ブロックチェーンを活用した地域ポイントプラットフォーム構想

~ 新技術で “つながる” 地域ポイント管理システムを構築 ~

 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(取締役社長 柴戸 隆成、以下:FFG)傘下のiBankマーケティング株式会社(代表取締役社長 永吉 健一、以下:iBank社)は、ブロックチェーン関連技術を活用した地域ポイント管理システムを構築し、ポイントサービスを軸とした地域における新たなサービスプラットフォーム構想の実現に向けたプロジェクトをスタートします。


 今回構築するシステムは、ベースとなるブロックチェーンエンジンとして、代表的なオープンソース・ブロックチェーン基盤の一つである 「Hyperledger Fabric」 を利用して構築し、iBank社のポイントサービス「myCoin」を本システムで稼働する第一弾のサービスとして、2018年中に稼働することを予定しております。
 FFGではiBank社を通じて、ブロックチェーン関連技術の特性を活かしたサービス・機能の高度化に向けた検討を行うと共に、将来的には本ポイント管理システムのオープン化により、様々な地域・事業会社との連携を通じた地域ポイントサービスの共通プラットフォームの提供を目指してまいります。
 

 

  • サービスビジョン

 


 

  • 重点検討領域
 ブロックチェーンの特性や技術要素のうち、特に下記3領域に着目し、サービス・機能への活用を検討してまいります。現時点で想定する今後の拡張方針は次のとおりです。

 

 

  • 【参考】ポイントサービス myCoin


【補足事項】
※Hyperledger Fabricとは、Linux Foundationが中心となって進めているHyperledgerプロジェクトの1つであり、ブロックチェーン・分散型台帳ソリューションを構築するためのプラットフォームです。限定された参加ノードによって構成される許可性のブロックチェーンであるため、ビットコインに代表されるパブリックブロックチェーンと異なり、不特定多数のノードが参加する構成を前提とせず、取引の処理速度に優れ、基盤の維持コストが低い点がメリットとされます。
※今回構築するシステムは、Hyperledger Fabricをベースに、アクセンチュア株式会社が提供するブロックチェーンのビジネス活用促進のためのプラットフォームソリューションを活用して構築を行う予定です。
※本取組みは、ポイントサービスのシステム基盤の移行を行うものであり、現行のmyCoinサービスが変更になるものではありません。 よって、既に獲得済のmyCoinは今後も従来通りご使用いただけます。
※本取組みによるポイント管理システムを活用した具体的なサービス展開や提供機能、ならびにmyCoinサービスの拡充につきましては、今後詳細が決まり次第、順次お知らせいたします。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ >
  3. ブロックチェーンを活用した地域ポイントプラットフォーム構想