CtoCマッチングで業界のDXを支えるC2C PTE. LTD. が、新規経営陣を含む個人投資家から1.1億円の追加投資を受け入れ、総額約3.8億円(360万USD)となるプレシリーズAを完了

日本子会社C2C Platform株式会社を設立し新体制をスタートしたC2C PTE. LTD.が、新規参画の経営陣の意向によりプレシリーズA追加調達を実施

CtoCマッチング事業に必要不可欠なプラットフォームを提供するC2C PTE. LTD.(代表:薛 悠司、村上 英夫、以下C2C社)は、新規経営陣を含む個人投資家を引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施し、プレシリーズAラウンドの増資を完了致しました。今回の資金調達により、現在までのプレシリーズAラウンドでの累計調達額は約3.8億円(360万USD)となりました。なお今回の資金調達は、C2Cグループ新体制で参画する経営陣と株式会社ミダスキャピタル代表の吉村 英毅氏等の個人投資家の出資意向による増資となります。


【資金調達の背景】
C2C社の現状としては、新規受注数の伸びとともに各CtoCプロダクト売上レベニューシェアの積み上がり、そして株式会社ネイリーや株式会社GO TODAY SHAiRE SALON、株式会社シコメルフードテックをはじめクライアント企業の資金調達総額が15億円を突破するなど2018年6月のサービスローンチより順調に成長しています。C2C社共同開発の複数サービスのIPO達成後、数年内の上場を目指して体制づくりを進めており、今回の資金調達によって、マッチングプラットフォームの開発体制増強や、AIを用いたマッチングアルゴリズムの開発をスピードアップするなど、主要事業の事業強化を進めます。

 

■C2C PTE.LTD 薛コメント
CtoCに代表されるダイレクトマッチングの経済圏は、DXの加速とともに大きく拡大しています。 しかし、その開発手法は依然として従来型のスクラッチでの自社開発、もしくは他社にアウトソーシングする方法が取られています。 CtoC市場で開発需要が高まる中、汎用システムプラットフォームと領域ごとのフルカスタマイズを組み合わせたC2C社の新しい開発アプローチは各業界からの採用を伸ばしています。 
2020年は新規クライアントの確実な増加、既存クライアントサービスのスピーディーな成長と、その実績によるエクイティ・ファイナンスを実証できました。 今回のファイナンスは単純な資金調達という意味以上にC2C社の成長を牽引する投資家に新たに加わっていただきました。成長市場で独自性をもったビジネスモデルとそれを実現する強力な開発体制をもつC2C社の圧倒的な成長に今後も是非注目ください。
 
■ミダスキャピタル 吉村氏コメント
プレシリーズAラウンドの調達おめでとうございます。
新規参画メンバーからの出資がメインとのことですが、様々なバックグラウンドのエキスパートが、出資という強いコミットメントをもって経営陣として集結されたという事実が、C2C PTE. LTD.の今後の成功を予見していると思いました。将来に大いに期待しております。

 

■会社概要
会社名:C2C PTE. LTD.
設 立:2017年9月
代表者:薛 悠司(ソル ユサ)、村上 英夫(ムラカミ ヒデオ)
所在地:10 Anson road #14-06 International Plaza Singapore
連絡先:〒105-0022 東京都港区海岸1-11-1ニューピア竹芝ノースタワー14F
TEL: 03-6809-2775 MAIL: contact@c2c-platform.com
担当: 林 健太(stoooc内)
事業内容:世界向けCtoCプラットフォームサービスの提供
WEBサイト:https://c2c-platform.com
 
  1. プレスリリース >
  2. C2C PTE. LTD. >
  3. CtoCマッチングで業界のDXを支えるC2C PTE. LTD. が、新規経営陣を含む個人投資家から1.1億円の追加投資を受け入れ、総額約3.8億円(360万USD)となるプレシリーズAを完了