AIによる医薬品審査情報の翻訳業務効率化に関する研究事業にロゼッタが参画

 株式会社ロゼッタ(以下、ロゼッタ)は、令和元年度の厚生労働科学特別研究事業「医薬品評価情報作成システムの有用性評価研究(19CA2017)」における、人工知能(以下、AI)等による医薬品審査情報等の翻訳業務効率化に関する研究事業について協力することで合意しました。
 現在、医薬品等の開発・流通の国際化に伴い、各国当局間の連携・規制調和が急速に進展する中、日本の規制当局による医薬品等の評価結果や安全性情報を、英語で、より積極的かつ迅速に発信することが求められています。ロゼッタは、自動翻訳を活用した英語での医薬品評価情報作成業務全体のパフォーマンス向上のための本研究事業に協力いたします。
 審査報告書を始めとする医薬品審査情報を高精度に自動翻訳することができれば、英語による医薬品評価情報作成業務全体の業務効率が向上しますが、本格的に実用化するまでには、解決すべき課題も指摘されており、今後の検証や改善が必要になります。

 本研究事業には、ロゼッタが開発するAIを用いた自動翻訳ツールについて情報提供を行い、医薬品審査情報の翻訳業務効率化の可能性が検討されます。本研究事業の概要は東京理科大学薬学部 医療薬学教育研究支援センターのHPのお知らせをご確認ください。(HP:https://www.tus.ac.jp/sccper/news/290/


■ロゼッタについて
会社名:株式会社ロゼッタ
代表取締役:五石 順一
所在地:東京都千代田区神田神保町3-7-1
URL:https://www.rozetta.jp/
 株式会社ロゼッタは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」という企業ミッションの下、最大翻訳精度95%の超高精度AI自動翻訳T-4OOの開発・運営を行う会社です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロゼッタ >
  3. AIによる医薬品審査情報の翻訳業務効率化に関する研究事業にロゼッタが参画