AOSデータ社、ニューノーマル時代のセキュリティソリューションサイト「AOSsecurity.jp」2.0を開始

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋)は、ニューノーマル時代に対応するため、セキュリティソリューションサイト「AOS Security.jp」2.0を開始しました。テレワークが進み、非対面ビジネスが加速していく企業に対して、データセキュリティの問題を解決するためのプラットフォーム、サービス、ソフトを総合的に提案いたします。

セキュリティ ソリューション サイト「AOS Security.jp2.0
https://www.aossecurity.jp/

背景
コロナ禍により、ビジネスの形態が大きく変化していく時代に、企業が守るべき情報セキュリティ対策も大きな変化を迫られています。ここ1カ月のコロナウイルスの感染者が全国的に増加している現状を踏まえ、政府も各企業でテレワーク率70%を目指すよう、近く経済界に要請することも検討されています。このような状況で、多くの企業が、非対面業務にシフトしていく中、テレワークにおけるリスク対策、クラウド共有による情報漏えい対策の強化も急務となりました。
1999年から、官公庁を中心にリーガルテックの老舗企業として、データセキュリティで貢献してきたAOSグループのAOSデータ社が、新たな時代の情報セキュリティ対策の製品とサービスをセキュリティソリューションサイトを通じてご提案することとなりました。

セキュリティ ソリューションサイト「AOS Security.jp2.0とは
AOSデータ社が運営するセキュリティポータルサイト「AOS Security.jp」は、テレワークリスク対策、データ漏えい対策、データセキュリティ対策、企業内フォレンジック調査という4つのカテゴリと6つのソリューションで構成されています。
テレワーク対策テレワークリスクマネージャー™️、企業データBCP対策
データ漏洩対策: データ消去サービス リーガルシュレッド™️
セキュリティ対策: セキュリティ脆弱性診断サービス
企業内フォレンジック調査: 非専門家のためのフォレンジックツール、内部通報制度向けフォレンジック

セキュリティ ソリューションサイト「AOS Security.jp2.0
https://www.aossecurity.jp/

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋
設 立:2015年4月 資本金: 3億5,250万円
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
URL: https://www.aosdata.co.jp/
AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、80万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のデータを無くしてしまったお客様のデータを復旧してきたデータ復旧事業、1000万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。AOSデータ社は、データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、11年連続販売本数1位を獲得しています。今後は、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決を支援してきたリーガルテック社が行ってきたリーガルデータ事業を統合し、一層、「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献して参ります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AOSデータ株式会社 >
  3. AOSデータ社、ニューノーマル時代のセキュリティソリューションサイト「AOSsecurity.jp」2.0を開始