病院会計にゆとりを求め「ライフカード」と国内最大規模の「慶應義塾大学病院」が業務提携 ~エクスプレス会計で病院会計の待ち時間をゼロに~『KEIO MED EXPRESS CARD』の募集開始

 ライフカード株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役: 木下 正一)と慶應義塾大学病院(所在地:東京都新宿区、病院長:北川 雄光)は、提携クレジットカード『KEIO MED EXPRESS CARD』の募集を2018年2月5日(月)より開始いたします。
 民間の個人消費におけるキャッシュレス決済が進む中、医療機関(病院・一般診療所・歯科診療所、以下「医療機関」)会計においても、クレジットカード決済を導入する病院は増加しております。しかし、全国約18万ある医療機関で見るとクレジットカード決済を導入している先数はごく僅かとも言われており、ここから医療機関会計におけるカード決済比率は低位であることが伺えます。

 

~エクスプレス会計で病院会計の待ち時間をゼロに~
『KEIO MED EXPRESS CARD』


 こうした状況を踏まえ、ライフカードと慶應義塾大学病院は医療機関会計におけるクレジットカード決済を普及すべく、その付加価値として、医療機関会計の待ち時間解消を追及した「会計待ち時間ゼロ」のエクスプレス会計『KEIO MED EXPRESS CARD』を発行いたします。
 KEIO MED EXPRESS CARDは、医療機関会計が現金精算より短縮されるのはもちろんのこと、従来のクレジットカード決済よりスピーディな会計が行えることも特徴です。また医療機関側にとっても会計の収納事務が軽減され業務の効率化に繋がります。

 


■エクスプレス会計とは
 診療終了後、会計の手続きを経ずにご帰宅いただけるサービスです。従来では診療後に会計を待つ必要がありましたが「エクスプレス会計」ではその待ち時間が「ゼロ」で帰宅することができます。受付時に診察券と一緒に提示するだけで、その日の会計手続きが完了です。従来のクレジットカード決済より更にスピーディな会計です。
 

 


■カード概要

※2018年4月2日より、外科、整形外科・泌尿器科のブロック受付で取り扱いを開始し、5月7日から順次拡大予定です。

■ライフカードの今後の取り組み
 病院でのカード決済は、利用者サービスの一層の向上、医療費の収納事務の効率的・効果的実施の推進等を図る観点から、国でもその導入を推進されております。
 ライフカードはこうした状況を踏まえ、今後も医療機関にエクスプレス会計を利用したクレジットカードの導入に取り組んでまいります。
 

 

 



【慶應義塾大学病院】
高度の医療を提供するとともに、高度な医療に関する研究・開発・評価・研修などを行う機能を有する「特定機能病院」として運営しています。また、一日に平均3,000人の外来患者が来院される国内最大規模の病院です。
慶應義塾大学病院HP:http://www.hosp.keio.ac.jp/ 

【ライフカード株式会社】
「Be Unique!」をコンセプトとし、枠にはまることのない斬新な発想力で果敢に挑戦し、独自のユニークな商品・サービスを提供し、お客様のニーズにお応えしております。
ライフカードHP : http://www.lifecard.co.jp/


<本リリースに関する問合せ先>
ライフカード株式会社 広報課 TEL:03-4503-5120
慶應義塾大学病院 総務課 TEL:03-5363-3611

  1. プレスリリース >
  2. ライフカード株式会社 >
  3. 病院会計にゆとりを求め「ライフカード」と国内最大規模の「慶應義塾大学病院」が業務提携 ~エクスプレス会計で病院会計の待ち時間をゼロに~『KEIO MED EXPRESS CARD』の募集開始