アプリケーション・デリバリ・コントローラ PAS‐Kリニューアル

可用性を拡大させる1U筐体、セキュリティの向上、10Gポートを全機種標準装備


株式会社パイオリンク(本社:韓国・以下パイオリンク)は、PAS‐Kシリーズのリニューアルモデルを2018年8月8日より発売いたします。PAS‐Kは、大容量のトラフィック負荷分散機能に加え、アプリケーション転送効率を高めるための多様なアクセラレーション機能に対応するアプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)です。

PAS‐Kの特徴は、アプリケーションの可用性とセキュリティのための高性能処理、及び拡張性を高めるため設計され、基本機能である負荷分散を充実させた製品です。独自のハードウェアとソフトウェアを緊密に連携して最適化することで、負荷分散機能に加えてアクセラレーション機能、セキュリティ機能などを1台で実現します。

主なリニューアルの内容は、全機種を1Uモデルに統一、10Gポートを標準装備、SSL性能を2倍に強化。パイオリンク PAS-Kは、サービスの可用性、性能、セキュリティなどの価値をご提供することでアプリケーションユーザーにサービスへの信頼度と満足度を高めます。




■PAS-Kの特徴

「可用性の保証」

1.さまざまな負荷分散に対応するPAS-Kは、サーバのみならずファイアウォール、VPN、ゲートウェイなどにも適用可能。
2.ゲートウェイ負荷分散、グローバルサーバ負荷分散に対応。
3.トラフィック輻輳制御及び接続保証 適切なトラフィック調整で、サーバーダウンを防止。

「性能強化」

1.メモリキャッシュ機能で、サーバの代わりにリクエストを一時保存。
2.主なコンテンツを圧縮転送するHTTP圧縮、およびFEO機能。
3.SSL機能を従来の約2倍に強化。

「柔軟な管理」

1.スクリプト基盤の言語を用いて、機能の組み合わせ活用が可能。
2.VMware vRealize Orchestratorのプラグインに対応。
 


■詳細は、こちら
http://www.piolink.co.jp/sec1/sec_02.html




【株式会社パイオリンクについて】

PIOLINKは、クラウドデータセンターの最適化ソリューションを開発する専門企業です。データセンターの輻輳するトラフィック、クラウド、ビッグデータの急激な変化及びダイナミックなネットワークのインフラに対してサービスの可用性、性能、セキュリティ、マネジメントを最適化してまいります。増加するモバイル機器とスマートワーク環境において企業のサーバ集中化、仮想化環境での顧客データ及び企業の機密データを、当社製品を通じて保護することに努め、お客様の満足度と信頼度を高めてまいります。



【製品のお問い合わせ】

株式会社 パイオリンク
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-8-8 カールツァイス新宿別館3F
TEL: 03-5363-9100 E-mail:sales@piolink.co.jp
URL:http://www.piolink.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パイオリンク >
  3. アプリケーション・デリバリ・コントローラ PAS‐Kリニューアル