未来のスタンダードを創る!オンライン開催のバーチャル福祉機器展【Future Standard Hub】を9月5日・6日に開催。来場者無料、出展企業の受付を開始しました。

障害児者&家族にとって、成長や病気の進行のため新たな福祉機器の情報を求めるニーズは待ったなし!FSHは新型コロナ禍で以前よりさらに外出が難しくなっている障害児者&家族と福祉機器メーカーを繋ぎます。

Future Standard Hub(フューチャー・スタンダート・ハブ/以下、FSH)はオンラインで開催されるバーチャル福祉機器展です。
今年は新型コロナウィルスの影響で多くのイベントがキャンセルに…。
障害児者の生活を支える福祉機器に関する情報が手に入りにくくなっています。
そこでNPO法人Ubdobeは、外出不要・いつでもどこでもアクセス出来る福祉機器情報プラットフォーム開発に向けて、ユーザーが気軽に参加できるバーチャル福祉機器展「FSH」を先行イベントとして行います。障害児者の生活がさらに豊かになる未来のスタンダードを創ります。

通常の福祉機器展では
「メーカーさんが忙しそうで話しづらい」
「ブースがたくさんあって子どもと一緒に周るのが大変」
「開催場所が物理的に遠くて行けない」
などの不便さがありました。
このような障壁も、FSHのオンライン開催で解決!

「でもオンラインだと実際に商品を触るデモができないんじゃない?」
という声にお応えするため、FSHが商品デモ実施のサポートも致します。
今までアクセスしづらかった地方在住のユーザーにも、柔軟にデモンストレーション用の商品をお届けすることが可能です。
ユーザーにもメーカーにもうれしい未来のスタンダード空間。
あなたや家族の生活・人生をワンランクアップするモノに出会える拠点、
それがFuture Standard Hubです。

■公式ウェブサイト / Website
http://future-standard.jp

■日時 / Date
2020年09月05日(土) ・06日(日)
14:00 START 16:00 CLOSE

■出展企業(一覧)
・ギフモ株式会社
・株式会社TESS
・タカノ株式会社

■出展企業受付中
メーカー出展料3万円~
出展お申込期限:2020/08/07(⾦)
開催概要詳細や出展料など出展概要書はこちらよりダウンロードいただけます。
http://future-standard.jp/wp-content/uploads/2020/08/Future-Standard-Hub%E5%87%BA%E5%B1%95%E6%A6%82%E8%A6%81.pdf
※プレミアムプランでの出展受付は終了しています。

出展申し込みはこちら
https://forms.gle/QaCZPWCtGn1CXHJH9

■一般参加者定員 / Capacity
各日先着150名(計300名)
来場無料
※事前の参加申込必須

■一般参加お申し込み方法 / Ticket
Peatixによる事前申込(無料)
https://fsh-2020.peatix.com

■会場 / Venue
オンライン
※お申し込みいただいた方にURLをお送りします。
Remoというオンラインツールを使用するため、
インターネット環境に接続したパソコンからご参加を推奨します。
※Remoとは
テーブルを自由に移動しながら会話できるウェブ会議システムです。
参加者はウェブ上のテーブルを自由に移動しながら、
そのテーブル内にいるメンバーとビデオで会話することができます。
Remo公式ウェブサイト:https://remo.co/conference/ 

■タイムテーブル / Time Table
14:00-14:10 オープニングトーク(10分)
14:10-15:00 各福祉機器メーカーのブース・回遊タイム(50分)
15:00-15:25 全参加者に向けた商品プレゼンタイム(25分)
        ※プレミアムプランのメーカー様限定企画
15:25-15:55 各福祉機器メーカーのブース・回遊タイム(30分)
15:55-16:00 クロージングトーク(5分)

■主催・企画・制作:NPO法人Ubdobe(ウブドベ)
Website:http://ubdobe.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/Ubdobe
Twitter:http://twitter.com/Ubdobe_jp
Instagram:http://www.instagram.com/ubdobe_jp/

■お問い合わせ先:NPO法人Ubdobe(ウブドベ) 本部事務局
info@ubdobe.jp

--------出展企業・商品紹介---------
ギフモ株式会社
嚥下調整食調理機器 DeliSofter(デリソフター)

いつもの手料理や市販の惣菜、冷凍食品など。
摂食・嚥下障害をお持ちの方々が食べ辛いと感じる肉・魚料理を、見た目や味を変えず柔らかくすることができます。
家族みんなが同じものを、同じ食卓で、いつまでも。
デリソフターはこれからの介護食を美味しく変えていきます。
https://gifmo.co.jp/delisofter/

株式会社TESS
あきらめない人の車椅子 COGY

「COGY」は、歩行困難な方が自力で好きな場所へ行ける新しい乗り物です。
歩行が難しい方でも、どちらかの足が少しでも動かせれば、自分の両足でペダルをこげる可能性があります。
楽しい乗り物として、リハビリ用途や移動手段として、新しいスポーツアイテムとしても使用されています。
https://cogycogy.com/

タカノ株式会社
子ども向け座位保持装置 バンビーナposi(ポジ)

20年以上愛されるロングセラー『バンビーナ』シリーズの新製品。
「バンビーナposi(ポジ)」は、豊富なオプションパーツを取り揃え、体に合わせた調整や洗濯が簡単に行えるため、いつでも快適・清潔に、子どもの姿勢をしっかり支えます。
https://www.takano-net.co.jp/portal/info/news/detail/?dbid=908

--------------------------------

■バーチャル福祉機器展「Future Standard Hub vol.2」が開催決定!
9/5・6に開催のバーチャル福祉機器展「Future Standard Hub」は
第一回目の開催で早々に満員御礼となりました。
そこで「Future Standard Hub vol.2」が開催決定!

■日時 / Date
2020年12月12日(土)・13日(日)
13:00~17:00

■ご案内希望の方
詳細が決まりましたら、申し込み方法などをお知らせいたします。

▼ご希望の方はこちらよりメールアドレスをご登録ください。
https://forms.gle/msbABjEaBYuPXSKaA

[主催団体]
・NPO法人Ubdobe
メディカル・ウェルフェア・テクノロジーの領域を縦横断しあらゆる人々の積極的社会参加を推進する「医療福祉エンターテインメント」集団です。病気や障がいをテーマとしたクラブイベントや謎解きイベントの企画、デジタルアート型リハビリシステムの開発、インタラクティブダンスパフォーマンスのプロデュースまで幅広い分野で活動中。医療福祉情報の啓発・人材獲得等を目的としたプロジェクトを全国の行政・企業・団体と共に実施しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Ubdobe(ウブドベ) >
  3. 未来のスタンダードを創る!オンライン開催のバーチャル福祉機器展【Future Standard Hub】を9月5日・6日に開催。来場者無料、出展企業の受付を開始しました。