次世代モビリティで新しい移動体験に挑む「LIFEHUB」、イークラウドを通じた資金調達を9月3日に開始

〜インキュベイトファンドやサイバーエージェント・キャピタル等から累計3億円以上調達済のロボティクスエンジニア集団が株式投資型クラウドファンディングへ挑戦〜

株式投資型クラウドファンディングサービスを行うイークラウド株式会社(東京都中央区、代表取締役:波多江直彦、以下「イークラウド」)は、第13号案件「LIFEHUB」の事前開示を開始しました。2022年9月3日(土) 午前10時より投資申込みの受付を開始いたします。(詳細: https://ecrowd.co.jp/projects/13 )

インターネットを通じて非上場のベンチャー企業に投資を行える「株式投資型クラウドファンディング」を提供するイークラウドは、2022年9月3日より第13号案件「LIFEHUB」へのお申込みの受付を開始いたします。

第13号案件の募集概要
  • 会社名:        LIFEHUB株式会社
  • 事業概要:    次世代モビリティの開発・関連サービスの提供 
  • 募集予定期間:    開始:2022年9月3日(土) ~ 終了:2022年9月15日(木)
  • 目標募集額:    4,008万6千円(上限募集額:5,008万2千円)
  • 資金使途:    プロダクト開発、採用、広告宣伝など

世界で急速に拡大するパーソナルモビリティ市場。最大の課題「移動経路の不自由さや補助の必要性」に挑む
近年の技術進歩や需要の急増により、1〜2人乗りの小型電動コンセプトカーなどをはじめとする「パーソナルモビリティ」が次世代の移動手段として注目され、その市場は急速に拡大しています。


LIFEHUB株式会社は、ロボティクスをはじめとした最先端のテクノロジーを駆使することで、全ての人が自由で豊かな生活を送ることをためらわない世界を創る「人類の身体的な制約からの解放」という理念を掲げています。

理念を具現化した第1弾プロダクトとして、今までの車椅子にはなかった「しゃがむ、立ち上がる、エスカレーターに乗る」といった動作を実現する、二輪起立構造を実装した次世代椅子型モビリティのリリースを目指します。


事業拡大を見据え、全国から株主を事業に巻き込み推進力に
LIFEHUB社は2023年のファーストモデル一般販売開始・2025年の量産型の市販モデル投入を見据え、今年3月にはインキュベイトファンド、サイバーエージェント・キャピタルからの資金調達を行いました。

LIFEHUBが最終的にターゲットとするのは、高齢者、身体が不自由な方々をはじめすべての人類が、テクノロジーによって制約から解放されるAaaS(Augmentation as a Service)市場です。

LIFEHUBは「信頼性の高い日本品質」「小型化」を武器に、この市場におけるリーディングカンパニーとしての立ち位置をグローバルで確立します。ビジョンに賛同する投資家を募るため、株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」にて、個人投資家からの資金調達を開始予定です。

「LIFEHUB」の3つの注目ポイント
  • 二輪起立構造の椅子型モビリティで、「立ち上がる」「乗り越える」といった動作の実現を目指す
  • 日立オートモティブシステムズやファナック出身のロボティクスエンジニアが率いる技術力の高いチーム
  • インキュベイトファンドやサイバーエージェント・キャピタル等から累計3億円以上の資金調達済
詳細については、イークラウドの募集ページをご覧ください。
▶案件詳細はこちら: https://ecrowd.co.jp/projects/13

 

「LIFEHUB」中野社長が投資家の疑問に答えます
2022年8月27日(土)まで、13号案件「LIFEHUB」中野氏へのご質問を受付いたします。
投資家の皆さまからいただいたご質問に中野氏がお答えする動画を、9月1日(木)ごろに募集ページ(https://ecrowd.co.jp/projects/13)へ掲載する予定です。

事業内容や戦略、資金調達などに関するご質問がございましたら、この機会にぜひご質問ください。
※ ご質問の内容によってはお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

10.2万円から「LIFEHUB」の株主になれる、株式投資型クラウドファンディングとは?
イークラウドは、インターネットを通じて非上場のベンチャー企業に投資を行える仕組み「株式投資型クラウドファンディング」を提供しています。

これまで個人投資家が非上場のベンチャー企業に投資できる機会は極めて限定的で、エンジェル投資家と呼ばれる一部の経営者や資産家しか投資を行うことはできませんでしたが、「株式投資型クラウドファンディング」の仕組みにより、個人投資家がベンチャー企業へ投資を行うことが可能になりました。

※本報道発表文は、イークラウドの第13号案件の決定を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。

◆ イークラウド株式会社の概要
商号:イークラウド株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3181号 
加入協会:日本証券業協会
本社所在地:〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-20 東京建物八重洲さくら通りビル3階
代表取締役:波多江直彦
サービスサイト:https://ecrowd.co.jp/
コーポレートサイト: https://corp.ecrowd.co.jp/

◆LIFEHUB株式会社の概要
商号:LIFEHUB株式会社
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野三丁目2番4号
代表取締役:中野 裕士
サービスサイト:https://www.lifehub.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イークラウド株式会社 >
  3. 次世代モビリティで新しい移動体験に挑む「LIFEHUB」、イークラウドを通じた資金調達を9月3日に開始