World Barber Classic

世界初、アジアNo.1バーバーを決めるバーバーバトル「World Barber Classic」

国内8エリアと台湾、韓国にて予選大会を行い、JACK DANIEL’Sをメインスポンサーに掲げる複合型カルチャーイベント『HOUSE OF SEVEN 2020』にて決勝の大会を開催。
アジア各地から選び抜かれたTOPバーバー達が、1月13日 横浜大桟橋ホールに集結し、熱気と感動の渦の中、第一回の幕を閉じました。



通常のバーバーバトルにはない「プレゼンテーションタイム」を審査項目に設け、スタイルだけではなく、自身のバーバーに対する想いをぶつけ合い、予選大会から勝者と敗者の涙がこぼれる熱いイベントとなりました。
 



イベントオープンと同時に開始されたWorld Barber Classicステージでは、アジア各地の著名バーバーのカットショーも行われるなど、会場の空気はイベント終了まで盛り上がり続けるものでした。
 

準決勝、アジアゲストバーバーによるカットショーを行ったWorld Barber Classicステージ。



アメリカンカルチャーを軸に、MUSIC / ART / FASHION / HOT ROD / BARBERの5つのコンテンツで形成されたHouse of Sevenは、世界の著名バーバーによるスペシャルカットショーや、限定商品のために開場前から列を作るほどの有名アパレルブランドの出展、世界で活躍する著名アーティストや写真家のアートブースなども出展されており、メインアクトには日本のトップロックバンド『BRAHMAN』が出演し、来場数3000人を超えるビッグイベントとなりました。

バーバーというカルチャーを異なる業界へ広めるべく始まったWorld Barber Classic。
同ステージでもバーバー業界人だけでなく、初めてバーバーバトルを見る人達などで終始、人が溢れかえるほどの大盛況でした。

 

メインアクトを務めた『BRAHMAN』

 

ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドの髪をカットするFabio Marquesも出演。


 
 

多くの人で溢れかえるブースエリア。


 

フードトラックやHOT ROD、CUSTOM CARが並んだエントランスには、開場前から300人にも及ぶ長蛇の列が並んだ。


メインステージで行われたWorld Barber Classic決勝戦では、準決勝から勝ち抜いた3名による熱いバトルが繰り広げられた。
審査員には、アメリカ、ポルトガル、スペイン、ウクライナ、韓国、台湾、日本よりメインゲストとして出演したバーバー達がジャッジを行った。

優勝したMR.BROTHERS CUT CLUBの今 冴人氏は、漢を魅せるクラシックスタイルで貫き通し、自身のバーバーに対する想いや同店の仲間達への想いを込めたプレゼンは涙を誘うものでした。

 

優勝したMR.BROTHERS CUT CLUBの今 冴人氏。


業界の発展のため、今までになかったコンテンツや方法を加えるなど、バーバー以外の方も楽しめるイベントとして立ち上がったWorld Barber Classic。
次なる大会では、参加国もさらに増える可能性も出てきており、国内予選もすでに動き始めています。
感動の中終えた 第1回大会、今後の展開にさらなる注目が集まります。


【問い合わせ先】
株式会社ファイヤーワークス
TEL03-6455-0319
MAIL:info@houseofseven.com
URL:https://houseofseven.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファイヤーワークス >
  3. World Barber Classic