“自由を抱きしめよう”

Gapは2017年もダイバーシティ&インクルージョン、そして平等の精神を掲げ一人ひとりが自分らしく輝きながら生きる社会を応援します。

1969年、Gapはアメリカ/サンフランシスコで創業以来、カスタマーとエンプロイーの個性と多様性、そしてインクルージョンを尊重してきました。この企業文化を背景に、人種、肌の色、年齢、性別、性別認識、性的指向、宗教、国籍、精神的または身体的な障害をはじめとする様々なダイバーシティに対して、公平かつ平等であることを掲げてきました。カスタマーに対しても、エンプロイーに対しても、公正さ、尊厳、そして敬意を持って接することは、ブランドのコアバリューのひとつです。

Gapは2014年から国内のアパレル企業としてはいち早く、ストアのファサードロゴやショッピングバッグ、SNSのアイコンを通常のGapブルーからレインボーカラーに彩り、LGBT*をはじめとするさまざまなコミュニティへサポートを行ってきました。
2017年、Gapは一人ひとりが違うことを互いに認め合い、受け入れ合うことで、個性を輝かせる社会のサポートを目的に、今年も4月27日からGapフラッグシップ原宿をはじめ、全国のストアでさまざまな取り組みを実施します。
1969年、Gapはアメリカ/サンフランシスコで創業以来、カスタマーとエンプロイーの個性と多様性、そしてインクルージョンを尊重してきました。この企業文化を背景に、人種、肌の色、年齢、性別、性別認識、性的指向、宗教、国籍、精神的または身体的な障害をはじめとする様々なダイバーシティに対して、公平かつ平等であることを掲げてきました。カスタマーに対しても、エンプロイーに対しても、公正さ、尊厳、そして敬意を持って接することは、ブランドのコアバリューのひとつです。

Gapは2014年から国内のアパレル企業としてはいち早く、ストアのファサードロゴやショッピングバッグ、SNSのアイコンを通常のGapブルーからレインボーカラーに彩り、東京レインボープライド、OUT IN JAPAN、Tokyo Superstar Awardsなど、セクシュアル・マイノリティを支援する団体とのパートナーシップを通して、LGBT*をはじめとするさまざまなコミュニティへサポートを行ってきました。

2017年、Gapは一人ひとりが違うことを互いに認め合い、受け入れ合うことで、個性を輝かせる社会のサポートを目的に、今年も4月27日からGapフラッグシップ原宿をはじめ、全国のストアでさまざまな取り組みを実施します。東京レインボープライド2017では、人気アーティスト とんだ林蘭氏デザインによるオリジナルTシャツとトートバッグをチャリティ販売。この売上げはすべて東京レインボープライドの支援活動の一部に役立てられます。

また、全国のストアでは期間限定で通常のGapブルーからレインボーカラーに変身したショッピングバッグを配布し、さらに主要ストアスタッフがGapオリジナルプライドTシャツを着用し、ダイバーシティ&インクルージョンへの賛同を表明します。

*LBGT レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーをはじめとする、セクシュアル・マイノリティの総称。

 
Gapフラッグシップ原宿での取り組み

実施:2017年4月27日よりスタート
・ Gapフラッグシップ原宿のファサードロゴをレインボーロゴに変更。
・レインボーカラーを通りぬける、体験型インスタレーションを展開。
・ 5月6日(土) 13:30~17:30 Gap x fancyHIM(http://www.fancyhim.com/) による
 DJ Eventを開催。イベント当日は先着でフリードリンクをサービス。
※fancyHIM:東京の刺激的なカルチャーを国内外に発信し続ける進化系のエレクトロイベントを開催

 

 



 全国のGapストアでの取り組み
・全国のGapストアにて限定のレインボーロゴショッパーを配布。 *2017年5月3日より配布。なくなり次第終了
・期間中、全国主要店舗スタッフがGapプライドTシャツを着用し、サポートを表明。
・Gapフラッグシップ原宿・銀座、新宿フラッグスにて、
 グローバル展開されるGapプライドTシャツを数量限定で販売します。*2017年4月下旬発売予定

 

 

 

Tokyo Rainbow Pride 2017へのサポート ( http://tokyorainbowpride.com/)

・  東京レインボープライド協賛
・  人気イラストレーター とんだ林蘭氏デザインによるGapチャリティTシャツ・トートバッグを
 チャリティ販売。(Tシャツ2500円、トートバッグ1000円)
   *売上金は全て、東京レインボープライドの活動資金の一部に役立てられます。
 関連ハッシュタグ:#rainbowgap  #TRP2017


*とんだ林蘭|TONDABAYASHI RAN www.tondabayashiran.com
1987年生まれ、東京を拠点に活動。コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて作品を制作する。猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現を得意とし、名付け親である池田貴史(レキシ)をはじめ、幅広い世代の様々な分野から支持を得ている。木村カエラ、東京スカパラダイスオーケストラなどの音楽アーティストや、MIHARAYASUHIROなどのファッションブランドへも作品提供を行うなど、精力的に活動の場を広げている。


Gapオンラインマガジンでの紹介(http://www.gap1969.jp/about_gap/rainbowgap/
日常をちょっぴり豊かにするためのインスピレーションとして、スタイリングのアイデアや様々な“個性”にスポットを当てていくGapのウェブマガジン『Gap 1969 Magazine』(www.gap1969.jp)にて、Gapのダイバーシティに対する姿勢やこれまでの取り組み、本年の活動を紹介する特別ページを公開。
*2017年5月中旬にレポートページ公開予定

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. ギャップジャパン株式会社
  3. “自由を抱きしめよう”