Moonstakeとステーキングの最大手メディアStaking RewardsのCEO、Mirkos Schmiedl氏との共同インタビュー

4月に1周年を迎えたMoonstake(ムーンステーク)はステーキング業界の最大手メディア「Staking Rewards」のCEO Mirko Schmiedlを迎えた討論会を開催。ステーキング市場の現在や今後の展望、またStaking Rewardsのランキングでも上位に位置するMoonstakeに関することなど、様々な議論が行われました。
Staking Rewardsからは上述の通りCEOのMirko Schmiedl氏が参加(以下、Mirko)。Moonstakeからは、CEOのLawrence Lin(以下、Lawrence)とシニア・アドバイザーのShogo Ishida(以下、Shogo)が参加しました。
Shogo: ステーキングの2021年のトレンドを理解するのに、どういう点に注視するといいでしょうか?
Mirko: 残りの2021年は、非常に多くのことが起こるでしょう。適切なニュースソースやコンテンツを選び、トレンドを十分に把握することが大事です。残念ながら、中身のないプロジェクトがあちこちで登場しています。我々は常に実績のある人の話だけを聞くようにしています。そして、信頼できるニュースソースやプロフェッショナルと呼ぶにふさわしい仕事を参考にしています。Staking Rewardsのサイトでは、ステーキング市場を包括的にカバーし、検証され、独立した視点を届けるように努めています。


Shogo: 2021年のステーキング市場・POS市場をどのように見ていますか?

Mirko: 2021年最大のトレンドのひとつは、間違いなくステーキング・デリバティブです。昨年12月にイーサリアム2.0が始まったことにより、セカンダリーマーケットで取引可能な流動性のあるステーキング商品を提供する多くのソリューションが開発されています。2021年のもうひとつの大きなトレンドであるマルチチェーンへと繋がっています。ブリッジが増え、チェーンをまたいでラップされたステーキング資産を移動させることも可能になっています。Lido FinanceやStafi Protocol, Anchorなどがそうした例です。


Shogo: ステーキングやPOSの導入を広げる上での最大の障壁はなんですか?また、どのように解決すべきとお考えですか?

Mirko: 最大の障壁のひとつは、やはり使いやすさの問題です。複数の暗号資産をシンプルなユーザーフェイスで使えるソリューションがまだまだ多くありません。特に、ひとつのプロダクトで多くの資産を保有し、送受信ができステーキングできるような簡単なツールが必要です。もうひとつの障壁は、税務上の扱いが不明確なことです。多くの人が法律上の扱いを恐れてステーキングを控えているのを目にします。プロトコルの研究観点からは、POSがビットコイン以外の市場を支配するアルゴリズムの主要な位置にいるというコンセンサスが得られたと思います。ガバナンスはより注意が必要なトピックで、まだまだその初期段階にいると思います。ネットワークの非中央集権化が進めば、今後大きな課題となるでしょう。本当の課題に直面するには、まだ長い道のりがあります。多くのプロジェクトが依然として高度に中央集権化されており、意思決定プロセスは迅速に行われています。
Shogo: 世界第2位のブロックチェーンであるイーサリアムは、もともとPOW型でしたが、POSに切り替わる開発を進めています。今後、これはステーキング市場にどういった影響を与えると思いますか?
Mirko: イーサリアム2.0の発表は、ブロックチェーン全体にとって大きな節目となりました。全く新しい時代の幕開けです。イーサリアムはトレンドを作り、イノベーションを推進します。草の根的な広がりと分散化を促進する独自のアプローチにより、ネットワークの耐障害性が向上しました。イーサリアムは、Peercoin、NXT、Reddcoinなどの初期段階のプロジェクトのPoSデザインと、Tezos、Cosmos、EOSなどの後期のプロジェクトを組み合わせたものだと私は考えています。イーサリアムはこの2つの世界の良いところを取り入れており、神聖な共有バリデータキーの開発やステーキング・デリバティブなど、レイヤー2のツールも充実しています。


Shogo: ステーキングネットワークがユニークである所以を教えてください。

Mirko: 優れたステーキングネットワークは、以下のような要素を必要とします。長期的なインセンティブ、優れたセキュリティモジュール、積極的なガバナンスへの参加、使いやすさ、誰もがアクセスできること、最低金額が低いこと、ロックアップ期間が短いこと、優れたツール、優れたウォレット、有名なバリデータが選択できること、草の根のバリデータも含んでいること、コミュニティへの参加、優れたAPI/データアクセス、優れたブロックエクスプローラー、理解しやすいシンプルなビジネスモデル、流動性の問題の解決、また、資金調達額が少ないことです。プロジェクトを際立たせるために非常に重要だと考えているポイントをいくつか挙げただけですが、ランキング上位のステーキングプロジェクトはすべてMoonstakeのような有名なステーキングプロバイダーに採用され、サポートされていることがわかります。Staking Rewardsでは、高いクオリティとプロバイダーの間に興味深いパターンがあることを発見できるでしょう。


Shogo: Moonstakeは、最近でもCentrality、Polkadot、Orbsなど様々なブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングのサポートにはどのような基準を採用しているのでしょうか?

Lawrence: Moonstakeがステーキングをサポートするコインのラインナップを見ていただければ、私たちの判断の背景にある戦略がお分かりいただけると思います。つまり、そのコインの市場での需要や人気度、ボリュームの大きさなどを重視しています。もちろん、より深いコラボレーションの機会を常に求めているので、プロジェクトのビジョンやロードマップの目標が自分たちのものとどのように一致するかを検討し、コラボレーションの範囲を広げています。


Shogo: Stakingrewards.comでは、ステーキングプロバイダー、DeFiプラットフォーム、取引所、ウォレットのランキングを提供しています。各カテゴリのトッププラットフォームに共通する重要な点は何ですか?

Mirko: 優れた成功を収めているステーキングプロバイダーは、業界でも最高のリサーチブティックの一つです。彼らはどのネットワークを採用するかを賢明に検証します。したがって、彼らが選択したネットワークは、長期的に優れたインセンティブを持っている可能性があります。これにより、これらのコインはコミュニティからの需要が高く、サポートする価値があるものとなります。先ほどLawrenceが言ったように、Moonstakeは現在この戦略を採用していると思います。
DeFiプラットフォームが成功するためには、革新的であるか、市場のギャップを埋めるものでなければなりません(例:Pancakeswapを「BSCのUniswap」にしたものなど)。成功しているプラットフォームは、イノベーションと開発を推進すると同時に、コミュニティに大きなインセンティブを与えています。ネットワークを立ち上げるために、トークンの50%以上をファーミングによってコミュニティに提供することは、最近ではむしろ必要なこととなっています。
成功している取引所は、使いやすく、優れたプロジェクトを上場させています。また、取引所が強力な研究部門を持ち、イノベーションに近い存在であることも重要です。ステーキング機能やキャンペーンは、ますます差別化要素になってきています。


Shogo: Moonstakeは創業1年以内にステーキングプロバイダーのトップ10に入りました。ユーザーや企業向けのステーキングウォレットソリューションとして、どのような戦略でこれを達成したのでしょうか。

Lawrence: 確かに、2020年はMoonstakeにとって素晴らしい創業元年となりました。私たちは900億円以上のステーキング資産を達成し、ウォレットだけでなく、staking-as-a-serviceソリューションで世界中の投資家や企業の信頼を得ました。わずか1年で、世界でもトップ10に入る大規模なステーキングプロバイダーとなりました。これは、市場で信頼されている企業やプロジェクト、カストディアンと提携するという当社の戦略によるものであり、また、様々な教育的イニシアチブでブロックチェーンとステーキングの世界的な認知度を高めることに積極的に参加し、暗号通貨と分散型技術の世界をより多くの消費者や企業に提供していることによるものです。先日のMuse.Financeと共同でDeFi市場に参入することになり、Moonstakeのエコシステムは今後、特にDeFiのフロンティアで成長を続け、ステーキングからDeFiの接続の加速に貢献していきたいと考えています。
Moonstakeは、今年の2月からStaking Rewardsで世界のステーキングプロバイダーのトップ10に入りました。私たちは、こうしてインタビューができることに感激し、今後の潜在的なコラボレーションの機会を期待しています。



Moonstakeについて

 

Moonstakeは世界各地域のブロックチェーン市場で高まる需要に答えるステーキングプールプロトコルを開発することを目的に、近年設立されました。Moonstakeはステーキングプールの技術プロトコルを開発し、パートナーや企業にビジネスサービスを提供しています。

 

Moonstakeは暗号資産保有者にアクティブに活動しやすい環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークになることを目指しています。Moonstakeのパートナーシップ計画の公開は、アジアで急成長しつづける分散型台帳技術(DLT)のエコシステム全体に及ぶ、主要なプラットフォーム提供者と良好な関係を構築していく上での、重要なプロセスですこれまでに発表されたパートナーには、ステーキング促進の提携としてEmurgo(エマーゴ)、Ontology、NEO(ネオ)に加え、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar(バイナリースター)、シンガポール上場企業のOIO Holdings Limited(SGX: OIO)があります。OIO(オー・アイ・オー)はシンガポールの上場企業です。Lisk(リスク)やRAMP DEFI(ランプ・ディファイ)のLawrence Limといった業界で著名なアドバイザーによって、Moonstakeの革新的な活動は支援されています。

 

2020年8月に本格的にサービス提供を開始し、事業を拡大しており、現在ではステーキングされた総資産額は900億円以上の実績を持っています。
https://www.moonstake.io/




Staking Rewardsについて

 

Staking Rewardsは、暗号通貨でパッシブインカムを得る無数の機会に投資する際のリスクを最小限に抑えるためのデータとガイダンスを提供する、オープンコースのプラットフォームです。チームは、健全なステーキングとDeFiのエコシステムを構築するために、知識とデータを集めています。Staking Rewardsは、インフラ、セキュリティ、専門知識、そしてステーキング資産のカストディや保険を提供することに専念しているすべての(ステーキング)プロバイダーを提示、比較、ベンチマークすることで、ステーキング機会へのアクセス障壁を下げることに取り組んでいます。
https://www.stakingrewards.com/ 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Blockstake株式会社 >
  3. Moonstakeとステーキングの最大手メディアStaking RewardsのCEO、Mirkos Schmiedl氏との共同インタビュー