。幅広い事業領域で社会課題の解決に貢献する独自の金融・サービスを提供しております。


 
  1. プレスリリース >
  2. 東京センチュリー株式会社 >
  3. 中古スマートフォン・タブレット端末の法人向けレンタルサービス「Belong One」の開始について