与那国町と与那国町診療所、医療体制の維持および島民の治療継続のために、全島民約1,700人を対象としたオンライン診療実証を開始

離島医療の課題解決に向けた新たな取り組み

沖縄県与那国町(町長:外間 守吉)と与那国町診療所(所長・医師:崎原 永作)は、沖縄セルラー電話株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:湯淺 英雄、以下「沖縄セルラー」)と株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役医師:豊田 剛一郎、代表取締役社長 瀧口 浩平、以下「メドレー」)の協力のもと、離島における医療体制の維持および島民の治療継続を目的に、与那国島の全島民を対象とした「CLINICS(クリニクス)」を活用したオンライン診療実証事業(※)を12月16日より開始します。

与那国島唯一の医療機関である与那国町診療所では、医師1人が全島民約1,700人(月間患者数 約700人)の診療を行っており、医師不足が顕著となっています。このような状況で医療従事者が新型コロナウイルスに感染した場合、島民に対して必要な医療を提供できなくなるため、地域医療にとって極めて深刻な事態となります。また、患者にとっても、コロナ禍における医療機関への移動や待合室での待ち時間は感染リスクを上げてしまうという懸念があり、治療継続におけるハードルとなっています。

この状況を解決するために、与那国町と与那国町診療所は、オンライン診療領域で豊富な実績を持つメドレーの「CLINICS」を活用して、与那国島の全島民がオンライン診療を受けることができる体制・環境を構築することとしました。本実証事業において、沖縄セルラーは、島民がオンライン診療を受けるための活用支援や緊急時に使用できるタブレット端末の手配、メドレーは医療機関・沖縄セルラーとともにオンライン診療の各種サポートを行います。

与那国町と与那国町診療所は、離島医療の課題解決の手段の一つとして、沖縄セルラーとメドレーと連携して与那国島におけるオンライン診療の活用を推進してまいります。

※実証事業期間:2020年12月16日〜2021年2月28日


<与那国町 外間 守吉 町長のコメント>
「与那国島は日本最西端に位置しており、透明度の高い海や豊かな自然に囲まれた魅力的な島である一方、従前より医療資源(人材・設備等)が乏しく、行政としても島民の健康維持の側面から医師不足を深刻な問題として捉えてきました。日本は人口千人あたりの医師数が2.4人と低い水準(※)ですが、与那国島は人口約1,700人に対して医師がたった1人です。このことからも医療体制の逼迫度合い、医療者負担の深刻さが分かると思います。そんな中、新型コロナウイルスの感染が始まったため、医師や看護師、事務員の感染を防ぎ、かつ島民においても感染リスクを抑えながら治療を続けられるように、与那国町診療所の崎原医師と相談してオンライン診療に取り組むこととしました。本実証を通じて、全島民と一丸となり新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めるとともに、全島民の健康と安心を守ってまいります。また、島民にとって有益であれば、オンライン診療等のITを活用した他の取り組みも、与那国町診療所と連携して進めていければと考えています。」

※参考:「Health at a Glance 2019」OECD INDICATORS


<与那国町診療所所長 兼 沖縄県へき地医療支援機構専任担当官 兼 公益社団法人 地域医療振興協会沖縄県地域医療支援センター長 崎原 永作 医師のコメント>
「与那国島でも新型コロナウイルス感染者が出ていますが、国内での新型コロナ発生当初から島民は不安に包まれ、基礎疾患を持っている方やご高齢の方の受診控えが続出しました。しかし、感染の不安から受診を控えて重症化してしまうことは避けなければいけません。与那国町診療所では、患者さんの不安を払拭するために一般外来と発熱外来の導線を分けるなど環境整備をしてきましたが、島民の不安は完全には拭い切れません。また、万が一、島で唯一の医療機関である診療所のスタッフが新型コロナに感染してしまうと、全ての医療サービスが提供できなくなります。オンライン診療の有用性としては、患者さんの通院負担を軽減しながら、非接触のため医療者のリスクも軽減でき、新型コロナの感染拡大防止につなげることもできるのではないかと考えています。今回の実証事業では、まずは発熱患者さんを対象にオンライン診療を活用していきます。与那国島の全島民にとって意義のある取り組みにしていきたいと考えていますが、本実証でオンライン診療の有用性が示されれば、24時間・365日離島で頑張っている20の離島診療所のメンバー達へ成果を共有したいと考えています。今後も、離島医療が直面するさまざまな課題を解決していくために、あらゆる可能性や施策に取り組んでまいります。」


■「CLINICS(クリニクス)」について
離れた場所にいる医師と患者をビデオチャットでつなぐ「オンライン診療」をスムーズに実施するための各種機能を備えた、シェアNo.1(※)のオンライン診療システムです。患者は自宅等からスマートフォンやパソコンのビデオチャットを通じて医師の診察を受けることができます。2016年2月の提供開始以降、全国の診療所や大学病院などで幅広く活用されています。
【医療機関向け】https://clinics-cloud.com/online
【患者向け】https://clinics.medley.life

※出典元:「2020年版 医療ITのシームレス化・クラウド化と医療ビッグデータビジネスの将来展望 No.1 医療IT・医療情報プラットフォーム編」(富士経済社、2020年1月7日)


■与那国町 概要
【首長】 町長:外間 守吉
【町役場所在地】 沖縄県八重山郡与那国町字与那国129
【URL】 https://www.town.yonaguni.okinawa.jp

■与那国町診療所 概要
【代表】 所長・医師:崎原 永作
【所在地】 沖縄県八重山郡与那国町字与那国125-1
【URL】 https://yonaguni.jadecom.or.jp

■沖縄セルラー電話株式会社 概要
【代表】 代表取締役社長:湯淺 英雄
【所在地】 沖縄県那覇市松山1-2-1
【URL】 https://www.au.com/okinawa_cellular

■株式会社メドレー 概要
【代表】 代表取締役医師:豊田 剛一郎 、代表取締役社長:瀧口 浩平
【所在地】 東京都港区六本木 3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー22F
【URL】 https://www.medley.jp


■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
沖縄セルラー電話株式会社 広報担当:大城
【TEL】098-953-3153
【E-mail】ta-ooshiro@au-mobile.com

株式会社メドレー 広報グループ
【TEL】03-4531-5674
【E-mail】pr@medley.jp

与那国町 長寿福祉課
【TEL】0980-87-3575
【E-mail】cyouju@town.yonaguni.okinawa.jp

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メドレー >
  3. 与那国町と与那国町診療所、医療体制の維持および島民の治療継続のために、全島民約1,700人を対象としたオンライン診療実証を開始