FTBタブレットシステムへの抗ウイルス・抗菌フィルムの貼り付けについて

琉球銀行(頭取 川上 康)は、新型コロナウイルス感染症対策として現在導入を進めているFTBタブレットシステム※の受付用タブレットに抗ウイルス・抗菌フィルムを貼り付けいたします。
琉球銀行はお客様と行員の安全を最優先に、関係機関と連携して新型コロナウイルス感染症拡大抑止に努めてまいります。

※ FTBとはFlexible & Traditional Bank(柔軟性と伝統を兼ね備えた銀行)の略称
で、FTBタブレットシステムとは琉球銀行と日本アイ・ビー・エム株式会社が共同で開発したシステムです。
【対象】
受付用タブレット(店頭に固定配置されている新受付システム)

【フィルム概要】
製品名:RIKEGUARD®
特 性:フィルム表面に付着したウイルスや菌の数を99.9%以上減少

【その他】
上記製品は、抗ウイルス・抗菌の両面においてSIAAマークを取得した製品です
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 琉球銀行 >
  3. FTBタブレットシステムへの抗ウイルス・抗菌フィルムの貼り付けについて