浜学園が4Kを活用した映像制作を開始

すべての講義映像を4Kで撮影制作し、光Webスクールで教育機関・企業等にもノウハウを提供

 株式会社浜学園(本部:兵庫県西宮市、代表取締役社長:竹森勝昭 以下、浜学園)は、2015年2月より新規で撮影する講義の全てを4K※で撮影から制作まで行います。これにより、講義を4K映像として蓄積し、さらなる研究開発を進めると同時に、既存の「浜学園Webスクール」や通塾生の講義映像利用では、今までよりも高精細なハイビジョン映像をインターネットで配信します。 
 また、4K映像の撮影から制作までのノウハウをNTTスマートコネクト社との協業で提供する映像制作配信サービス「光Webスクール」で教育機関、企業へ提供していきます。
※ 従来のハイビジョン画質と比べて4倍の画素数(横3,840×縦2,160)の映像です。
1.浜学園の4K映像活用
今までの講義映像インターネット配信サービスである「浜学園Webスクール」や、通塾生を対象にしたフォローシステムとしての講義映像は、フルハイビジョンで撮影した映像(横1920×縦1080)をトリミングすることで仮想的なカメラワークによる映像を制作(横852×480)していました。これを4Kで撮影した映像(横3,840×縦2,160)からのトリミングに変更することで、高精細なハイビジョン(横1280×縦720)映像を制作し、インターネット配信します。

いままでフルハイビジョンで撮影し、ハイビジョンで届けていた映像は、4Kで撮影し、ハイビジョンでインターネット配信します。
また、新規で撮影する講義を4K映像として蓄積し、さらなる研究開発を進めます。

①黒板・講師を俯瞰的に4K(横3,840×縦2,160)で撮影します。

①4Kで撮影した講義映像①4Kで撮影した講義映像


②4Kで撮影した映像をトリミングすることで仮想的なカメラワークを生成したハイビジョン(横1280×縦720)映像を制作し、インターネット配信します。

②トリミングにより仮想的なカメラワークを生成した講義映像②トリミングにより仮想的なカメラワークを生成した講義映像


③4Kで撮影した映像で、トリミングが必要のない映像は、ハイビジョン(横1280×縦720)で映像を制作し、インターネット配信します。

③4Kで撮影しトリミングが必要のない映像③4Kで撮影しトリミングが必要のない映像




2.浜学園講義映像配信のAirPlayの対応
講義映像の高精細化を進める浜学園では、「浜学園Webスクール」や、通塾生を対象にしたフォローシステムとしての講義映像のインターネット配信において、Apple TV「AirPlay」に2015年2月より対応します。Apple TV「AirPlay」を活用することで、同じWi-Fiネットワークに接続されている「AirPlay」に対応したiPadやMacに表示されている講義映像を、Apple TVを経由してテレビへワイヤレスでストリーミングすることができます。


3.光Webスクールでの4K映像制作体制連携
浜学園との協業事業としてNTTスマートコネクト株式会社が提供している「光Webスクール」において、4K映像の撮影から制作までのノウハウを提供いたします。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社浜学園

圓林・石居
TEL:0798-64-1236

 

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社浜学園 >
  3. 浜学園が4Kを活用した映像制作を開始