データセンタおよび放送システムに最適なレイヤ3スイッチの新シリーズを製品化

アラクサラネットワークス株式会社(本社: 神奈川県川崎市 代表取締役社長 南川育穂 以下アラクサラ)は、データセンタネットワークや放送用ネットワーク向けに最適化した新シリーズAXscala(仮称)として、集約スイッチ(Spineスイッチ)「AXscala3930S-32QW」と収容スイッチ(Leafスイッチ)「AXscala3930S-48X8QW」を製品化します。

 

 

 

                 AXscala3930S-32QW(仮称)

 

 

 

                 AXscala3930S-48X8QW(仮称 )

広帯域で高いスケーラビリティを要求されるデータセンタネットワークや放送用ネットワークでは、ネットワークを構成するアーキテクチャとして、Spine/Leafアーキテクチャ(*1)が採用される場合が多くなっています。AXscalaシリーズは、Spine/Leafアーキテクチャを構成するために必要とされる、レイヤ3処理が可能な高いポート密度を持ったスイッチです。

最近のデータセンタでは、サーバの高速化・高性能化に伴い、より広帯域で低遅延なネットワークが求められています。従来はサーバやストレージを収容するスイッチ(Leafスイッチ)は10ギガビットイーサネット(以下GbE)、Leafスイッチを集約するスイッチ(Spineスイッチ)は40GbEで接続されることが一般的でしたが、今後はそれぞれ25GbE、100GbEが必要とされます。AXscalaシリーズは、25GbE、100GbEポートを高密度で収容可能であり、データセンタネットワークの高速化に対応することが可能となります。

また、放送用ネットワークでは、4K/8K放送への対応と同時に、設備のIP化が進んでおり、広帯域なIPネットワークが必要とされています。AXscalaシリーズを用いることで、4K/8K放送に対応した広帯域ネットワークの構築が可能となります。

AXscalaシリーズの各製品は以下の特長を備えています。
  • 1Uサイズ(*2)で100GbEポートを最大32ポート収容可能(AXscala3930S-32QW)
  • 1Uサイズで25GbEポートを最大48ポート、100GbEポートを最大8ポート収容可能(AXscala3930S-48X8QW)
  • AXscala3930S-32QWとAXscala3930S-48X8QWを用いたSpine/Leafアーキテクチャ構成にて、300ポート以上の10GbE回線をノンブロッキングで収容可能
さらに、AXscalaシリーズは、社会インフラ等の高信頼が求められるネットワークに長期間使用されることを想定し、最大8年までのサポートを提供することが可能です。

AXscala3930S-32QW/48X8QWは、2019年度下期からの出荷を予定しております。

なお、2019年6月12日から幕張メッセで開催される Interop Tokyo 2019 のアラクサラブースにおいて、本製品の展示を行います。

製品一覧
モデル名 インタフェース構成 予定標準価格(税抜)
AXscala3930S-32QW 100/40GbE(QSFP28) x 32ポート 6,000,000円~
AXscala3930S-48X8QW 25/10GbE(SFP28) x 48ポート
+100/40GbE(QSFP28) x 8ポート
5,000,000円~

 

基本諸元

 

添付別紙 
AXscala3930S(仮称)基本諸元
https://prtimes.jp/a/?f=d2901-20190531-7776.pdf

*1: Spine/Leafアーキテクチャ
サーバやストレージ等を直接接続するLeaf(葉)スイッチとLeafスイッチ間を結ぶSpine(幹)スイッチの2階層で構成され、階層間をメッシュ型ネットワークで接続するネットワークアーキテクチャ。メッシュ構成のため、任意のLeafスイッチ間は必ず2ホップで接続可能、サーバなどの台数増加などに対応が容易、などの特長があり、広帯域・低遅延・拡張性が要求されるネットワークでの利用が多い。

*2: 1Uサイズ
19インチ標準ラックの高さの単位で、1U=1.75インチ=44.45mm。
AXscala3930Sの高さは、1Uに収まる43mm。

■ アラクサラネットワークス株式会社について
アラクサラネットワークス株式会社は、「快適で安心して使えるネットワークを世界の人々に提供し、豊かな情報通信社会の実現に貢献」を企業理念としています。情報ライフラインを支える概念としてギャランティード・ネットワークを提唱し、ネットワーク構築に必要な基幹系ルータおよびスイッチの開発から設計、製造、販売、保守のサービスを提供しています。
会社名 アラクサラネットワークス株式会社
設立日 2004年10月1日
代表者 代表取締役社長 南川育穂
資本金 55億円
所在地 神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目1番2号 新川崎三井ビル西棟
従業員数 約230名 (2019年3月末現在)
URL https://www.alaxala.com/

 

■ 商標名称等に関する表示
イーサネットは、富士ゼロックス(株)の登録商標です。
その他本文に記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

■ 製品に関するお問い合わせ先
アラクサラネットワークス株式会社 第一ネットワークシステム本部
 〒212-0058 神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目1番2号 新川崎三井ビル西棟
 URL: https://www.alaxala.com/jp/contact/

■ 報道機関お問合わせ先
アラクサラネットワークス株式会社 広報担当 【担当: 新井、林、綿貫】
 〒212-0058 神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目1番2号 新川崎三井ビル西棟
 電話:044-549-1706(ダイヤルイン)
 URL: https://www.alaxala.com/jp/contact/

このプレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、最新の情報と異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
  1. プレスリリース >
  2. アラクサラ >
  3. データセンタおよび放送システムに最適なレイヤ3スイッチの新シリーズを製品化