セイコーミュージアム 銀座 創業者・服部金太郎生誕160周年を記念し、創業の地に移転・開館全長約5.8mの大型振り子時計が銀座・並木通りに出現

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO 兼 グループCCO:服部 真二、本社:東京都中央区、以下「セイコー」)は、8月19日(水)、創業者・服部金太郎の生誕160周年事業の一環として、時と時計の博物館 セイコーミュージアムを墨田区より創業の地・銀座に移転し、地下1階から5階まで6フロアからなる企業博物館として開館いたします。ミュージアムのファサードには高さ約5.8mの大型振り子時計「RONDEAU LA TOUR(ロンド・ラ・トゥール)」がお目見えします。

当ミュージアムは、1981年創業100周年事業として製造工場・精工舎(現セイコークロック株式会社)内に設立した研究施設セイコー時計資料館を母体としています。2012年にはより多くの来館者へのセイコーブランド訴求を目指し、セイコーミュージアムとして再出発しました。グループ会社内にある創業以来の史料を収集し、保存、編纂する企業ミュージアムであると同時に、より広い意味で「時」と「時計」の歴史の研究を行う場所です。子ども向けを含めたワークショップなどの開催も視野に、バランスのとれたミュージアム活動を行うことで社会貢献の一端を担うことがセイコーミュージアムの特長です。

館内ではフロアごとにテーマを設け、時と時計に関する展示約500点を紹介しています。日本の時計産業の近代化を進め「東洋の時計王」と呼ばれた服部金太郎の挑戦と努力の足跡を辿る「服部金太郎ルーム」を設置し、その「常に時代の一歩先を行く」という創業精神を紹介するほか、セイコーの時計の歴史と切り離すことができないスポーツ計時や、多くの冒険家たちを支えてきたスポーツウオッチなど、極限に挑む時計技術を体感できます。さらに、日時計から始まる世界の時計の歴史や、日本で独自に発展した江戸時代の和時計コレクションの展示など、セイコー製品以外の歴史展示も充実しています。

地下1F スポーツ計時コーナー地下1F スポーツ計時コーナー

2F 「服部金太郎ルーム」2F 「服部金太郎ルーム」

3F 和時計のコーナー3F 和時計のコーナー

 
<展示フロア構成>
地下1階 「極限の時間」 スポーツ計時・計測、スポーツウオッチ
1階 「はじまりの時間」 受付、ミュージアムショップ
2階 「常に時代の一歩先を行く」 創業者・服部金太郎の足跡を紹介
3階 「自然が伝える時間から人がつくる時間」 世界の時と時計の歴史
4階 「精巧な時間」 創業時から1960年代クオーツ腕時計に至るセイコー製品
5階 「いろいろな時間」 1970年代以後の多様なセイコー製品

 

<ご利用案内>

 

名称 セイコーミュージアム 銀座 (英文:THE SEIKO MUSEUM GINZA)
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目3-13 セイコー並木通りビル
フロア面積 約492.5㎡
最寄り駅 東京メトロ 銀座駅B4出口より 徒歩1分
JR有楽町駅中央口または銀座口より 徒歩4分
連絡先 TEL 03-5159-1881
開館時間 10時30分~18時まで(休館:月曜日・年末年始)
※1日3回の事前予約制(入場無料)
 ①10:30〜12:30 ②13:00〜15:00 ③15:30〜17:30
Webサイト  https://museum.seiko.co.jp


 

RONDEAU LA TOUR ロンド・ラ・トゥール
光溢れる、人形たちの大きな大きな振り子時計


セイコーミュージアム 銀座のファサードでは、大型振り子時計「ロンド・ラ・トゥール」が時を刻んでいます。「振り子」をデザインテーマとし、毎正時に人形と歯車が光の演出とともにパフォーマンスを行います。

 

ロンド・ラ・トゥールロンド・ラ・トゥール

ロンド・ラ・トゥール 部分ロンド・ラ・トゥール 部分

■ゆったりと動く大きな振り子で「時」を実感
24時間、振り子はたゆまなくゆったりと動き続けます。
振り子の周期に電磁石の引き合う力を利用して自然なスピードを再現しています。
切れ目のない一枚のガラスのファサードからダイナミックな動きを楽しめます。

■昼と夜そして季節で異なる光の表情
昼間は左右から白い光がこぼれ出し、ゆったりと動く振り子と穏やかな時を生み出します。夜間は四季の変化に合わせ季節を表す光が点灯します。

■人形と歯車の楽しいダンスの小さな夢の時
毎正時8秒前になると前奏が流れ人形が動き出し正時にメロディが流れます。
60秒の間、メロディ合わせ金色の歯車たちが順番に回り始め、ふたつの人形・10個の歯車の全てが動きだします。そして順番に歯車が止まり音楽の終わりと共に人形が止まります。

■パフォーマンスが終わると7色の光で虹を表現
毎正時メロディーに合わせ60秒間光の演出を行います。
下から7色の光が上昇し、最後に「虹」の橋がミュージアムに架かります。

セイコーは、1984年に日本初の屋外型大型からくり時計となる「セイコー マリオンクロック」を設置し、日本の大型からくり時計の歴史とともに歩んできました。2019年には、ロンド・ラ・トゥール同様、人形と振り子でクロックの楽しさを表現した「セイコー輪舞(ロンド)」を和光・本館に設置し、大きな反響をいただきました。また、ロンドをモチーフとした卓上時計「輪舞(ロンド)メゾン」を7月に発売しています。

<時計概要>
名称 大型振り子時計 「RONDEAU LA TOUR(ロンド・ラ・トゥール)」
サイズ 高さ 約5.8 m 振り子の長さ 4.6m
重さ 約1.5t
時計駆動部 直流式塔時計機械体と塔時計制御器による設備時計システム
演奏メロディ オリジナル曲「時代とハートを動かすセイコー」
振り子の方式 倒立振り子
振り子の加速 電磁励振(れいしん)方式
(電磁石を利用し、磁石が引き合う力を利用して振り子を揺らす(減速しないよう加速させる)方式)
時刻校正 FM電波修正方式(毎日朝1回の受信)

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セイコーホールディングス株式会社 >
  3. セイコーミュージアム 銀座 創業者・服部金太郎生誕160周年を記念し、創業の地に移転・開館全長約5.8mの大型振り子時計が銀座・並木通りに出現