国内初、金価格連動海外ETF「SPDR ゴールド・シェア」(GLD : NYSE Arca)の取扱いについて

 楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都港区)は、ニューヨーク取引所Arcaに上場するSPDRゴールド・シェア(ティッカー:GLD NYSE Arca)を 7月16日(水)国内約定分(注文受付開始は7月15日(木)15時予定)より、取扱い銘柄に追加いたします。
 今回の銘柄、SPDRゴールド・シェア(ティッカー:GLD NYSE Arca)は、現物資産である金を裏づけとした海外ETFとしては、国内初の取扱いとなります。また、今回取扱いを開始する海外ETFは、6月30日(月)東京証券取引所に上場した(SPDR ゴールド・シェア受益証券 銘柄コード:1326)と同じ銘柄で、米国の証券取引所に上場している金のETFをそのままお取引いただくことが可能となります。

 これまで個人投資家にとって、金現物への投資は保管する際に不安があったり、先物投資はリスクが高かったりすることから、コモディティへ投資することは抵抗があったのが現状です。国内の証券取引所を通して、一般の個人投資家が貴金属を始めとする商品(コモディティ)が売買できるようになるなど、昨今のコモディティの投資環境に対する垣根は低くなりつつあります。

 今回取扱うSPDRゴールド・シェア(GLD)は、現地取引時間内に連動対象となる金地金価格がLondon PM Fix(ロンドン午後金値決め)にてリアルタイムに反映されますので、流動性の面から、また、その価格の透明性からも金相場のパフォーマンスをダイレクトに享受できるETFとなっております。

 新規銘柄の追加により、当社取扱い米国ETF銘柄数は55銘柄となります。また香港市場に上場するETF 14銘柄とあわせて、当社海外ETF取扱数は合計で69となり、ネット証券では最多の取扱銘柄数を誇ります。

 今回、お客様のニーズが非常に大きかった、金そのものの価格に連動するETFを取扱うことにより、『さまざまな投資商品を比較的少額の資金で実現したい』と考える投資家に対して、より一層の利便性を提供してまいります。


■ 新規取扱銘柄
7月16日(水)約定分より取扱開始予定(注文受付は7月15日(火)20時から開始予定)。
ティッカー:GLD
ETF銘柄名:SPDR GOLD SHARES
主要取引所:NYSE Arca
業種:その他


  1. プレスリリースTOP
  2. 楽天証券株式会社
  3. 国内初、金価格連動海外ETF「SPDR ゴールド・シェア」(GLD : NYSE Arca)の取扱いについて