多拠点居住用に、山梨県の空き家活用認定事業1号物件オープンへ

定住しながらセカンドハウスを楽しむ「専用ベッド制度」キャンペーンも

■ 山梨県上野原市の古民家を多拠点居住&オフィス用にフルリノベーション
■ 相続登記の義務化まであと2年、空き家活用3社合同オンライン勉強会開催
■ ADDressに住民票が置ける!専用ベッドプランの紹介キャンペーン実施中
住まいのサブスクリプションサービス「ADDress」を運営する株式会社アドレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐別当隆志、以下「ADDress」)は2022年3月20日、山梨県が認定する空き家活用認定事業者としての1号物件を同上野原市にオープンします。
当物件は築300年以上の伝統的な古民家(屋号:「任家(にんや))で、家の中央には大きな欅の大黒柱があり、土間の欅の一枚板が特長です。もともとは養蚕農家の母家239.3平米、長屋門57.9平米の物件で、ADDressでの多拠点居住とシェアハウス用、コワーキングスペース用にフルリノベーションを施しました。総工費は約2,000万円で、内閣府の令和3年度「地方創生テレワーク交付金」と山梨県の「やまなし創生官民連携空き家活用事業」および「山梨県官民連携空き家活用促進事業」の補助金を活用しました。

空き家課題の取り組みとして、2年後には「相続登記義務化」が施行されることを受けて、ADDressと株式会社カチタス(群馬県桐生市、代表取締役社長:新井健資、以下「カチタス」)と株式会社スペースマーケット(東京都新宿区、代表取締役社長:重松大輔、以下「スペースマーケット」)の3社合同で2022年3月16日(水)14時より、空き家を取り巻く状況と相続登記義務化についてを解説するZOOMでの無料オンライン勉強会を開催します。ご参加希望者は下記記載の「3社合同企画オンライン勉強会詳細」をご確認の上、お申し込みください。

また、コロナの影響が長引く中で、企業や学校のテレワーク・オンライン化が推進されました。高い家賃を支払い、東京都心のアパートに住み続ける必要がなくなり、多拠点生活を始める方も増えています。ADDressでは「予約をしないで契約期間中いつでも利用できる自分だけの専用ベッドを持てるプラン『専用ベッド制度』」があります。年度末で自宅アパート・マンションの更新を検討中だったり、転職・進学で住み替えを検討している方にお得なキャンペーンを実施中です。専用ベッド紹介者および契約した方に、計4万円のギフト券を贈呈します。ご応募したい方は、下記記載の「ADDress専用ベッド紹介キャンペーン詳細」をご確認の上、お申し込みください。

■ ADDress上野原A邸オープンに向けたメッセージ

 

【上野原市・村上信行市長】

この度、市内松留地区に古民家をリノベーションしたテレワーク施設が完成したこと、たいへん喜ばしく感じております。上野原市は都心から1時間程度の距離にも関わらず、変化に富んだ自然豊かなまちです。自然に囲まれて子育てやテレワーク生活を送りながらも、都心へ会議や買い物ですぐに訪れることができます。コロナ禍を経た働き方の変化に伴い、地方の可能性が増しております。市内にそうした物件ができることで、市の活性化や移住促進にも繋がるものと期待しております。


【山梨県リニア未来創造局・上野良人局長】
株式会社アドレス様のADDress上野原A邸の開業、心よりお祝い申し上げます。山梨県内においては6施設目の開業であり、本県で幅広く事業を展開されていること、大変嬉しく思います。山梨県では、ウィズ・コロナ時代の変化を、本県発展に活かすため、二拠点居住の推進に全力で取り組んでおります。株式会社アドレス様の空き家をはじめとした遊休物件を活用した当事業につきましては、本県への二拠点居住や移住のきっかけとなるものであり、大変ありがたく感じているところであります。ADDress上野原A邸を拠点として、山梨の豊かな自然に触れることや、地域の方々との交流を深めることで、本県での二拠点居住の実践や、地域との関係人口の創出につながることを期待しております。

■ ADDress上野原A邸オープニングイベントのご案内

ADDress上野原A邸のオープンを記念して、運用スタート日である2022年3月20日(日)に当地で参加無料・招待制のオープニングイベントを開催します。参加に向けては新型コロナウイルス感染予防として現地でのアルコール消毒などの他、抽選による参加人数制限を設けてADDress会員ら関係者を対象に事前に参加募集と選定を行いました。

当日のイベントスケジュールは以下の通りです。
【当日のスケジュール】
  • 10:30〜      開場(物件内覧)
  • 11:00〜11:15 セレモニー開幕(オープニングムービー「上野原A邸ができるまで」/上野原市長ご挨拶/弊社代表・佐別当挨拶/テープカット)
  • 11:15〜12:00 Instagramライブ・トークセッション「多拠点生活とテレワーク」(継続1年以上のADDress会員2名が登壇)
  • 12:00〜14:30 ADDress企画イベント前半「みんなで畑づくり」
  • 15:00〜17:00 ADDress企画イベント後半「みんなでDIY」
  • 18:00       閉会
★メディア対象
イベント参加のお問い合わせ先:press@address.love(ADDress広報担当)

 
■ 3者合同企画オンライン勉強会詳細
【「相続登記の義務化まであと2年! 空き家課題解決の選択肢」】

  • 1部:「相続登記の義務化まであと2年!空き家課題解決の選択肢」概要
    • 空き家を取り巻く状況(全国の空き家事情、相続登記義務化について)
    • 空き家は何が問題か
    • コロナ禍による空き家売却・活用への影響
    • 空き家課題解決の選択肢(空き家課題解決プレイヤーマップの公開)
  • 2部: 各社及び各社サービス利用者によるパネルディスカッション
    • 「カチタス」「スペースマーケット」「ADDress」各社サービス説明
    • 各社サービス利用者による事例紹介
    • QA
  • 日時:2022年3月16日(水) 14時00分〜15時15分
  • 参加費用:無料
  • 申し込みhttps://akiya-seminar0316.peatix.com/

■ ADDress専用ベッド紹介キャンペーン詳細

【条件・特典について】
家守もしくは専用ベッド会員がその家の専用ベッドを他の会員に紹介し、契約 (*1) に至った場合、紹介者・契約者双方に感謝の気持ちとしてAmazonギフト券 (*2) をプレゼントします。
  • キャンペーン期間:2022年6月入居開始分まで
  • 新規契約者のインセンティブの受け取り:キャンペーン期間中1度まで (紹介者は何度でも可)
  • その他:それぞれの契約に対し、紹介者は1名まで (利用申請フォームの紹介者欄に記載のあった方が対象)
    *1 : ほかの家の専用ベッドからの移動も対象
    *2 : 入居初月の専用ベッド料金のお支払いが確認できたら双方に5,000円分、入居3ヶ月目のお支払いが確認できたら追加で双方に15,000円分
専用ベッド制度についての詳細https://note.com/address/n/n643414021519

■ ADDressとは?

ADDress公式サイトhttps://address.love/

「いつもの場所が、いくつもある、という生き方。」
ADDressは、定額制で全国の家に住める多拠点コリビング(co-living)サービスです。

「#全国創生」をスローガンに掲げ、多拠点居住を通じ、全国活性化および日本中のコミュニティに新たな関係をつくるライフプラットフォームを提供します。
都市と地方が協力しながら地方への「帰属」そして生活の「回遊」を促進することで、日本全国にコミュニティを築いていく、全国各地の関係人口を加速させる次世代の地方創生の在り方だと考えます。各家には個室を中心に寝室を確保しつつ、シェアハウスのようにリビングやキッチンなどを共有。空き家や別荘を活用することで、コストを抑えながらリノベーションによる快適な空間を提供。光熱費、Wi-Fi、共有の家具の利用も含めて月額4万円からの低価格を実現しています。

 家守をハブとした会員同士や地域住民との交流機会も魅力の一つで、会員はさまざまな地域で新たなコミュニティに出合えます。少子高齢化の人口減少社会において、移住ではなく都心部と地方が人口をシェアリングする多拠点居住のサービスを目指しています。


​​【ADDress プレスリリース一覧】
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/40352

 【ADDress メディア掲載アーカイブ】
https://note.mu/address/n/n35bc93ea1536

 ■株式会社アドレス 概要
設立:2018年11月30日
代表取締役社長:佐別当 隆志
本社所在地:東京都千代田区平河町 2-5-3
事業内容:多拠点居住サービスの提供
URL: https://address.love

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ADDress >
  3. 多拠点居住用に、山梨県の空き家活用認定事業1号物件オープンへ