Infinity Venturesが、Headline Asiaとしてリブランディング

IVS
日本時間2021年5月10日付で、Infinity Ventures(東京・北京・台北)、e.ventures(欧米)が、Headlineとしてリブランディングを実施。
日本時間2021年5月10日付で、アジアのアーリーステージ・ベンチャーキャピタルであるInfinity Ventures、アメリカとヨーロッパのe.venturesは、「Headline(ヘッドライン)」としてリブランディングを実施。

https://headline.com/

北京、台北、東京にある既存のオフィスは、「Headline Asia」となり、「Headline」としては、サンフランシスコ、ベルリン、パリ、サンパウロに拠点を構える。

先述のファンドは、デジタルクーポン「Groupon Japan」、ファッションECサイト「Farfetch」の日本立ち上げを行い、中国最大のQRコードアグリゲーター「Yeahka」に投資(2019年に香港でIPO)するなど、10年に渡り協力関係にあった。Groupon、Farfetch、Yeahkaの成功例は、このグローバルな協力関係があって生まれたものと言え、この協力関係から「グローバルかつ地域横断的なナレッジがあれば、1つの地域で起きているトレンドを、別の地域でも早期に応用することが可能である」と判断し、今回のリブランディングを行う運びとなった。

 

「世界は、より深くつながってきています。1つの地域から別の地域への情報伝達は速くなってきており、1つの地域限定のディールというのは、もはや存在しないと言っても過言ではありません。
今後、地域的な案件はすべて国際的な角度を持つようになると考えています。
VCとして、勝者を早期発見しスケールさせるには、国際的な情報が必須です。この知見はe.venturesと協力してきて得られたことであり、Headlineで更に期待していることです。(Headline co-founder / 田中)」

 

「私たちの協力関係が、新たな章を迎えることを大変嬉しく思います。テクノロジー、チーム、そしてグローバルなビジョンが組み合わさることで、企業のあらゆる段階において起業家を後押しすることができます。(Headline co-founder / Mathias Schilling)」

 

Infinity Venturesについて
Infinity Ventures(IVP)は、アーリーステージのインターネット企業に特化したベンチャーキャピタルであり、東京、台北、北京にオフィスを構える。同社は3億米ドルを運用し、これまでに100社以上のスタートアップに投資、9社のIPOを実現。設立以来、投資先企業とともに成長し、Groupon、Farfetch、freee、Yeahka、WealthNavi、17LIVEなど新しいカテゴリーのイノベーターやユニコーンを輩出。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. IVS >
  3. Infinity Venturesが、Headline Asiaとしてリブランディング