インバウンド向け「オンライン商談会」サービス開始:海外旅行代理店と日本の自治体・地域事業者をつなぐ

コロナ禍でも海外向けセールスを安全に実施。インバウンド業界最大級メディア 訪日ラボが「低コスト×高効率×充実サポート」の商談会を提案。

日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」およびインバウンド対策サービス比較サイト「訪日コム」を運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区)は、日本の自治体や地域事業者(インバウンド関連)と海外旅行代理店との商談をWEB上で実現させる「オンライン商談会」サービスを開始しました。ウィズコロナ、そしてアフターコロナのフェーズにおいても有効な「ニューノーマル」なセールス手法として提供します。

オンライン商談会実施イメージオンライン商談会実施イメージ

オンライン商談会とは:海外旅行代理店との商談をWEB上で
「オンライン商談会」とは、訪日ラボ独自のネットワークで、「海外旅行代理店」と「日本の地方自治体/DMO/観光協会/民間企業」をマッチングし、オンライン会議システムを通じてオンライン上で商談会を実施するサービスです。
従来の海外での商談会、旅行博、セールスコール(*1)で大きな負担となるコストを省き、効率よく、また昨今のコロナ禍でも安全に商談を実施できるサービスです。
*1:海外に赴き、現地の旅行代理店等に営業活動をすること

※詳細な情報及びお問い合わせ方法につきましては、訪日ラボの記事にてご確認いただけます。
https://honichi.com/news/2020/07/16/onlinemtg/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=onlinemtg


オンライン商談会の3つメリット:「省コスト×高効率×充実サポート」 
従来のセールス手法と比較して、「オンライン商談会」は以下のメリットがあります。

1. 大幅なコスト削減が可能
・従来のセールス手法
→時間と場所の厳しい制約が存在する。出張に向かうための交通費、宿泊費、人件費、エージェント費用が発生し、百万円単位のコストが発生するケースもある。

・訪日ラボの「オンライン商談会」なら
商談自体をWEB上で実施することにより、従来のセールス手法で発生していた移動コストや時間・場所の制約は発生しません。

2. 幅広い国・地域から商談先を選択可能
・従来のセールス手法
→限られた日数にアポイントを入れるため、本当に会いたい企業に会えないこともある。また大規模商談会は短い時間で多くの商談が連続的に組まれるため、深い話ができずに次回に繋がらないことも。

・訪日ラボの「オンライン商談会」なら
→商談相手として、中国・台湾・東南アジア・オーストラリア・ニュージーランドと有力なインバウンド市場である国・地域の旅行代理店を選択可能。事前のヒアリングで最適な旅行代理店とマッチングするので、効率の良いセールス活動が可能です。

3. 商談中〜終了後の綿密なサポート体制
・従来のセールス手法
→商談中のアシストや商談後のフォローがうまくいかず、話が立ち消えになってしまうことも。

・訪日ラボの「オンライン商談会」なら
→訪日ラボも商談に同席しサポート。ご希望に応じて商談後のネクストアクションのフォロー役を担います。


サービス開始の背景:
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界的に渡航が制限されている現在、インバウンド業界におけるセールスコール(商談)の実施は困難な状況が続いていました。
今回訪日ラボがサービス開始した「オンライン商談会」は、この状況を打開するだけでなく、従来のセールス手法の課題であったコスト面と効率面の問題を改善したサービスです。新型コロナウイルス収束後も広くインバウンド業界に貢献することを目指しています。

開催実績:
・台東区様×中国旅行社総社(大連)様(中国)
・豊岡観光イノベーション様×Japan Holidays様(オーストラリア)
・公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー様×浙江中旅博雅文化会展様(中国)

※より詳細な情報及びお問い合わせ方法につきましては、訪日ラボの記事にてご確認いただけます。
https://honichi.com/news/2020/07/16/onlinemtg/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=onlinemtg

訪日ラボについて:
インバウンド業界専門のニュースサイトとしては国内最大級のインバウンド総合ニュースサイトとして2015年のサービス開始より多くのインバウンド時事ニュースやインバウンド事例、インバウンドデータ分析、インバウンドソリューションの紹介をしております。
https://honichi.com/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=onlinemtg

訪日コムについて:
訪日コムは1400サービス以上のインバウンド対策サービスを掲載する、インバウンドに特化したサービス比較・資料請求サイトです。独自の比較項目によって、同じカテゴリーのインバウンド対策サービスを横断的に比較でき、各社の特徴をわかりやすく理解できます。

訪日コムに掲載されているサービス資料は、その場で無料ダウンロードできます。ダウンロードすることで、インバウンド対策の実施に向け、インバウンドのプロフェッショナルであるサービス提供企業の担当者に、より具体的な相談ができます。
https://service.honichi.com/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=onlinemtg

インバウンド業界データレポートについて:
「インバウンド調査報告書2020[2019年上期のデータから2020年上期を展望する]」は「訪日ラボ」が、2018年上期から2019年上期にかけてのインバウンド市場を徹底的に分析することで、2020年上期のインバウンド市場を展望する内容となっております。

本報告書の制作にあたり、観光庁やJNTOなどが提供する公的なデータ、株式会社ナビタイムジャパンからのデータ協力、そして自社メディアにて集積した膨大なデータを基に分析しており、変化の激しいインバウンド業界の方にとって価値のある情報を提供することを目的としています。
https://service.honichi.com/reports/inboundreport2020/?utm_source=honichicom&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=onlinemtg

<会社紹介>
会社名 :株式会社mov
所在地 :東京都渋谷区代官山9-10
代表取締役 :渡邊 誠
WEBサイト :https://mov.am/
業務内容 :インバウンドニューサイト「訪日ラボ」の運営
:インバウンドコンサルティング
:WEB・アプリマーケティングコンサルティング
:WEB・アプリ設計/開発
:広告運用

当リリースに関するお問い合わせ先:
i@mov.am
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社mov >
  3. インバウンド向け「オンライン商談会」サービス開始:海外旅行代理店と日本の自治体・地域事業者をつなぐ