来春開館の「福岡おもちゃ美術館」に市民の力が終結。「おもちゃ学芸員」200名突破、「一口館長」300名突破!

コロナ禍で失った、子どもが社会と交流する経験。文化ボランティア「おもちゃ学芸員」と寄付者「一口館長」が取り戻す。

来年春にららぽーと福岡に開館する「福岡おもちゃ美術館」(運営:NPO法人芸術と遊び創造協会)。木育を通した多世代交流拠点として作られるこの美術館で、来館者に「遊び」を伝えるスタッフとして活躍するのが「おもちゃ学芸員」と呼ばれる方々です。コロナ禍の今、「子どもたちと関わりたい」「退職後の社会貢献として」参加理由も様々な、10代から70代までの幅広い層の人材が集まっています。

来館者と遊びをつなぐ架け橋「おもちゃ学芸員」

遊び方がわからないおもちゃの説明をするだけでなく、時にはコミュニケーションのサポートとして一緒にゲームをしたり、独楽やわらべうた遊びなど自身の得意分野で来館者を楽しませたり。美術館の中心となるボランティアスタッフです。

コロナ禍で減少を実感「他者と交流する時間」、その豊かな時間を取り戻す。

以前から子育て支援活動を行っていた当NPOには、コロナ禍でこどもを取り巻く環境の変化に不安を感じるお母さんの声が届くことが多くなりました。減少した他者との交流の場、豊かな時間を取り戻したいと福岡おもちゃ美術館のオープンが発表されたのは、そんな誰もが制限のある生活を強いられている只中のこと。ほどなく「おもちゃ学芸員養成講座」の募集もスタート。今この状況下で来てくれるだろうか…という不安に反し、第1期の講座から予定定員を超える応募がありました。
「退職後もう一度社会活動がしたい」「将来こどもと関わる仕事に就きたい!」など、参加理由も年齢も職業もさまざま。現在第4期で申込者は200名を超え、開館までに300名のおもちゃ学芸員が誕生予定です。

「市民立」の美術館、クラウドファンディングでも遊具制作支援を募集中!

《市民がつくる美術館「市民立」》を掲げる同美術館。おもちゃ学芸員以外にも、「一口館長」や館内の木製遊具「みんなのタマゴプール」制作支援も募っています。
3,000円のご支援で1個、木製タマゴをプールに放流します。そのタマゴには支援者のお名前が刻まれています。ひとりひとりの気持ちが込められた木のタマゴプールは、みんなで作った美術館の象徴として館内の目玉遊具になることは間違いありません。


活躍の場は「福岡おもちゃ美術館」、西日本最大級の木育・多世代交流施設!

 


福岡のおもちゃ学芸員のみなさんが活躍するのは来春オープンの「福岡おもちゃ美術館」です。
九州各地の木材をふんだんに使用した館内に世界各国のおもちゃ数千点を集め、その規模は西日本最大級。
個性豊かなおもちゃ学芸員の方々と、子どもも大人も誰もが遊びに夢中になれるインクルーシブミュージアムを目指します!

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人芸術と遊び創造協会/東京おもちゃ美術館 >
  3. 来春開館の「福岡おもちゃ美術館」に市民の力が終結。「おもちゃ学芸員」200名突破、「一口館長」300名突破!