シューマツワーカー、新型コロナウイルスの感染拡大による在宅勤務の広がりを受けテレワークに関するアンケート調査を実施

生産性を上げるコツは「徹底した報連相 ・業務への主体性 ・ツールの活用」

株式会社シューマツワーカー(本社:東京都 渋谷区/代表取締役:松村幸弥)は、新型コロナウイルスの感染リスクを減らすためにテレワークを導入している企業が増えていることを受け、「テレワークに関するアンケート調査」を行いました。

 

「テレワークに関するアンケート調査」を行った背景

 

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、会社に出社できず在宅勤務するを余儀なくされている人々が増えています。副業人材の紹介サービスの運営を行うシューマツワーカーは、テレワークの副業案件を扱うことが多く、テレワークで生産性を高めながら働くためのノウハウを蓄積してきました。そこで、弊社だからこそできる支援として、テレワークに関する実態調査およびポイントを開示します。

※テレワーク…在籍する会社に出社せず、会社から離れた場所で業務をする勤務形態

主な調査結果
  • テレワークの経験者は26%と多くない
  • テレワークのメリットは「働く場所を選べること(29%)」「通勤時間を省けること(25%)」
  • テレワークのデメリットは「怠けてしまうこと(25%)」と「セキュリティリスクがあること(17%)」

(1)テレワークの経験者は26%と多くない

テレワークをしたことのない人は全体の74%を占めています。今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、初めてテレワークをする人が多いと考えられます。

(2)テレワークのメリットは「働く場所を選べること(29%)」「通勤時間を省けること(25%)」

 

テレワーク経験者は「働く場所を選べる(29%)」「通勤時間を省ける(25%)」をメリットと考えている人が多く、働く環境の向上につながっていることがわかります。今回の在宅勤務推奨がきっかけでテレワークに慣れておくことは今後の人々の労働の質を向上させることにもなり得るかもしれません。

(3)テレワークのデメリットは「怠けてしまうこと(25%)」と「セキュリティリスクがあること(17%)」

 

一方で「怠けてしまう(25%)」、「セキュリティリスクがある(17%)」、「生産性が下がる(12%)」という課題も。セルフマネジメントやセキュリティ対策など、ある程度の環境準備も必要になってきます。

■今回の調査結果について

調査実施期間:2020年2月25日(火)〜2月26日(水)
調査対象:関東に住む20代〜40代の男女200人
調査手法:Webアンケート

■テレワークのポイント

副業したい人と企業をつなげるサービス「シューマツワーカー」で紹介する副業はテレワークの案件がほとんど。今までのノウハウを生かし、テレワークをする際のポイントを紹介します。

(1)徹底した報連相
連絡が滞ると業務に支障をきたしてしまうので、なるべく早くレスポンスすることが重要になります。スケジュール、細かい進捗管理、課題や悩んでいることの共有、アウトプットのイメージの共有などは徹底するようにしましょう。もし他の作業で手を動かせないなら「いつまでに返答します」と、一次返信することをおすすめします。お互いに状況を把握でき、円滑なコミュニケーションが築くことができます。

(2)業務への主体性
テレワークは相手の顔が見えないため、自主的に行動を起こすことが大切です。「作業内容を理解できない」「施策の目的がわからない」など困った状況に陥ったら抱え込まず、自主的に質問をしたり意見をしたりすることを心がけましょう。

(3)ツールの活用
社内外の人とのコミュニケーション手段を何にするのかを事前に確認しておくことで、やりとりがスムーズになります。テレワークを円滑に行うためにおすすめのツールを紹介します。

●チャットでのコミュニケーション
Slack:https://slack.com/intl/ja-jp/
Chatwork:https://go.chatwork.com/ja/

●オンラインのミーティング
Zoom:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
Google Hangouts Meet:https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/meet/

●ファイルの管理
Dropbox:https://www.dropbox.com/ja/
Google Drive:https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

●業務の進捗管理
Trello:https://trello.com/ja/home

●社内のナレッジ共有
esa:https://esa.io

Confluence:https://www.atlassian.com/ja/software/confluence

■株式会社シューマツワーカー

株式会社シューマツワーカーは、“ハタラクを自由化し、人生の可能性を広げる”というミッションのもと、下記の事業を展開しています。お客様のニーズにあわせ、今後もさらなるサービスの開発・拡大に取り組んでまいります。

副業社員と企業のマッチングサービス「シューマツワーカー」
https://shuuumatu-worker.jp

テレワークが中心のフリーランスエンジニアを紹介「ミライエンジニア」
https://mirai-engineer.jp

働き方に特化した転職エージェントサービス「LIFE is」
https://lifeis-foryou.jp

企業の副業社員活用を推進するメディア「副業社員.JOURNAL」
https://shuuumatu-worker.jp/journal

副業やフリーランスに関する情報を発信するメディア「ハタラキカタミライ」
https://shuuumatu-worker.jp/mirai

===================
株式会社シューマツワーカー
所在地 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-10アシジ神泉ビル8階
代表者 代表取締役 松村幸弥
設立日 2016年9月
会社HP https://company.shuuumatu-worker.jp/
===================
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シューマツワーカー >
  3. シューマツワーカー、新型コロナウイルスの感染拡大による在宅勤務の広がりを受けテレワークに関するアンケート調査を実施