愛知県田原市において国内最大級となる112,000kWの木質バイオマス専焼発電所の事業化を決定

東京センチュリー株式会社(代表取締役社長:野上 誠)、JFEエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大下 元、以下「JFEエンジニアリング」)、中部電力株式会社(本社:名古屋市東区 、代表取締役社長:林 欣吾 、以下「中部電力」)、東邦ガス株式会社(本社:名古屋市熱田区、代表取締役社長:増田 信之、以下「東邦ガス」)の4社は、このたび、JFEエンジニアリングが設立した「田原バイオマスパワー合同会社」(以下「本事業会社」)に出資することに合意し、愛知県田原市において国内最大級かつ出資各社が手掛けるバイオマス発電所の中で最大規模となる112,000kWの木質バイオマス専焼発電所を事業化すること(以下「本事業」)を決定しました。また本日、本事業会社がプロジェクトファイナンスによる融資契約を締結しました。
バイオマス発電は、再生可能エネルギーのうち、出力調整を行いやすく安定的な発電が可能であることなどから、出資各社は主力電源の一つとして積極的な開発を進めており、本事業を通じ、カーボンニュートラルや持続可能な社会の実現に貢献いたします。

今後、4社ならびに本事業会社は、地域の皆さまおよび関係各所のご理解・ご協力をいただきながら、2025年9月の運転開始を目指してまいります。
 
  • 【本事業の概要】
 
所在地 愛知県田原市緑が浜二号2番52、53
発電出力 112,000kW
想定年間発電電力量 約7.7億kWh(一般家庭約25万世帯分に相当)
燃料種別 木質ペレット
本工事開始予定 2022年6月
運転開始予定 2025年9月
出資会社 JFEエンジニアリング(40%)、中部電力(40%)、
東邦ガス(10%)、東京センチュリー(10%)
ファイナンス 株式会社みずほ銀行および株式会社日本政策投資銀行をアレンジャーとするプロジェクトファイナンス

 

発電所完成後のイメージ図発電所完成後のイメージ図


【各社の概要】
■田原バイオマスパワー合同会社
  • 設立:2020年12月
  • 本社所在地:神奈川県横浜市鶴見区末広町2丁目1番地
  • 代表者職務執行者:守吉 庸和(JFEエンジニアリング)
  • 事業内容:バイオマス発電設備の開発、建設、運転および保守管理業務など

■東京センチュリー株式会社
  • 設立:1969年7月
  • 本社所在地:東京都千代田区神田練塀町3
  • 代表者:代表取締役社長 野上 誠
  • 事業内容:国内リース事業、国内オート事業、スペシャルティ事業、国際事業など

■JFEエンジニアリング株式会社
  • 設立:2003年4月
  • 本社所在地:東京都千代田区内幸町二丁目2番3号
  • 代表者:代表取締役社長 大下 元
  • 事業内容:プラントや構造物のEPC(設計・調達・建設)、製造、運営事業など

■中部電力株式会社
  • 設立:1951年5月
  • 本店所在地:愛知県名古屋市東区東新町1番地
  • 代表者:代表取締役社長 林 欣吾
  • 事業内容:電気事業およびその附帯事業、ガス事業、コミュニティサポートインフラ事業など

■東邦ガス株式会社
  • 設立:1922年6月
  • 本社所在地:愛知県名古屋市熱田区桜田町19番18号
  • 代表者:代表取締役社長 増田 信之
  • 事業内容:ガス事業、電気事業など

【本件に関するお問い合わせ先】
東京センチュリー 広報IR部
tel 03-5209-6710

【東京センチュリーについて】
東京センチュリーは、リースを祖業とし、国内外のパートナー企業との共創による「金融×サービス×事業」を融合したビジネスモデルを展開する業界トップクラスの金融・サービス企業です。
広範な顧客基盤を有する「国内リース事業分野」、法人・個人向けオートリースにレンタカーを加えた「国内オート事業分野」、航空機や不動産を中心に成長を牽引する「スペシャルティ事業分野」、世界30以上の国と地域に拠点網を有する「国際事業分野」の4つの分野で事業を展開。幅広い事業領域で社会課題の解決に貢献する独自の金融・サービスを提供しております。
  1. プレスリリース >
  2. 東京センチュリー株式会社 >
  3. 愛知県田原市において国内最大級となる112,000kWの木質バイオマス専焼発電所の事業化を決定