SSFF & ASIA 2020「Make Impossible Possible(不可能を、可能に)」を伝える新設「バイオジェン・アワード」はシンガポールの子どもたちを描く『最後の試験』に決定!

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)は、2020年、神経難病の治療薬開発に特化した、世界でも歴史のあるバイオテクノロジー製薬企業であるバイオジェンの日本法人と共に、「Make Impossible Possible(不可能を、可能に)」というバイオジェン・ジャパンのビジョンを力強く伝える作品に授与する「バイオジェン・アワード」を新設いたしました。

記念すべき第1回バイオジェン・アワードは、映画祭オフィシャルコンペティションノミネート作品の中から選ばれた、シンガポールの『最後の試験』に決定したことを発表いたします。いい点数を取ることと、クラスメートへの思いやりの間で葛藤する子どもたちの姿を描いた秀作です。

なお、本日発表したバイオジェン・アワードは、アジア インターナショナル部門ノミネート作品として、9月27日(日)までSSFF & ASIAオンライン会場でご覧いただけます。  URL: https://shortshorts2020.vhx.tv/

第1回バイオジェン・アワード 受賞作品

『最後の試験』
Kai Xiang Chang/0:13:03/シンガポール/ドラマ/2019
テストでいい点をとることは思いやりよりも重要なのか?競争の厳しい学校で、成績上位3名の生徒がクラスメイトのニナのテスト勉強の手伝いをすることになった。3人は次のテストがニナにとって学校最後の試験になると気付く。
 

監督 : Kai Xiang Chang
人間の精神に触れる映画を制作するシンガポールの映画監督。制作過程の中心にあるのは、あらゆる選択肢の中で、親切な行いと心無い行いをする動機は何なのかを探ること。それはショートフィルムを制作する上でさらに深めざるを得なくなったと感じている。

受賞理由:クラスメートに希望を与えるために一生懸命工夫をこらした子どもたちの行動は「不可能を、可能に。」という弊社のビジョンに合致するものです。また、他の人のために何かを成し遂げ、希望をもたらすことは、「深く思いやる(Caring Deeply)、人生を変える(Changing Lives)」というバイオジェン社のクレドにも通ずるメッセージが含まれる作品である。

バイオジェンについて:
神経科学領域のパイオニアであるバイオジェンは、最先端の医学と科学を通じて、重篤な神経学的疾患、神経変性疾患の革新的な治療法の発見および開発を行い、その成果を世界中の患者さんに提供しています。1978年にチャールズ・ワイスマン、ハインツ・シェイラー、ケネス・マレー、ノーベル賞受賞者であるウォルター・ギルバートとフィリップ・シャープにより設立されたバイオジェンは、世界で歴史のあるバイオテクノロジー企業であり、多発性硬化症の領域をリードする製品ポートフォリオを持ち、脊髄性筋萎縮症の最初の治療薬を製品化いたしました。また、多発性硬化症および神経免疫疾患、アルツハイマー病および認知症、神経筋障害、運動障害、眼疾患、免疫疾患、神経認知障害、急性神経疾患および疼痛といった神経領域の研究においても最先端の活動を展開しています。バイオジェンは生物製剤の高い技術力を活かし、高品質のバイオシミラーの製品化にも注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パシフィックボイス >
  3. SSFF & ASIA 2020「Make Impossible Possible(不可能を、可能に)」を伝える新設「バイオジェン・アワード」はシンガポールの子どもたちを描く『最後の試験』に決定!