【日本ファイナンシャル・プランナーズ協会】日本FP学会第10回「日本FP学会賞 受賞論文」発表!!

~9月12日(土) 千葉商科大学 市川キャンパスにて~

================================
日本FP学会
第10回「日本FP学会賞 受賞論文」発表!!
~9月12日(土) 千葉商科大学 市川キャンパスにて~
================================
 個人の資産設計や資産管理等ファイナンシャル・プランニングの理論的基盤となるパーソナルファイナンスの学問的体系の確立を目指している日本FP学会(会長:貝塚 啓明)は、9月12日、千葉商科大学 市川キャンパスにて、栄えある第10回「日本FP学会賞」(日本FP協会共催)を発表、受賞者を表彰いたしました。
 今回、以下の論文が選ばれました。

■最優秀論文賞
 家森 信善氏(やもり のぶよし/神戸大学経済経営研究所)
 上山 仁恵氏(うえやま ひとえ/名古屋学院大学経済学部)
 論文名:金融リテラシーと住宅ローンの比較行動

■日本FP協会奨励賞
 直居 敦氏(なおい あつし/日経CNBC)
 論文名:"共感マネー"が日本の金融を変える
    -直販系投信・クラウドファンディングの事例を中心とした考察

■学生奨励賞
 松浦ゼミナール(金沢大学 人間社会学域経済学類)
 論文名:学校における金融リテラシー教育 今後の課題と提言について

 「日本FP学会賞」は、パーソナルファイナンスに関する分野で独創的で優れた研究を表彰し、研究者・実務家・大学生への支援を通じて、当該研究の振興に資するとともに、将来に向けたパーソナルファイナンス研究の担い手の育成を目的とするもので、今回は10回目となりました。
 今回も応募の中から厳正な審査が行われ、最優秀論文賞が1点、日本FP協会奨励賞が1点、学生奨励賞が1点となり、優秀論文賞、日本FP学会奨励賞は該当者なしという結果になりました。

 表彰式では、貝塚啓明日本FP学会会長によって各賞受賞者への表彰状、研究奨励金等目録の授与が行われ、受賞者の皆様には会場からの暖かい拍手が送られました。
 また、貝塚啓明会長が各受賞論文の祝辞を述べ、伊藤宏一日本FP学会理事が講評と次回への期待を込めたコメントで締めくくりました。

 今回の発表に係る、受賞論文要旨及び第11回「日本FP学会賞」の概要は添付プレスリリース2頁目以降をご覧ください。

----------------
日本FP学会賞
----------------
日本FP学会賞は、日本FP学会が主催し、日本FP協会は共催団体となっています。パーソナルファイナンスに関する8分野(ライフプラン、金融資産運用設計、リスクマネジメント、不動産、税務、法律、金融経済教育、その他)について、独創的で優れた研究を表彰するもので、 「最優秀論文賞」、「優秀論文賞」の他、研究者を奨励する「日本FP学会奨励賞」、実務家を奨励する「日本FP協会奨励賞」を設けています。

※日本FP学会は、平成12年3月、グローバリゼーションのもとにおけるパーソナルファイナンスの研究及びその教育・普及によって、 わが国の金融システムの安定・発展を図り、個人の資産管理に関する教育及び研究を行う人材の育成を目的として設立されました。日本FP学会は、研究者と実務家との相互交流による実社会に対応した研究の水準アップにより、広い意味での日本人に適した個人の資産設計、資産管理のノウハウが生活科学という学問的裏打ちをされることにより個人投資家・預金者の利益に資することを目指しています。



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 >
  3. 【日本ファイナンシャル・プランナーズ協会】日本FP学会第10回「日本FP学会賞 受賞論文」発表!!