メタップスペイメントの「会費ペイ」とフォトシンスの「Akerun入退室管理システム」がAPI連携 11月13日より事前申込・受付開始

〜入会申込・会員証発行・入退室管理・会員管理・請求管理・決済までを一貫して自動化実現〜

 株式会社メタップスのグループ会社である株式会社メタップスペイメント(以下、メタップス)は、提供する会員管理・決済システム「会費ペイ」と、株式会社フォトシンス(以下、フォトシンス)が提供する「Akerun入退室管理システム」をAPI連携いたします。この連携によって、入会申込・会員証発行・入退室管理・会員管理・請求管理・決済までを一貫して提供できるようになります。連携完了に先駆けて、11月13日より本サービスの利用申込・受付を開始いたします。

 昨今増えているフィットネスジムやコワーキングスペースなどでは、入会手続きや会員証の発行、請求情報作成、入金消込、入退室の管理、退会手続きなど、人手によるオペレーションが多く、運営者の人件費の負担や入力ミスによる個人情報漏洩などのリスクとなっています。
 今回の連携は、入会申込から会員管理・請求管理・決済を自動化するメタップスペイメントの「会費ペイ」と、ユーザー発行から入退室管理をAPIにより自動化できるフォトシンスの「Akerun入退室管理システム」とのシステム連携により、一連の人手によるオペレーションを自動化し、情報管理の可視化、生産性の向上に大きく寄与いたします。これから人手不足がますます加速し深刻化する中で、”自動化”ソリューションを提供することで、運営者が本当に注力すべき業務に注力できる環境づくりを支援してまいります。

■具体的な連携内容

 

1.入会情報自動連携

 「会費ペイ」で入会申込を行うと、その情報がリアルタイムで「Akerun入退室管理システム」に連携され、入退室に必要な鍵をクラウド上で自動作成します。会員の方は、「Akerun入退室管理システム」のアプリをダウンロードし、スマートフォンのアプリを使用して施錠・解錠を行い、施設に入退室できるようになります。また、スマートフォンアプリではなくNFC対応ICカードやNFC対応のスマートフォンをかざすだけで入退室することが可能です。
 

2.入退室履歴連携

 会員の入退室情報が「Akerun入退室管理システム」から自動で「会費ペイ」に反映され、運営者は会員情報と合わせて入退室履歴の管理が可能です。
※NFC対応ICカード利用時のみ

3.決済結果と鍵の連動
 「会費ペイ」で施設利用料の月次支払いの確認が取れなかった場合において、自動的に鍵となる会員証を無効化し、施設のドアを施錠・解錠する権限を剥奪、入退室できない状態になります。支払いの確認が取れなかった際は、自動で催促メールが送信され、会員の方は施設利用料をカード決済・コンビニ決済でお支払いいただけます。支払確認が取れると、自動で会員証となる鍵を有効化し入退室できる状態に戻します。

 また、今後の展開として、「Akerun入退室管理システム」より連携された入退室情報から「会費ペイ」が利用時間と請求金額を算出し、登録されたクレジットカード・口座に退出時に即時で課金をかけるスポット利用の自動精算の実装を予定しております。今後も両社でお客様により快適な決済体験、感動体験を実現すべく、引き続きソリューションの連携に力を入れていまいります。

■導入事例

中部地方を中心にトレーニングジム「FORBES 24h fitness」を展開している株式会社 FORBES様
 「会費ペイ」を導入したことにより効率的な店舗運営を可能にし、営業や運営に時間をかけることで急成長しています。また、「Akerun入退室管理システム」の導入で、セキュリティの安心感を会員に与え、会員数も短期間で驚異的に増やしています。

<担当者コメント>
 トレーニングジム事業では、会員情報の登録や管理、決済、会員の鍵の管理など大きな事務作業の手間がかかります。これまで「会費ペイ」と「Akerun入退室管理システム」をそれぞれ導入することで、業務作業をほぼ自動化し、スタッフはイレギュラーの対応だけという状況を作ることができていました。しかし、「会費ペイ」で受け付けた新規入会情報を「Akerun入退室管理システム」の管理画面に手入力し、NFCカードを発行する作業に唯一人手がかかっていたのが課題でしたが、今回の連携で解決することがとても嬉しいです。事務作業を大幅に軽減するだけでなく、手入力による入力ミスのリスクも限りなく低減できます。また、今回の連携では決済結果と鍵の権限が自動で連動し、未払いの場合にはトレーニングジムの入退室ができなくなるなど、本来1件ずつ対応する必要があるものを自動化できることが魅力です。結果的に、人件費の削減にもつながり、将来的にはジム料金引き下げや店舗の拡大にも大きく貢献してくれると期待しています。

■「会費ペイ」について
 「会費ペイ」はフィットネス・会員制サービス・スクール・会員組織等の入会申込・会員管理・請求管理・決済を自動化するサービスです。入会申込WEBフォーム・顧客管理システム・請求管理システム・カード決済・口座振替・コンビニ決済が一つのシステムでご利用いただけます。会員に関するデータを一つのシステムで取り扱うことで、会員組織の運営事務の大幅削減が可能です。
サービスサイト:https://kaihipay.com/

■「Akerun入退室管理システム」について
 「Akerun入退室管理システム」は世界初の後付型スマートロック「Akerun Pro」を用いた、IoTを活用したクラウド型入退室管理システムです。現在は、法人をメインに販売しており、本サービスに使用される「Akerun Pro」発売からわずか2年で導入社数2500社を突破しました。
設置は「Akerun Pro」をドアのサムターン(鍵のつまみ)に貼り付けるだけで、スマートフォンアプリや、NFC対応ICカードを使って施錠・解錠をすることができます。Web管理画面「Akerun Manager」から鍵権限の付与・剥奪を行うことができ、クラウド上での権限管理・履歴管理を実現しました。
サービスサイト:https://akerun.com/

【会社概要】
■株式会社メタップスペイメント
代表者 代表取締役社長 和田 洋一
設立日 1999年3月19日
資本金 11億3,478万円
所在地 東京都港区三田一丁目4番1号住友不動産麻布十番ビル3階
URL  https://www.metaps-payment.com/

■株式会社フォトシンス
代表者 代表取締役社長 河瀬 航大
設立日 2014年9月1日
資本金 11億5千万円
所在地 東京都港区芝5-29-11 G-BASE田町15階
URL  https://photosynth.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Photosynth >
  3. メタップスペイメントの「会費ペイ」とフォトシンスの「Akerun入退室管理システム」がAPI連携 11月13日より事前申込・受付開始