【AI活用】ガス管の破損リスク低減・生産性向上を実現!大阪ガス×AIの新たな一手とは!?

大阪シティバスと連携 、 AIカメラ搭載の路線バス でガス管パトロール

 




大阪ガスは、ガス事業者としては初めてAIカメラ搭載の路線バスによるガス管パトロール業務の試験運用を開始いたしました。
大阪ガスでは、当社の中圧ガス管が埋設されている道路において他事業者が事前連絡なく道路を掘削しているケースに備え、迅速に対応しガス管の破損リスクを低減するために、日々パトロールによる点検を行なっています。
6月1日より開始した今回の試験運用では、大阪シティバスと連携し、AIカメラを搭載した路線バスによるパトロールを実施。以下のような課題の解決を目指します。
 
  • 巡回頻度を高め、ガス管の破損リスク低減に期待
同一路線を一日に複数回走行する路線バスを活用することで「巡回時間外の工事を見つけられない」という課題を解決。巡回頻度を高めることで、ガス管の破損リスクの低減が期待できます。

AIカメラ導入前のパトロール業務)



AIカメラ導入後の運用イメージ)

 
  • オープンイノベーションを活用しAIカメラを開発
大阪ガスは2009年からオープンイノベーションを推進。社内ニーズを積極的に外部の技術と結び付けてきました。今回自動的に工事を発見するAIカメラをスタートアップ企業(アプトポッド社)と共同で開発し、路線バスに搭載することで、従来のパトロール業務の生産性向上を実現しました。
  • 2021年秋以降~本格的に運用開始予定、運用拡大も視野に
今後は2021年6月からの試験運用の結果を受けて、本年の秋以降、本格運用を開始予定。また、大阪ガスの供給エリア内での運用拡大を目指し、他の路線バス運営会社さまとの交渉も予定しております。

Daigasグループは、今後も多様なパートナー企業と連携し、ニューノーマルに対応した暮らしとビジネスを実現することで、お客さまの暮らしとビジネスの“さらなる進化”のお役に立つ企業グループを目指してまいります。

※撮影画像の取り扱いについて
AIカメラで撮影した車両前方の状況画像について、大阪ガスは道路上の工事現場を把握するために活用し、大阪シティバスはバスの安全運行のために活用することを目的としており、当該撮影画像は通行中の方を特定するためのものではありません。また、画像の不正利用、外部流出等を防止するため厳重に管理し、一定期間経過後はすみやかに消去するとともに、法令の定めに基づく場合を除き、第三者には提供いたしません。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大阪ガス株式会社 >
  3. 【AI活用】ガス管の破損リスク低減・生産性向上を実現!大阪ガス×AIの新たな一手とは!?