パブリックスペース向けフローリングブランド 「MESSAGE(メッセージ)」を新発表します。

非住宅市場における当社ブランドの更なる強化を目指します。

朝日ウッドテック株式会社(大阪市中央区南本町4-5-10 海堀哲也社長)は、パブリックスペース(非住宅)向けのフローリングを、「MESSAGE(メッセージ)」ブランドとして新発表いたします(2021年7月28日)。「MESSAGE」には、保育施設向け、高齢者施設向け、店舗向け土足用、オーダーメイド対応土足用フローリングの4シリーズがあり、各施設に最適な製品を選択できるようになりました。それぞれの施設で安心・快適に過ごせる製品を揃え、非住宅市場における当社ブランドの更なる強化を目指します。

▼「MESSAGE」ブランド詳細はこちらから
https://www.woodtec.co.jp/products/public/


 パブリックスペースには、ホテル・商業施設や保育施設、高齢者施設など多種多様な場所が含まれるため、それぞれの施設に合わせた最適な機能を備えたフローリングが求められます。「MESSAGE」では、保育施設向けフローリングを「Kid's」、高齢者施設向けフローリングを「Care」、店舗向け土足用フローリングを「Hard」、オーダーメイド対応の土足用フローリングを「Order」とし、各施設に求められる性能と製品ラインナップを施設別にまとめました。


 例えば、保育施設では、感染症対策に使用する次亜塩素酸ナトリウム水溶液への強さや、抗ウイルス・抗菌性能、園児の運動量に耐えられる耐摩耗性能などの機能が求められるため、保育施設向けフローリング「Kid's」にはそれらの機能を備えた製品をラインナップ。その他の施設向けにも、求められる機能を付与したフローリングを揃えました。

 また、当社パブリックスペース向けフローリングは、一部を除き国内での一貫生産を行っています。当社が住宅事業で培った高い品質・性能を備えた製品づくりの経験から、天然木の素材感を感じられながら、各施設に求められる機能性を備えたフローリングを実現することができました。

 今回のブランド発表で非住宅市場における当社ブランドの更なる強化を目指すとともに、幅広いパブリックスペースで安心、快適な空間の実現に貢献いたします。

▼「MESSAGE」ブランド詳細はこちらから
https://www.woodtec.co.jp/products/public/

■朝日ウッドテックについて(https://www.woodtec.co.jp/

朝日ウッドテックは、1952年(昭和27年)の創立以来、「快適なヒューマンスペースの創造」に貢献する独創的なモノづくりで業界をリードしてきた木質内装建材のパイオニアです。
今日、Live Natural Premium(ライブナチュラルプレミアム)に代表される当社の製品は、戸建住宅や集合住宅に留まらず、保育施設や高齢者施設等の非住宅物件にも幅広くご使用いただいており、他に類のない「ブランド」として確固たる地位を築いています。
これからも「木」の可能性を最大限に引き出し、人々の暮らしに「革新的な価値」を提供する「需要創造型企業」をめざしていきます。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 朝日ウッドテック株式会社 >
  3. パブリックスペース向けフローリングブランド 「MESSAGE(メッセージ)」を新発表します。