2021年 Gartner MQ アナリティクスおよびBIプラットフォーム にてYellowfinが2年連続ビジョナリーに選出

ビジョンの完全性・実行力に基づき評価

2021年2月19日 - メルボルン:業界をリードするアクションベースのダッシュボード、自動ディスカバリー、データストーリーテリングを組み合わせた唯一のアナリティクスベンダーであるYellowfinは、Gartner, Inc.が主催する、2021年アナリティクスおよびビジネスインテリジェンスプラットフォームのマジッククアドラントにおいて、2年連続でビジョナリー(概念先行型)に選出されました[1]。
このニュースは、経営陣の拡大や、パートナーエコシステムの拡大など、Yellowfinの製品革新および顧客満足度向上に向けて躍進した昨年に続くものです。Yellowfinは先日、Yellowfin 9.4をリリースしました。これは、ビジネスユーザーがデータとつながり、それに基づきアクションを起こすためのユニークな方法を提供し、優れたアナリティクスエクスペリエンスを構築して導入したいデータアナリストおよび開発者のニーズに対応します。エンタープライズおよび組み込みアナリティクス向けのこの画期的なリリースは、自動インサイトディスカバリー製品であるYellowfin シグナルや、データストーリーテリング製品であるYellowfin ストーリーなど、業界をリードするその他のイノベーションも大幅に強化しています。

「ビジョナリー(概念先行型)に選出されることは素晴らしいですが、2年連続でこれを達成できたことは別格です」と、Yellowfin CEO Glen Rabieは言います。「このような評価を受けたことを大変嬉しく思っていますし、アナリティクス分野において真のイノベーターとしてのYellowfinの地位が認められたと確信しています。Yellowfin シグナルおよびストーリーはユニークであり、Yellowfinのアナリティクスプラットフォーム機能の並外れた広範さと組み合わせることで、顧客の複雑なデータの問題に、美しくシンプルなソリューションを提供することができます。今年再びビジョナリー(概念先行型)に選出されたことは、Yellowfinの軌跡と、ビジネスを最新化し変革するためにYellowfinに期待を寄せているエンタープライズおよびソフトウェア企業からの大きな需要を裏付けるものです。」

Gartnerが報告しているように、「拡張機能の範囲は拡大しています。元々は、セルフサービスを使用してアナリストのペルソナを支援することを目的にしていましたが、拡張機能や自動化は、エンドユーザーを直接支援するために適用されるようになり、新しいユーザーカテゴリーである、拡張機能使用者が誕生しています。これらの人々は、自分の役割やペルソナ、職務機能に関連するデータの継続的なモニタリングに基づいて自動化されたインサイトにより促進されるマシンが生成したデータストーリーの形式で、インサイトを見つけることに期待をしている非技術者ユーザーです。[2]

Gartnerからのレポートの全容は、こちらからご確認いただけます。
https://yellowfin.co.jp/campaign/gartner-magic-quadrant-for-analytics-and-bi-platforms-2021
 

[1][2]Gartner, Inc. 「アナリティクスおよびビジネスインテリジェンスプラットフォームのマジッククアドラント(Magic Quadrant for Analytics and Business Intelligence Platforms)」は、James Laurence Richardson、Rita L. Sallam、Kurt Schlegel、Austin Kronz、Julian Sunにより、2021年2月15日に公開されています。

Gartner 免責事項
Gartnerは、調査出版物に記載されているベンダーや製品、サービスを保証するものではなく、技術ユーザーへ、最高評価やその他の指定があるベンダーの選択のみを勧めるものではありません。Gartnerの調査出版物は、Gartnerの調査組織の意見を基に構成されており、事実の供述として解釈されるべきではありません。Gartnerは、製品の市場性や、特定の目的に対する適合性の保証を含み、本調査に関する明治性、または黙示的な保証を一切放棄します。
 

Yellowfinについて
Yellowfinは、自動化で強化されたワールドクラスの製品スイートを提供する、ビジネスインテリジェンスおよびアナリティクスのグローバルソフトウェアベンダーです。Yellowfinは、世界をリードするアナリスト企業から、イノベーターの評価を得ています。50の国々に渡り、29,000を超える組織で、300万人を超えるエンドユーザーが、日々Yellowfinを使用しています。より詳細はYellowfinウェブサイトをご確認ください。

社名 :Yellowfin Japan 株式会社
本社 :東京都中央区日本橋小網町11-8
代表者:代表取締役 CEO Glen Rabie ( グレン・ラビー )
設立 :2014年10月31日
https://yellowfin.co.jp
 

Yellowfin - Gartner MQ 21 for BI_VisionaryYellowfin - Gartner MQ 21 for BI_Visionary


※全てのロゴ、会社名、製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Yellowfin Japan株式会社 >
  3. 2021年 Gartner MQ アナリティクスおよびBIプラットフォーム にてYellowfinが2年連続ビジョナリーに選出