Adjust、アドウェイズと戦略的パートナーシップを提携

~Adjustは、アドウェイズが運営するスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」を事業譲受 モバイルアプリ計測のトップシェアをさらに拡大~


モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるadjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)(https://www.adjust.com/ja) は本日、株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ)と戦略的パートナーシップの提携を開始しました。このパートナーシップには、同社が運営するスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」の事業譲受が含まれます。この提携により、モバイル広告の効果測定とアトリビューション分析のトップ企業として、Adjustの日本におけるシェアがさらに拡大されます。

日本を始め、中国、台湾、韓国などアジア中心にグローバル展開を行っているアドウェイズは、Adjustと戦略的パートナーシップの提携を行うことにより、引き続き最高水準のモバイル計測とアトリビューション分析サービスを提供し、戦略的かつ高品質なインターネット・スマートフォン向け広告事業をグローバル展開するとともに、新たな製品開発に取り組んでいきます。

今後広告主は、Adjustが提供する業界最先端のアトリビューション分析や広告の効果測定、アドフラウド防止機能と、アドウェイズの持つインターネット広告におけるノウハウとを相互活用することで、より効果的なマーケティング活動を行うことが可能となります。

グローバルな事業展開を行なっているAdjustは、2013年より2年ごとに売上を2倍以上にし、収益性を維持しながら350人以上の社員を抱えるまでに成長しました。日本市場に関しては、2014年に参入して以来急成長を遂げており、モバイルアプリマーケターに高品質のユーザー行動分析とモバイル計測、アドフラウド防止ソリューションを提供する業界リーダーとしてトップシェアを占めております。楽天、Gunosy、LINE、メルカリなど多数のトップ企業がAdjustを利用し、マーケティングパフォーマンスを向上させています。

eMarketer*によると、日本のアプリ市場は今後も成長すると予想されています。2022年までには日本のモバイル広告費がおよそ118億ドルに達し、総デジタル広告の74.5%を占めると言われています。Adjustは、中国や米国に並んで最速で成長した日本への事業投資を、引き続き行っていきます。
*参照元: http://na2.totalaccess.emarketer.com/chart.aspx?r=217169

Adjustは、2018年12月にマルチキャンペーンの最適化プラットフォーム「Acquired.io」、その翌月の2019年1月には、サイバーセキュリティならび人工知能の開発を専門とする「Unbotify」を買収しました。これらの買収は、広告主のマーケティング活動を一元管理し、最高水準の効果計測とアドフラウド防止ツールを構築するというAdjustの企業戦略の一環を反映するものです。

Adjust 日本カントリーマネージャー 佐々 直紀
「アドウェイズは、日本で確固たる地位を築いているモバイルマーケティングのトップ企業の一つです。両社の共通のビジョンを元に、長期的なパートナーシップを築いて共に成長できることを期待しています。今後も、広告主のマーケティング活動を一元管理し、世界各地でご活躍される企業様のために、最高水準のソリューションを提供して参ります」

株式会社アドウェイズ 取締役 山田 翔
「Adjust社は、優れた技術と顧客サービスで、日本で最も導入されている計測SDKサービスを持つ企業です。Adjust社が当社のパートナーになることで、価値の高いサービスを引き続き顧客の皆様へ提供することができます。アドウェイズ、Adjust社どちらも、それぞれのパートナーと顧客の皆様に最適なアプリマーケティング支援を行って参ります」


Adjust 会社概要
Adjustは、モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーです。Adjust SDK搭載のアプリのアクティブユーザーは世界で13億を超えており、グローバルで最も使用されています。また、クラウドサービスを使用せず、自社のサーバーからサービスを提供する、業界でも特別な存在となっています。透明性の高いオープンソースのSDKや、長期間のデータの保存が可能なこと、取得できるデータの多様性と正確性、さらにアドフラウドをリアルタイムで除外する機能などがAdjustの強みとなっています。
Adjustは、Facebook、Twitter、Google、LINE、Snap、WeChatの正式マーケティングパートナーになっており、国内外の主要広告ネットワークパートナーとも連携済みです。楽天、リクルート、LINE、グリー、ディー・エヌ・エー、メルカリなど国内400社以上のトップパブリッシャーを始め、マイクロソフト、Zynga、Spotifyといったグローバルブランドを含む25,000以上のアプリで、パフォーマンス向上のためにAdjustのソリューションが導入されています。
Adjustは、2018年12月に、マルチキャンペーン管理プラットフォーム「Acquired.io」、2019年1月には、サイバーセキュリティならび人工知能の開発を専門とした「Unbotify」を買収しました。
これらの買収は、広告主のマーケティング活動を一元化して最高級の製品を構築するという、 Adjust の企業目標への取り組みの一部として実現されました。
2012年に独・ベルリンで設立されたAdjustは東京、ベルリン、サンフランシスコ、ニューヨーク、パリ、北京、上海、テルアビブ、ソウル、シンガポール、ムンバイ、サンパウロなど世界15都市にオフィスを構えています。日本ではアプリ計測プラットフォームとして最大のシェアを占めています。東京オフィスは2014年11月に最高売上責任者(CRO)のショーン・ボナムにより設立され、カントリーマネージャーの佐々 直紀を筆頭に、現在22名以上の営業・カスタマーサポート・マーケティング担当者が日本市場で徹底したサポートを提供しています。
Target Partners、Capnamic Ventures、Iris Capital、and Active Venture Partners等のベンチャーキャピタルから資金を調達しています。
公式ホームページ:https://www.adjust.com/ja
公式Facebook:https://www.facebook.com/adjustJapan/

PartyTrackについて
「PartyTrack」は、スマートフォンアプリを対象とした効果測定システムです。1つのSDK (Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)で、自然流入及び広告経由それぞれの月別・日別・時間別インストール数の解析をはじめ、ROI(Return On Investment:費用対効果)やLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)など様々な効果指標の分析が可能となり、より高度なアプリマーケティングを実現いたします。

株式会社アドウェイズについて 
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。
公式ホームページ:http://www.adways.net/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. adjust株式会社 >
  3. Adjust、アドウェイズと戦略的パートナーシップを提携